Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2002年度 6年生 試合結果
1998年度(2年生)
1999年度(3年生)
2000年度(4年生)
2001年度(5年生)


     最終更新 03/21
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/21 第5回 宮本杯 竹の子 4-0 城山SC主催の第5回宮本杯では世田谷区の2チームを含め、近郊から目黒、横浜、横須賀からも参加いただき合計6チームでカップ争奪戦を行いました。
場所: 目黒区立 砧サッカー場
予選リーグは2勝で勝ち点6。決勝戦へ駒を進め見事優勝しました。
城山SCを卒業する6年生にとってはこの大会が最後の試合となります。子供達には「総決算として全力を尽くし、楽しいサッカー」をしてこいとベンチから送り出しました。1試合目は完全に城山ペースで有利に試合を進め、余裕勝ちし、2試合目は長いパスを出すケースがあり無理なパスなど正確性に欠けたパスが多かったが、勝利。
決勝戦では、開始しばらくは互角の戦いながらも前半5分に、相手陣内で得たFKで先制し、その後運動量が落ち、危ないシーンもあったがFKから再度追加点を得て見事優勝。第5回目にして初めてこの大会で優勝。
昨年11月の招待試合から子供達のサッカーに対する集中力が少しづつ高まり、まとまりのある良いチームになりました。
中学校に行ってもサッカーを続けてテクニックを更に磨いてもっともっと、サッカーを好きになって欲しいと思います。
6年間指導していただいた技術コーチ、父兄の皆様応援ありがとうございました。宮本杯詳細はこちら
奈良 3-0
大岡山 3-0
03/15 若林卒業生リーグ
最終節(第3節)
桜町 3-0 リーグ最終節は1勝1分で、勝ち点、13となり2位。(1位は若林)
最終節の今日は2勝を目指して試合に挑んだが、動きも悪く、vs若林戦ではCKからヘディングで先制したものの、あっさりと同点とされ、あっという間に3失点し結局敗戦。ボールをつないでのサイド攻撃も少なく、球離れも遅く以前の状態に戻ってしまった。来週の宮本杯、最後の試合です。皆悔いのないように頑張って欲しいものです。
若林 1-3
03/09 練習試合 塚戸 3-1 1試合目はつなぐ試合ができず、3点取ったもののあまりよい形での得点はなかった。又 寄せが少し遅れ気味だったが、2試合目はつなぐ意識が出て、相手の早い寄せに落ち着いてパスをまわすことができた。6年生の終りになりかなり良い試合ができるようになってきた。宮本杯が楽しみになってきました。
若林 4-2
03/01 ヴィトーリア目黒卒業記念大会 予選リーグ 並木 4-0 ヴィトーリア目黒フットサル大会 3位(参加チーム16位)
得失点差で予選リーグ1位となり、1位リーグ進出。決勝リーグ(1位パート)では3引き分けで勝ち点3となり1位パート3位。優勝はヴィトーリア目黒1。
慣れないフットサルで予選リーグではどう攻めたらよいのか要領がつかめず、攻守の切り替えが遅かったが、2勝1敗。
決勝リーグ初戦では、不運なオウンゴールで先制されたが、すぐに追いつきその後、なんとか引き分け。
2戦目では開始早々に先制されたが、追いつきまたも引き分け。3戦目では数度、決定的なチャンスがありながら、ゴール前で足がもつれたり、あと一蹴りの正確性に欠け、ゴールネットをゆらすことができなかった。
雨の中の決勝リーグ 3試合でやっと少し良い動きができるようになった。皆よく頑張りました。
月光原 1-2
菅刈 3-0
ヴィトーリア目黒卒業記念大会 決勝(1位パート)リーグ ヴィトーリア目黒1 1-1
ヴィトーリア目黒2 1-1
ドリームス 0-0
