Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 


<


2003年度 5年生 試合結果
  2000年度(2年生)
2001年度(3年生)
2002年度(4年生)
最終更新03/28
      
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/28 新人戦
(新代表)
明正 2-2
PK(5-4)
1試合目は前半エンジンがかかるのが遅く先制されるも途中逆転、しかし最後は連携のミスから同点に追いつかれPK戦でした。(PK戦に関してはまったく危なげない内容)
2試合目、この時期しては非常に良い内容でした。特に攻撃に関しては随所にすばらしい連携やプレーが見られ、代表の目指す多彩な攻撃が出来る攻撃的なサッカーが出来るチームの片鱗が見えたような気がします。3試合目は1日3試合and2試合目と3試合目の間が2時間以上開いたため集中力が切れてしまい、彼らには経過・結果とも過酷な試合になりました。しかし私にとっては選手やチームの改善点などを、改めて見直せ有意義な試合だったと思います。26・28日の5試合で、1試合ごとに選手達はまさに眼に見えるスピードで成長してきています。これは私の関わってきた8世代の代表の中でも初めての経験であり、非常に楽しい経験をさせてもらっています。ある一定レベルまでは比較的楽に到達できても、そこから上を目指すのが大変なことも事実です。しかし今年の選手たちは充分そこを目指すだけの素養や意識の高さを持ち合わせています。選手共々上を目指し(いろんな意味で)頑張って行きたいと思います。最後に5年生のS君が転校の為、最後の試合でした。彼の持ち味であるファイトの在るすばらしいプレーを見せてくれました。転校先でもその気持ちを忘れず頑張って欲しいと思います。決勝まで残った為、最後は6時を過ぎてしまいました。コーチ及び引率・応援の保護者の皆さんお疲れ様でした。

尾山台
2-1
キタミ 0-4
03/26 練習試合 北沢 1-1 今回の練習試合も5年生代表メンバー5名欠席のため急遽2名を追加召集して行ないました。又4年生代表メンバーも4年生練習試合を一緒に行なった為、そちらと掛持ちになり大変だったと思います。1試合目はシステムを少しいじったこともあり(4-5-1)、余り良い出来ではありませんでした。2試合目はシステム・ポジションとも慣れているものに戻したためかなり良いサッカーが出来ました。特に後半はボールが良く動くようになり、コミュニケーション・サポート・動き出しとも良くなったように思います。(まだまだですが)今回4年生の代表メンバーは前の4年生練習試合に半分程度出場し次の代表の試合にフル出場した選手が数名いましたが、まったく動きの質、量とも落ちずに大変すばらしかったと思います。しかし、何時になったらベストメンバーで試合が出来るのだろうか・・・・・
最後に今回は朝まで降った雨のためグランドが水浸しだったのですが、グランド整備を保護者の方々にも積極的に手伝っていただき、本当にありがとう御座いました。 そしてお疲れ様でした。
1-1
03/21 練習試合 山野 1-2
山野小において行われた5年生の練習試合の結果。1試合目は、ボールへの寄せが遅く、相手がボールをコントロールするのを待ってからディフェンスし、また体を当てることができないという状態でした。2試合目は多少改善されましたが、体を当てることについては不十分。また、ハイボールの処理に戸惑うことが多かった。攻撃面で、少しずつ周りが見えてショートパスを狙って出せる子が出てきた点と受験のため貴重な時間を割いて出場したK君が1点をとった点が嬉しい材料でした。元気を出して積極的な気持を持てるよう指導できればもっともっと良くなると改めて感じました。砂田コーチ、榧根コーチ、審判をしていただき誠にありがとうございました。田中コーチ、ご指導いただきありがとうございました。保護者の皆様、田中コーチが制止するほど熱く応援いただきありがとうございました。保護者の方の熱い声援と励ましが強ければ強いほど子供たちは良くなると思いますので、これからもよろしくお願い致します。
2-0
03/06 練習試合 桜町 8-1
(新代表)
1試合目は、前回(2/21)の試合と同様、声を出しコミュニケーションを図るということと動き出しに気をつけて臨みました。前半こそ声を出していたものの後半になってメンバー・ポジションを若干変更すると声が出なくなりました。また、コミュニケーションも、パスを引き出す動き出しと連動するような質を伴ったものは少なく、少々残念な内容となりました。結果としては、3点を奪う4年生の活躍もあり新代表の初勝利となったのですが、初勝利にも喜んでいない顔をしている子供たちを見ると、代表というチームとしてのまとまりをまだ子供たち自身が実感できていないなと思いました。引き続き質を伴ったコミュニケーションを図ることを練習課題として取り組んでいく必要性を感じました。
2試合目は、代表チーム以外の5年生を中心に臨みました。コミュニケーションという点では1試合目よりもよく(特にMF間がよかった)、また、プレーに積極性が見られ、出来が良かったと思います。ただ、基本的なボールコントロールやキックの質、早い判断が足りないためチャンスはつくるものの得点は奪えず、結果としては満足できるものではありませんでした。動きながらコントロール、パスといった基本的なことを反復練習してより精度を高めていけばもっと子供たちは楽しいサッカーができることでしょう。
最後になりますが、審判をしてくださった木村コーチ、石川コーチ誠にありがとうございました。
1-1
(5年)
02/22 砧招待 キタミ 2-4
世田谷 0-4
02/21 練習試合 塚戸 0-1 5・4年生による、新代表の初めての試合でしたが、先発予定に考えていた選手4名が欠席の中でのスタートでした。代表を組んで初めての試合ということもあり、各選手のポジション適正やバランスなどを見ながら、1本目は4-4-2、2本目は3-5-2のシステムで行いました。又チームとして
@各自コミュニケーションをとってボールを運ぶ
A動き出しとサポートの質の2点を、個人として与えられたポジションの仕事をしっかりこなす。という目標を提示し試合に望ませました。
結果、各目標においては簡単には身につくはずも無く、半分程度の出来でしたが、守備組織においては、大きな破綻も無く初めてにしては上々の滑り出しだったと思います。特に1本目の後のミーティングにより、2本目のほうがより良いプレーやサポートが多く見られるようになったということは、選手たちそれぞれが前のゲームで指摘された、問題点や注意点などを積極的に次のゲームに行かしていこうという姿勢の現れであり、私としては嬉しくもあり、高く評価したいと思います。

