Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2004年度 4年生 試合結果
最終更新:03/21
  2001年度(1年生)
2002年度(2年生)
2003年度(3年生


     
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/20 練習試合
(目黒区砧少年サッカー場)
飛田給 1-1 11人制20分(最後の1つは15分)1本での試合)

本日で、今年度4年生の試合の予定が終了いたしました。
保護者の皆様・コーチの皆様始め関係者の皆様には、クラブの活動にご協力頂き、心より御礼申し上げます。
来年度も今年度と同様に、ご協力また選手に熱いご声援を賜りますようお願い申し上げます。
北沢 0-0
飛田給 0-0
北沢 1-1
北沢 0-0
02/26 練習試合
(芦花高校)
塚戸 2-0 11人制20分(最後の2つは10分)1本での試合
烏山北 2-1
塚戸 0-2
烏山北 1-2
塚戸 0-1
烏山北 0-2
02/12 練習試合
(城山小学校)
竹の子 2-3 最近は主に、水曜日は個人突破、土曜日はパスの練習をしていますが、まだコミュニケーションを取るのが上手くありません。これが試合にも出ているようで、お互いの意図の合ったプレーが少ない様です。
1人で11人を相手にしても勝てません。もちろん、1人でも立ち向かっていく気持ちは大切であり必要ですが、仲間の協力無しには勝てません。これを本当に理解してもらうことが今後の課題だと思っています。
最後になりましたが、お忙しい中、また寒い中、保護者の皆様、設営・看護・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、審判等ご協力頂きありがとうございました。
2-1
2-2
01/09 菅沼杯 2位トーナメント
(駒沢第一グランド)
小柳まむし坂 0-1 以上は、ここ一ヶ月間の成績で、この前にあった世田谷連盟の試合も含めますと、結果としては余りパッとしたものにはなっていません。
しかし、出場した選手は全力でプレーしていますし、全体的に内容は悪く無く、ペースを握っている試合が殆どですが、試合を決める得点(PK戦を含めて)がありませんでした。
その原因は、技術(正確性)が不足していることも勿論ありますが、この技術と共に不足しているのが「プレーの狙い(個人戦術)」です。
例えば、「シュートをする時にゴールの方向にただ蹴るのではなく、ゴールのどこを狙ってシュートするのか?」という事です。
この場合は、キーパーの位置を知っていることが必要になり、その為には、シュートをする前にキーパーを一瞬でも見る必要があります。
つまり、周り(選手自身も含めて)の状況を知っている(周りを見る)ことが前提となり、その上でどのプレーが一番良いかを判断することが「プレーの狙い」です。
そして、その頭に描いたプレーを実行できる力が、技術ということになります。
これからの目標は、いつも「プレーの狙い」を持って、それを正確に表現できるようになる事です。

最後になりましたが、この一年間試合が多く、保護者の皆様・コーチの皆様に多大なご協力を頂き、ありがとうございました。
今後も、あと2年間よろしくお願いいたします。

GHU

(3位パート3位)
11-0
01/08 菅沼杯 一次トーナメント
(駒沢第一グランド)
飛田給 0-0
PK4-5
深沢 2-0
12/23 TIPS4 順位トーナメント
(二子多摩川)
東小倉