02/15 若林卒業生リーグ
第3節
桜町 4-1 第3節で2勝しないと、勝ち点で大差がついてしまうため、全員勝利を目指しました。桜町戦の先制点は得意のサイドからの攻撃でマイナス気味のセンタリングに2列目から上がってきた選手が見事あわせての素晴らしい得点。しかし失点シーンは相変わらずゴール前の混戦にボールを1瞬、見てしまっていた。先週の鶴川招待戦の決勝と同じパターン。
若林戦ではなかなかパスがつながらず、苦戦したがドリブルで切れ込んでのミドルシュート(これもゴール隅に決まる素晴らしいシュート)が決まり、勝利。
3/15の最終節も全勝をめざして頑張ろう。
若林 1-0
02/09
鶴川招待
準々決勝
17多摩 前:3-0
後:1-0
4-0
準決勝からは、芝生のフィールドでスタンドのある町田市立競技場でおこなわれ、芝生のピッチで試合する機会を得た子供達にとっては、良い思いでになりました。決勝トーナメント表
準々決勝はCグループ2位のチームが参加できなくなり、前日戦った17多摩との試合に勝ち、準決勝では今大会が解散試合となる鶴川ドラゴンズ相手に中盤を支配し、スルーパスからの先制点で有利に進め、決勝戦に駒を進めた。先制点シーン(動画なので表示に時間がかかります)
場内アナウンスによる全メンバー紹介から始まった決勝戦では、前半にアーリークロス気味のボールにドンピシャであわせたヘディングが惜しくも外れ先制の機会を失った。その後互角の試合だったが、相手Ckからのこぼれ球を見失い、欲しかった先取点を取られ、後半には完全に足が止まり、ミスなどが重なり追加点を取られ惜敗。いずれも集中力が途切れた時に失点したが、半年ぶりに試合に出る子も元気に頑張りました。さわやか杯(都大会)出場の町田大蔵相手に、最後までよく頑張りました。おめでとう。写真
鶴川招待
準決勝
鶴川ドラゴンズ 前:1-0
後:1-0
2-0
鶴川招待
決勝
町田大蔵 前:0-1
後:0-2
0-3
02/08 鶴川招待 予選リーグ 金井 11-0 2勝1引き分け,勝ち点7のMGとは得失点差1の僅差でDリーグを1位通過。ベスト8に残りました。
ゴールが中学生用の大きいゴールで3試合とも結果的には得点は多かったものの、良い展開からのシュートは少なく、至近距離かからのシュートやフリーのシュートなどが確実に決められなかった。やはり課題はシュートの精度である。展開も小さく球離れが遅く、1試合目は3タッチを課題に戦った試合で多少改善されたが、2試合目では、動きが鈍く不運な失点で先制され、前半の0-2を後半おいつき、引き分けた。3試合目はやっとFWによる得点があったが、パスの精度、視野の確保も課題である。明日の1試合目、まずはベスト4を目指して頑張ろう。
MG 2-2
17多摩 6-2
01/18 若林卒業生リーグ第2節 桜町 2-2 1カ月ぶりの試合でした。全体的に動きが鈍く、時々良い展開も見られたが、決定打に欠けた。
パスがつながらないケースが多く、昨年11月・12月頃のサイドを使った攻撃が少なかった。あと3週間後の招待試合に向けて課題の残るゲーム内容だった。
若林 0-1
12/21 小柳まむし坂
X'masカップ
鷹の子 3-0 当初小雨がぱらついていた、2試合には大粒の雨が降り始め、2試合終了して時点で3試合目以降は全て中止となった。
その結果Bリーグ(4チーム)は2戦2勝で勝ち点6、得失点5、得点6、失点1で城山SCと同成績の’こみねFC’とコイントスを行ない、コイントスに勝ち1位。
又、Aリーグでは勝ち点6のチームがなかったため、優勝。
決勝戦で小柳まむし坂と戦いたかったが、天気には勝てず。
2試合ともサイド攻撃、アーリークロスなどがあり、随所に良い攻撃が見られたが、攻撃面では良い面がかなりあった。しかし、GKと1対1や、フリーのチャンスにも確実に決める事が出来ず、決定力アップが今後の課題である。