結成して1ヶ月弱、実質練習2回のチームとしては、非常にまとまったゲームを見せてくれましたので、これからさらにコミュニケーションが取れて来る事により、さらに楽しいゲームが出来るチームになれる可能性があることを我々に予見させてくれた、今回の練習試合だったと思います。
0-0
01/11 烏森スポーツ少年団招待「初蹴りフットサル」 烏森 4-2 コミュニケーションをテーマに臨みました。以前よりは声が出すことができる子が増えてきたものの、一方で声を全く出せない子がまだおり、また、声を出すタイミングも遅かったりと全体としてはまだまだ物足りない状態でした。しかし、その中でも最も小柄なN君がスペースに走りこみながら手と声を使いボールを要求する場面が度々見られ、彼の成長を感じさせてくれるプレーぶりを見てとても嬉しくなりました。

寒風吹き荒ぶ中、審判をしてくださった砂田コーチ、子供たちの指導をしてくださった榧根コーチ、誠にありがとうございました。また、保護者の皆様応援ありがとうございました。

VMFC 2-6
大岡山 3-1
烏森 6-5
12/27 練習試合 若林 1-1 1勝1敗1分という結果でした。シュートを積極的に打つことをテーマに臨みましたが、判断が遅かったり、また、パスが遅く短いため展開が小さいため相手のペナルティエリア付近までボールを運ぶものの決定機を多く作れないという内容でした。若林の選手は、ファーストタッチ、体の向き、ボールを受ける動きが素晴らしく(特にMFからセンターDFへのパスの瞬間にアウトサイドDFが外に開く動きには感心しました)、見習うべき点が多々ありました。城山も1対1やスピードでは決して負けていないので、基本であるルックビフォア、ルックアラウンド、ファーストタッチ、ボールを受けるためのランニングをゲームの中で指導して、より精度の高いプレーをできるように導いていきたいと思います。寒い中、子供たちの指導にあたってくださった榧根コーチ誠にありがとうございました。また、保護者の皆様ご声援ありがとうございました。今年一年子供たちのために貴重なお時間を捧げていただいたコーチの皆様、5年生全員が揃って試合をすることが決して多くはありませんでしたがそれでも変わらぬ声援を送りつづけていただいた保護者の皆様、誠にありがとうございます。来年もかわらぬご指導・ご声援をお願い申し上げます。
0-2
2-0
10/04 秋の学年別 すぎのこ1回戦 烏山北 1-2 残念ながら1回戦敗退に終わりました。
前半は、ラインを上げて早いプレスを仕掛ける相手に対してなかなか押し込むことができませんでしたが、それでも得点チャンスは3回ほどありました。2点目を失った後半途中にポジションを変更した後は、ゲームを支配し多くのチャンスを作りましたが、1点を返すにとどまり惜しくも負けてしまいました。
決定機での冷静で早い判断とボールコントロールを改善する必要があると感じました。
09/27 練習試合 月光原 3-2 今回は4年生4名を含む19名で試合に臨みました。1試合目は、全員出場させ子供たちだけでどれくらい考えながらサッカーができるのか様子を見ましたが、特に守りの面でマークのずれが大きいなど課題が浮きぼりとなりました。2試合目からは、すぎのこ大会を意識したメンバーで臨みました。1試合目の反省を活かし、ポジショニングの修正を行ったため守備面で1試合目よりも安定が得られました。4年生4名の活躍もあり試合全体としては押し気味に進めましたが、決定機の回数は多くはありませんでした。一層のチーム力アップのためには、ペナルティーエリアから先の攻撃(ダイレクトプレー、個々による突破)と5年生全体のボールコントロール力の向上が不可欠と感じました。