(3位パート5〜8位)
0-2
12/19 TIPS4 予選リーグ
(二子多摩川)
深沢 2-2
かじがや 1-2
12/18
若林近隣大会
(若林小学校)
城山A 桜町A  2-0
世田谷 2-0
若林A 2-0
三宿A 2-0
桜町B 1-2
桜町C 0-1
城山B 城山C 1-0
若林B 3-0
桜町C 0-1
三宿B 0-2
桜町A 0-2
城山C 城山B 0-1
桜町C 0-3
三宿B 0-2
若林B 0-1
若林A 0-3
世田谷 0-0
11/27 秋の学年別大会 すぎのこ(Aチーム) 駒沢補助 和光 1-1
PK2-3
(11人制15分ハーフでの試合)
両試合共、1対1でのPK戦で1回戦敗退となり、同じような経緯(先制されて同点に追い着きPK負け)でしたが、内容では随分と違っていました。
☆ 第一試合
スロースターター癖から開始から押され、その後にカウンタから決定的なチャンスがあったにも拘らず点が取れず、その後のコーナーキックから失点、その直後直ぐに取り返して前半は終了しました。後半は押し込んでいるものの点を取れずに終了して、PK戦での敗戦となりました。普段の力が出せずに終わってしまい、選手は悔しさが一杯ではなかったかと思っています。自分達にとって大切なゲームは緊張するのは当然なのですが、この緊張の中で力が発揮できるのが本当の実力だと思っています。練習でもこの緊張感(真剣さ)を持って練習しないと本番でなかなか実力が発揮できません。選手にとっては良い経験だったと思います。
☆ 第二試合
前半の前半は押され気味で推移し、前半の後半は一方的に押されましたが、どうにか我慢して終了しました。後半も押されぎみながらがんばっていたものの、こらえ切れずに失点、しかしその後はがんばって押し返し、終了近くに同点とし、PK戦に持ち込みましたが、敗戦となりました。押されていてもがんばって失点しなかった前半、失点してしまった後あきらめずに最後までがんばって同点に追い着いた後半、それぞれに高く評価できると思います。「でもそれだったら失点した後のがんばりを試合開始から出来るはずなのに・・・」が今後の課題です。また、その気持ちを持って普段の練習をする事も大切です。年末・年始と試合が続きます。自分の健康管理も選手にとって大切な事柄でする。風邪をひかないよう気をつけて下さい。
最後になりましたが、保護者の皆様には、会場当番・引率・応援、ありがとうございました。コーチの皆様にもご協力頂き、ありがとうございました。 掲載が遅くなり申し訳ありませんでした。
秋の学年別大会 あすなろ(Bチーム) 駒沢補助 松原 1-1
PK 3-4
11/23 練習試合
(松原小学校グランド)
松原 0-1
0-1
11/07 練習試合 上作延パープルズ 0-2 (11人制20分ハーフでの試合)
前日に突然決めた試合にもかかわらず、出席者が17人もいて嬉しい限りです。
第一試合は、スロースターター癖がでて、点が取れずに終了してしまいました(悪い出来ではないのだけれど・・・)。
第二試合の前半にフリーキックで直接先取点を取ってから動きがスムーズになり、伸び伸びとした試合にすることができました(もっと点が取れたはずだけど・・・)。
第三試合は、前の試合の良いイメージが残っていたようで、しっかりとしたゲームになりました(OK・・・)。
学年別大会をがんばりましょう。
最後になりましたが、保護者の皆様には、お忙しい中、前日に決めた試合に快くご協力頂き、また引率・応援、ありがとうございました。コーチの皆様にもご協力頂き、ありがとうございました。
津田山 3-1
上作延パープルズ 6-1
10/17 町田チャレンジリーグ フレンドリーマッチ 町ロク

町田チャレンジリーグ最終結果は、7チーム参加し、第3位(2勝1分2敗)
南大谷キャッツ

10/16 練習試合
(駒沢中学校)
駒沢SC 6-0 最近は、前半Aチーム・後半Bチームで試合を行っています。Aチームは、雨続きで久ぶりのせいなのか、気持ちが空回りしているような試合となってしまいました。Bチームは、先週J2の試合を行ったので、落ち着いてゲームができました。10月17日(日)町田市山崎中学校で行われましたフレンドリマッチの結果について報告いたします。
 フレンドリ 城山 △ 0−0 町ロクSC
 フレンドリ 城山 ○ 3−2 南大谷キャッツ
チャレンジ最終結果は、第3位(3勝1分2敗)でした。学校行事とイベントが重なり、4年生としては初めて、11人を欠ける試合となりました。初めて、11人を相手に3バックで行いましたが、やはり第一試合はガタガタ状態でした。しかし、第二試合は、慣れてきたようで、それなりの形ができるようになり、また、最後まで衰えることなく、人数の不利を動きでカバーしようとしていた闘争心はすばらしく、結果として勝利したことは選手にとって自信となっていく事と思います。選手の皆様、素晴らしい試合を見せてもらいまして、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、送迎・引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、お疲れ様でした。
5-3