花小金井 3-1
12/08 ウエーブカップ交流試合 品川選抜  0-3 都立高専のグラウンドで50Mx80Mの広いコートで試合を行いました。
このように広いグラウンドは初めてで、1試合目は対戦相手が予定から変更となり品川区選抜ということで少し緊張気味で開始。(相手が品川選抜ならベストメンバーで挑みたかったのが本音である)最初の5分くらいはグラウンドの広さに少し戸惑いながらで、DF陣は揃っていたがマークが完全に外れ先制される。
しかし、広さにも慣れサイドからの攻撃が少しづつ出始めたときに同様にマークが外れ追加点を失った。品川区選抜には2回のシュートチャンスを確実に決められた。前半の終了間際にには良い攻めがあったが、ポスト横にわずかに外れ相変わらず決定力不足。
後半、少し押されたが、全体的には内容は悪くなかった。
ロスタイムにDFのクリアミスからのファウルでPKエリア近辺のFKで1失点。
2試合目は、GK以外はポジションを全て変更し、今回のウエーブカップで初得点をめざしていた子供も1アシスト、1得点と楽しい大会をすごす事ができた。試合が続いたこの大会であったが、大会を十分楽しめた。
フェニックス 6-0
12/01 ウエーブカップ決勝 清水台キッカーズ 2-0 前日リーグ1位となり、本日は決勝トーナメント2試合を戦い、見事優勝。
準決勝では、「さわやか杯」世田谷区予選4位の深沢相手に、胸を借りるつもりで戦いました。試合開始30秒によくコントロールされた浅いDFラインの裏にこぼれ出たボールを奪いミドルシュートで確実に決め、先制点。その後、再三オフサイドにひっかかり苦しんだ。後半は次第に流れが相手チームに行き、終了間際には相手シュートがバーにきらわれるなどのつきもあり、決勝進出を決めた。
決勝戦は品川区の清水台キッカーズ相手に、優勢に進め優勝。
ウエーブカップ準決勝 深沢 1-0
11/30 ウエーブカップリーグ戦 蒲田ボンバーズ 8-0 いつものように1試合目(vs上神明)は相変わらず動きが悪く、落ち着いてプレーが出来ず押される場面もあり、後半には足が止まり1失点。2試合とも課題の残る試合で決定打に欠けた。
上神明キッカーズ 2-1
11/24 秋の学年別大会準決勝 麻生 0-1 決勝進出をかけた vs麻生戦では終始押し気味に試合を進め、シュート本数は相手より多く、バー直撃で嫌われたりなど、先制点のチャンスが何度もありながらあと1本の決定力不足のなか、逆に相手FKで先制された。後半も一方的に押し、優勢に進めながらも、攻めきれずタイムアップ。
3位決定戦では、中盤でボールをよく拾い勝利。
この試合は6年生にとっては最後の世田谷区公式戦だが、公式戦最後を飾るにふさわしい2試合だった。
来週のウエーブカップで頑張ろう。
秋の学年別大会3位決定戦 尾山台 3-1
11/23 上郷カップ
(横浜栄区)
FC浦安ブルーウイング 0-3 寒さの中、横浜市栄区野七里小学校グラウンドで15分ハーフで4試合戦いました。優勝は横須賀シーガルズ 。
どのチームも寄せが早かった。
幾度かのチャンスもポストに嫌われたりと、良い展開もあったが、急造DF陣とGKの連携ミスやクリアーミスなどが失点につながった。特に4試合目は試合内容は悪くはなかったが、結果は1勝3敗。4試合目でもスタミナが持続でき、明日 11/24の世田谷大会に向けて良い収穫もあった。 明日は優勝めざして頑張ろう。
横浜栄コラッジオ 1-0
上南 0-2
横須賀シーガルズ 0-2
11/4 練習試合 二子玉川 1-1 何度か得点チャンスはあったが相手チームの寄せが早く、相手DFを崩しきれなかった。(3本目は20分のみ)
11/23の上郷カップ頑張ろう。
2-2
0-0