VMFC 0-1
VMFC 1-2
09/23 秋の学年別 あすなろ大会 1回戦 松沢 0-3 残念ながら初戦敗退という結果でした。夏合宿から取り組んでいる“中盤でボールを大切にする”ことをテーマに戦いました。相手から寄せられると慌てて前に蹴ってしまう意図のないプレーが相変わらず多かったですが、時折、前を向いたときに周囲を見てパスやスペースへのドリブルをすることができる場面が見られ、少しずつではありますがつなごうとする意識が出てきたように思います。ただ、パスがつながった場面でも、パスの判断が遅かったり、パス自体のスピードが遅いため、すぐに相手に寄せられてしまうことが目立ちました。今後は、ボールコントロール、判断のスピードアップとともにパススピードのアップを練習で取り組んでいきたいと思います。
試合展開としては、前半序盤にカウンターから1点失った後、何度か同点のチャンスがあったもののいかせず、相手の速いドリブルから後半に失点を重ねてしまいました。特に前半は押している時間が長かっただけに1本シュートが決まっていれば・・・と思いました。
08/03 練習試合 渋谷東部 2-1
ヴィト-リア目黒 0-4
07/27 練習試合 鶴牧 0-1 本日目黒区立砧サッカー場において、5年生の練習試合が行われましたので、結果につきお知らせいたします。
夏休みのためメンバーが十分に集まらない中、参加した11名全員が2試合とも最後までよく頑張りました。
技術的には、相手チームと比較してボールをコントロールできない、キープできない等改善すべき点は多かったです。しかし、これまで試合出場の機会が少なかった子が声を出して積極的にプレーをした等成長している点も見せてくれました。
この夏休みは、練習・合宿を通じて、全員が、慌てずに近くの味方にボールをつなげることのできるよう、止める・体を入れる・ショートパスを徹底して練習したいと思います。
月光原 5-0
06/22 練習試合 塚戸 3-3 個々の課題に加え、全体としては勇気をもって試合に臨むということを課題としました。これまでハイボールに対して逃げる姿勢ばかりだった5年生でしたが、今日の試合では逃げずにヘディングをすることができ、壁をひとつ乗り越えつつあると感じました。
サポートの動き、声、キックの精度等練習で課題として取り組んでいる点についてまだまだの状態ですが、これまでとは異なるポジションを任されても安定したパフォーマンスを発揮した子が見られ、子ども達は少しずつではあるものの戦術的な理解をし始めていると感じました。
北沢 7-0
05/05 春の学年別大会1回戦 烏山北 2-1 残念ながら2回戦敗退となりました。
今日はアップ時から元気がなく、試合に勝とうという意欲・真剣さが感じられませんでした。1回戦は個人の技術でなんとか勝てたものの、全員が積極的にボールを奪う姿勢を続けなければドリブル主体の城山に勝機はありません。丁寧に展開を図ろうとするキタミに対して、キック、ボールへの寄せ、体の入れ方、ポジショニングで劣り、完敗でした。秋の大会に向けて、トラップやパスの精度、戦術的理解度を上げていくとともに、勝ちたい・上手くなりたいという意欲が試合で発揮できるようもっていきたいと思います。
春の学年別大会2回戦 キタミ 1-5