10/10
J2(ジュニア大会)
(喜多見小学校)
船橋 1-0 (11人制20分ハーフでの試合)
前半開始早々は、動きが悪くピンチがありましたが、どうにかしのいだ後は城山ペースとなり、チャンスが連続しましたが得点できませんでした。後半もやや押し気味ながら、ゴール前の混戦から、1点を取られその後はほぼ互角の状態でゲームセットとなりました。押していてチャンスに点が取れないと逆にその後ピンチになることがよくありますが、そのとおりの展開となってしまいました。選手にはなぜ点が取れなかったか?自分達に何が足りないのか?その為にはどうしたら良いか?を考えるように伝えました。ただ、選手たちは伸びてきており、素晴らしいプレーも随所に見る事ができたことは、大変嬉しい試合内容と思っています。最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、ありがとうございました。
09/23 チャレンジリーグ
フレンドリーマッチ
(町田市南大谷中学校)
JFC SSS 1-5
境川イレブン 0-0
チャレンジリーグ
最終節
南大谷 4-1
09/18 練習試合
(目黒,砧サッカー場)
若葉 3-2
VMFC 0-4
元石川 11-0
09/12 チャレンジリーグ
フレンドリーマッチ
(町田市山崎中学校)
FC奈良 0-1
南大谷 2-2
FC奈良 0-3
08/28 練習試合 小金井4SC 2-3 合宿中の練習試合
0-1
08/22 練習試合
(中目黒公園)
VMFC 2-2 8人制20分ハーフ
1-0
07/19 チャレンジリーグ
(町田市木曽境川小学校)
境川 1-1 (11人制15分ハーフでの試合)
最近、どうも点がとれていません。相手にしっかり守備をされると、崩せない状態になってきています。逆に、守備は良くなってきました。
もっと1対1で自信を持って突破できるように、この夏休みに練習して欲しいと思います。
また、最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、車での引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、お疲れ様でした。
チャレンジリーグ
フレンドリーマッチ
(町田市木曽境川小学校)
FC奈良 0-2
境川 0-0
07/10 チャレンジリーグ
(町田市山崎中学校)
JFC 町一 1-0
奈良 0-2
チャレンジリーグ
フレンドリーマッチ
(町田市山崎中学校)
南大谷 1-1
07/03 ジュニア大会予選リーグ
(二子緑地グランド)
松沢 1-3 (8人制15分ハーフでの試合)
予選Aリーグは3チームのリーグ戦で、1位バディ・2位城山・3位松沢となり、残念ながら予選敗退となりました。
城山の第一試合は、前半先制しましたがハーフタイム直前同点にされ、後半なんとか振切る事ができました。
城山の第二試合は、出だしは相手のプレスが高い位置で掛けてこなかった事もあり、またこちらは勝たないと1位になれないので攻勢に出ました。
カウンタから1点を奪われ、その直後ロングシュートを決められ、その後は相手の高い位置でのプレスからなかなか攻撃できずに逆に失点をして試合終了となりました。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、ありがとうございました。
掲載が遅くなり申し訳ありませんでした。
バディ 0-5
06/27 チャレンジリーグ
(町田市山崎中学校)
町ロク 1-0 久しぶりの11人制の試合でした。主催者のご好意により4試合もさせて頂き、感謝いたします。
第一試合は、やはりスロースターターでしたが、前半途中から良くなってきて、まあまあの出来でした。第二試合の相手はかなり強く、押されていてもなんとか1点で抑えていましたが、終了5分での2点の失点が残念でした。第三・四試合は、前の試合に出場しなかった選手全員が主に攻撃の位置で出場してのゲームでしたが、各試合で1点ずつを取れたのは、素晴らしい事でした。
全体を通してこのチームの良い点は、一人一人に積極性のあることで、悪い点は一人一人がばらばらになってしまう事です。これからの課題は、選手同士が試合中にコミュニケーションを取ることが出来る事と、自信をもって自分の技術を出す事が出来る事です。
その為には、いまの積極性を失わない様にしなければなりません。きっとがんばってくれる事と思います。
