Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2002年度 4年生 試合結果
2000年度(2年生)
2001年度(3年生)
     最終更新 03/30
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/28 若林招待 V目黒 0-1 相手に早く寄せることをテーマに臨みましたが、第1試合は出足が遅く運動量も少ないという、4年生最後の試合としては残念な内容となってしまいました。第2試合は、1試合目よりも動きの量が改善されましたが、ボールばかり見て相手の位置を確認せず、相手のパス回しに翻弄される場面が見られました。周りを見てプレーをすることを強化する必要があると感じました。
若林 0-3
03/15 ライオンズカップミニサッカー大会
(5人制)
城山1:

 深沢
竹の子
京西
0-5
0-6
0-6



3/15に駒沢第競技場で4、5年生を対象とするライオンズカップミニサッカー大会(5人制)が行われ、城山からは4年生が参加しましたので、結果につきお知らせ致します。
残念ながら2チームとも決勝トーナメントに進むことはできませんでした。
相手に早く寄せることをテーマに臨みました。相手チームは5年生が多かったため、全体としては相手のスピードについていけず、引いてしまう等の場面が多く見られました。個人的には、城山1キャプテンのY君はこれまでに見られかった積極性、かつ粘り強いプレーを見せてくれました。
また、午前中に行われたFC東京のコーチングスタッフによるサッカー教室では、とても楽しそうに練習を行っており、指導方法として大変参考になりました。
城山2:

グリーン
松丘
明正2
1-0
3-0
0-3


02/23 練習試合 松ヶ丘 0-1

1-0


全体的には城山ペースであったが、決定力が足りなかった。代表の試合と重なったため、10名で戦わなければなりませんでしたが、皆よくがんばりました。
02/09 TIPS4 予選リーグ 尾山台 0-0
PK8-7
第1試合は、PK戦12人目でようやく決着がつくという接戦でした。これまでPK戦では勝ったことがありませんでしたが、勝利への執念により何とか勝つことができました。決勝戦は、ボール・相手への寄せが早くでき、1対1でも優っており、城山ペースで試合を進めることができました。この大会を最後に英国に行くK君の2得点で見事優勝しました。K君とサッカーの試合ができる最後の大会として、精一杯がんばろうという子供達の姿勢が大会を通じて感じ取れ、試合毎に子供達が成長していくのがわかりました。コーチにとっても思い出に残る大会となりました。
K君、英国に行ってもサッカーが大好きだったこと、城山の皆とサッカーをした思い出を大切にして下さい。
パープルズ上作延 2-0
02/08 TIPS4 予選リーグ 梶ヶ谷 1-2 1敗1分で、予選Cグループ5チーム中3位(1勝2敗1分)という結果に終わりました。今日の1試合目は、Cグループ1位のかじがやFCに対して、1点先制し、全体的な運動量も多く、ボール・相手への寄せもこれまでより積極的にできていました。先週よりも良い動きでした。課題としては、2失点はゴール前でのキックミス等により生じたものであり、キック力を上げることが必要であると思いました。また、相手への寄せ方も、足だけで行う場合が多いので、この点を改善する必要があると思いました。2試合目は、全員出場のため、めまぐるしく選手交代を行ったため、子供達は戦いにくそうでしたが、勝利まであと一歩というところまでがんばりました。明日は3位グループで優勝できるよう子供達とがんばりたいと思います。
自由が丘 0-0
02/02 TIPS4 予選リーグ 野川キッカーズ 2-0 初日は、1勝1敗という結果に終わりました。2試合ともポジショニングが以前よりも改善され、全体的な動きもまずまずでした。2試合目の失点は、ゴール前のこぼれ球に体を寄せなかったために生じたもので、こぼれ球への素早い反応やボールを受けるための準備が常にできているという姿勢に欠けている点が、今後の課題であると感じました。2/8のリーグ戦残り2試合を頑張って、少しでも上位に食い込みたいと思います。
菅生 0-1
01/18 菅沼杯 予選 FC宗岡 2-2
PK1-3
4戦して2勝2敗の4位トーナメント優勝という結果に終わりました。
初日は、ボール・相手への積極性を欠き、ディフェンスラインが不安定で全体的に引いてしまい、防戦一方となる場面が目立ちました。
二日目は、初日とは見違えるほどボールや相手への寄せが早くなり、城山ペースで試合ができました。初めてN君が得点したり、N君の得点を皆が本当に嬉しそうに祝福したり、また、参加者22名全員が出場しての結果であったりと、コーチとして大変嬉しく思いました。
課題は山積みですが、二日目のように全員がボールへの積極性を常に出せるように子供達を支えていきたいと思います。
塚戸 0-5
01/19 菅沼杯 4位パート フエ二ックス 3-1
エルマーズ 5-0
12/23 練習試合 若林 3-1 太子堂中学校で行われた練習試合結果。
1試合目は、バックが若干下がり気味の傾向ではありましたが比較的バランスよく動けていました。また、フォワードも果敢に攻めていたのでチャンスを多く作ることができた。
2試合目は、個々の動きが悪くバラバラで、全体のバランスが崩れてしまった。最終ラインが不用意に上がってしまい、相手とキーパーが1対1になってしまう場面が多く見受けられた。また、味方のフォローが無く、それぞれが孤立してしまったの敗因である。
周りを見ながらバランスを考えてポジションを移動することと、味方へのフォローが出来ないところが、特に2試合目に出てしまいました。
3学期は、周りを見てプレーをすることと、相手・ボールに早く寄せてボールを奪うことを重点テーマに練習に取り組んでいきたいと思います。
0-3
12/01 秋の学年別大会
すぎのこ大会
桜丘 0-2 残念ながら1回戦敗退という結果に終わりました。
前半は、相手の早い寄せにDF・MFが自陣ペナルティエリアまで下がり、防戦一方でした。後半は、全体的に運動量が増え相手への寄せを早くできたため、相手陣地でプレーすることが多くなりましたが、相手のディフェンスに決定機は2,3回ほどしか作れませんでした。失点は、前半のMF前の空いたスペースからのミドルシュートと後半にフリーキックから入れられたものです。
あすなろ、すぎのこチームいずれも、相手に早くアプローチしてボールを奪うという点で相手チームとの差があったように思います。ただ、今日の後半では、ある程度修正できた点を考えると、普段の練習においてこの点について指導できていなかったのが原因ではないかと自らの指導力の無さを反省しております。今後は、ディフェンス面では、相手に早くアプローチしてボールを奪うという点を、また、オフェンス面では堅いディフェンスを破るためのボールを受ける動きをゲーム形式の練習の中で強化していきたいと思います。
11/30 秋の学年別大会
あすなろ大会
0-3 残念ながら1回戦敗退という結果に終わりました。
10月から練習してきたディフェンスの基本をテーマに臨みました。ポジショニングは改善されてきたものの、相手への寄せ、ボールを奪おうとする姿勢が足りませんでした。今後の課題として取り組んでいきたいと思います。攻撃面では、パススピードが遅く、カットされることが多かったのですが、意図をもってパスを試みる場面が見られ成長を感じました
11/09 若林近隣大会
予選リーグ
城山A   3勝2分 Aブロック1位 若林近隣大会(フットサル)において、城山Aチームが見事優勝。
参加チーム数;12チーム(城山ABC、若林AB、世田谷AB、桜町AB、三宿、国本AB)