10/27 若林卒業生リーグ第1節 若林 2-3 今後、卒業するまでこの3チームでリーグを行うことになり、6年にとっては楽しみなリーグ戦が増えた。
今日はポジションを大幅に入れ替え、結果は1勝1敗。
vs若林戦では前半2-0でリードしていたが後半、10分あたりから足が止まり立て続けに3失点した。
サイドからのセンタリング攻撃など、すばらしい得点シーンも何度かあったが、集中力の持続が変わらず課題である。
桜町 3-0
10/19 秋の学年別大会準々決勝 明正 0-0
PK3-2
明正は春の学年別大会で優勝しており、胸を借りるつもりつもりで、皆頑張りました。前半は惜しい得点チャンスも何度かあったが得点できず。 後半10分頃から足が止まり始め、終了直前には危ない場面もあったが、PK戦へ。
GKの感が冴え2本も止め、ベスト4進出が決定。
6年最後の公式戦なので次の試合も頑張ろう。
秋の学年別大会3回戦 笹原 8-0
10/14 練習試合 北沢 5-1
4-1
1-1


視野の確保を課題にして試合を行ったが、まだ体の向きや周囲が見えないケースがあった。
10/19は学年別大会3,4回戦があります。6年生にとっては最後の公式戦になります、ベスト4目指して頑張ろう。
10/06 秋の学年別大会2回戦 グリーン 2-1 この結果、3回戦進出が決定し、笹原との対戦が確定しました。
1回戦は「さわやか杯 1回戦」でも戦った相手で、前半15分過ぎにファールから得たゴールほぼ正面のFKをゴール右隅に確実に決め、守りきって勝利。
2回戦は世田谷選抜に2名送り出しているグリーン。前半15分過ぎにFKからDF裏に出たボールを見事にシュートされ先制されたが、その1分後、右サイドライン沿いに長い距離をドリブルで1人で持ち込んで角度の無いところからのすばらしいロングシュートが決まり同点。後半開始早々、FKからのこぼれ球をゴール右45度付近で奪ってゴールし逆転。
けが人や運動会などで参加できない6年生がいたが皆よく頑張り、ボールへの寄せも早く、良い試合内容だった。
3回戦も頑張ろう。
秋の学年別大会1回戦 成城クリッパーズ 1-0
08/03 練習試合 大岡山FC 1-0 1試合目の前半10分くらいまでは久しぶりの試合ということももあり、全体のバランスは良かったが後半に入り暑さのせいか、足がとまり始めた。2試合目も暑さのせいか動きが鈍かった。暑かったが皆よく頑張った。
0-1
06/22 若林近隣大会
(2チーム参加のミニサッカー)
若林
三宿
世田谷
Aチーム 0勝3敗 ボールをつなぐ意識が低く、課題の残る試合内容だった。
Bチーム 2勝2敗
05/19
春の学年別大会3回戦 塚戸 0-0
PK2-4
前半、押し気味に進め、得点の機会はあったが、ゴールネットを揺らす事ができず、後半は少し足も止まり最後まで相手ディフェンスを崩せなかった。ワン・ツーパスもつながり練習の成果も少しずつ表れてきており、試合には負けたが内容は良かった。
塚戸は二子玉川に2-1で勝ち、6年学年別大会のベスト4一番乗りを決めた。
05/06 春の学年別大会1回戦 松原 5-0 1試合目の後半は、シュート本数は多いものの、ゴール枠に行かず、追加得点ならず。
2試合目は試合開始早々、いい形で先制し勢いが出た。後半開始早々に何度かピンチもあったが、逆に残り5分に追加得点し、逃げ切り3回戦進出。
春の学年別大会2回戦 桜町 2-0
05/03 練習試合 明正 0-1 この試合から全日本5B予選の時に比べてポジションを総入れ替えし、皆、初めてのポジションで試合に挑んだ。
1試合目は負けたが、試合内容は悪くなく、2試合目では初めてラインディフェンスにしての試合だったが、全体のバランスも思っていたよりとれた。
5月6日の学年別大会頑張ろう。
2-2