城山Aは、得意のドリブルと時折見せるパスが効果的で、安定した戦い方ができました。城山B、CもBブロックの中で健闘しましたが、最後のシュートの場面での粘り強さやキック力が少し足りずなかなか得点できなかったため、残念な結果となりました。しかし、結果こそ残せなかったものの城山B、Cの子供達が今までにないボールへの積極性を見せてくれた点が、城山Aの優勝と同程度嬉しく思いました。
城山B 1勝2敗2分 Bブロック5位
城山C 5敗 Cブロック6位 
若林近隣大会
優勝決定戦
城山A
若林B 3-1 優勝
11/04 練習試合 塚戸 4-1 10月より練習をはじめた、ディフェンスの基本原則を意識してプレーをするということをテーマに臨みました。
最初はポジションのとり方を間違える場面が多かったのですが、徐々に修正できる子供達が増え、一定の成果はあったものと思います。ただ、ボールをもった相手に寄せるタイミングが悪かったり、寄せた後にボールと相手の間に体を入れてボールを奪うことができない場面が多く、これらの点を改善する必要があると感じました。11月はワンタッチコントロール&パスとともに「相手のボールを奪う」という点を強化していきたいと考えます。
1-0
0-3
4-1
10/05 練習試合 大岡山FC 0-4 残念ながら、連敗という結果に終わりました。
周囲を見てプレーをするということをテーマに臨みましたが、前方に相手、後方にフリーの味方がいるにもかかわらず突破を図ろうとした場面が多く見られました。また、ボールをキープしている人の周りの声が少なく、ボールへの執着心も足りなく感じました。
ミニゲームを多く取り入れながら、ゲームの中で修正していくことを考えて指導していきたいと考えております。
1-2
08/03 練習試合 大岡山FC 3-2 2試合とも先制される苦しい展開でしたが、個人技でなんとか逆転勝ちを収めることができました。
ボールへの寄せが遅い、声がでておらず味方同士でボールを譲り合う場面が見られる、ドリブル&フェイントは見られずキック&ラッシュとなってしまうなど試合内容は、良くありませんでしたが、暑い中最後まであきらめず逆転できたことが収穫でした。
3-2
07/06 Jr大会決勝トーナメント 太子堂 0-6 久しぶりの大敗でした。出足が遅く、ボールへの寄せ、積極性の点で差がありました。
決勝トーナメントに進んだ他のチームの戦いぶりと比較し、周りを見ること、キック力、パスワークという点で差を感じました。これは、パス練習量の差にあると考えています。2学期は、パス練習に重点をおいて取り組んでいきたいと考えております。
06/22 小柳まむし坂練習試合 府中7FC  0-3 残念ながら、4戦全敗という結果でした。
小柳MSC、府中7FCともにボールへの寄せが早く、ボールを奪うとフリーの味方にパスを出して、大きな展開を図る両チームのサッカーの前に、防戦一方となり、得点のチャンスをつかむことができませんでした。
キック力、精度に両チームとの力の差を感じました。
今後は、ボールを止めること、蹴ることについての精度を上げる練習を多く取り入れていきたいと思います。
小柳MSC 0-2
府中7FC 0-2
小柳MSC  0-2
06/16 Jr大会予選リーグ 成城 3-1 この結果、決勝トーナメントでGブロック(太子堂、やはた、旭)の1位チームと対戦することになりました。
第1試合では、全体的に動きが鈍く、積極性にかけていましたが、第2試合では、決勝トーナメント進出がかかっていたためか、よくボールを追いかけ、積極的なプレーができました。
次の決勝トーナメントでも、2試合目のような相手よりも先にボールを触る積極的なプレーをして、1つでも多く勝ち上がりたいと思います。
笹原 3-0
05/12 練習試合 中目黒FFC 4-0 8人制で試合。
課題は、周りの状況を予め確認した上で、ドリブルまたはパスの選択をしてプレーすることでした。今日は、最終ラインでボールを持ちすぎることがなく、また攻撃ではパスを回すことが多く、いつも以上に周りの状況を意識してできたと思います。
6-0
04/29 練習試合 大岡山 2-1 いずれの試合も先制されましたが、落ち着いてボールをキープすることで城山のリズムにし、逆転勝ちを収めることができました。前日の学年別大会では終了間際に同点とされ悔しい思いをしましたが、逆転勝ちに子供たちはとても満足していました。
簡単に失点してしまうところは相変わらずであり、今後は個人のディフェンス力の強化に取り組んでいきたいと思います。
5-2
04/28 春の学年別大会 山野 1-0 第1試合は、終始城山ペースで戦うことができました。中央からサイドに展開してチャンスを掴むという教えてもいない攻撃が見られました。ただ、フィニッシュが雑となりチャンスを得点にいかすことができませんでした。この点が反省すべき点でした。
第2試合は、最初押し込まれたものの、その後は一進一退の互角の戦いでした。城山が先制し、逃げ切れるかと思われた終了間際にスローインからのボールを直接ヘディングであわせられ、同点に追いつかれ、PK戦の末惜しくも敗退しました。技術では負けていなかったものの、開始直後や終了間際に押し込まれ、同点とされた試合展開から、相手の方が勝負に対する執着心の点で上回っていたと感じました。
烏山北 1-1
PK2-4