また、最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、お疲れ様でした。
JFC SSS 0-3
チャレンジリーグ
フレンドリーマッチ
(町田市山崎中学校)
町ロク 1-3
JFC 町一 1-5
06/19 練習試合
(塚戸小学校)
塚戸 1-5 (8人制(通常オフサイド)20分ハーフでの試合)「暑かった為、動きの量が少なかったかな」という印象でした。局面では頑張っているのですが、味方が居るのに二人で追いかけたり、追いかけなければならない時に動かなかったりと、チームの守備としてはばらばらの感じがしました。まだ「回りの何を見なければならないか」がわかっていない模様です。特に8人制なので、ポジションに穴が開くと途端に守備は崩壊します。守備の時は、なんとか穴を開けないよう指導を続ける他はありません。
再度、選手には、ジュニア大会がそこまできていますので、ポジション争いをチャレンジするようお願いします。
また、最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、ありがとうございました。
3-3
06/12 練習試合
(城山小学校)
北沢キッカーズ 2-4 (8人制(通常オフサイド)での試合)
どうも最近の傾向で、スロースターターになってしまいました。コーチが悪いのですが、試合前の体のアップだけでなく、気持ちのアップも考え直さなければいけない様です。
今日は、8人制のフォーメーションを探りましたが、ポジションはまだ未定です。選手には、ジュニア大会がそこまできていますので、ポジション争いをチャレンジして下さい。
試合が続き、保護者の皆様やコーチの皆様にはお手数をお掛けし、申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。
また、最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、看護・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、お疲れさまでした。
6-0
5-1
2-1
05/15 練習試合
烏森小学校
烏森 3-5 (8人制(通常オフサイド)での試合)
今日は、チャレンジをテーマにしたところ、どのゲームも全力でプレーしようとする姿勢が感じられたのが印象的でした。
当然ゲームですので、ゲーム中は全力で勝つことに対してプレーする事が、フェアプレーの原点です。
ところが勝つことを強調しすぎると「負けたくない」という気持ちが先行して、気持ちの自由さがなくなり、積極性が落ち、ただ引いてしまったのが、先週試合の反省でした。
今週は練習試合でしたが、積極的にプレーし、そしてその中から全力で勝とうとする姿勢が生まれてきていることが伝わってきて、見ていて面白い試合でした。
先週の反省を直ちに次の試合に生かせた砂田コーチの采配はすばらしく、この試合で暫くお別れしなければいけない事が残念でたまりません。
どうも長い間、ご指導いただきまして、ありがとうございました。そして、また、戻って来て一緒にやりましょう。
また、最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、お疲れさまでした。
0-0
0-2
05/08
学年別大会 3回戦 Aチーム

(砧総合グラウンド)
烏山北 前:0-1
後:0-1
0-2
 今日の試合は、前半、とても動きが悪く、相手がボールを持ってもそれを傍観することが多く、ハーフとバックが一体となって低い位置でディフェンスに専念してしまったため攻守の切り替えができず、押し込まれっぱなしとなってしまいました。その原因の一つには、今回、私が子供たちに対して少しハッパをかけ過ぎ、子供たちの気持ちが「勝ちたい」ではなく、「負けたくない」となったからではないかと思います。ハーフタイムで気持ちの切り替えを図り、後半、別のチームであるかのようなプレーとなりましたが、先取点の重さもあって、ある程度のレベルに達したチームに対して挽回することはできませんでした。気持ちの持ち方で全く違うチームとなってしまうということは、頭では分かってはいても、なかなか試合に気持ちのピークを持っていくことはできず、コーチとして未熟であると反省しております。次は、子供たちにプレッシャーをかけるのではなく、自由に、そして子供たちがボールに一生懸命向かっていくことができる雰囲気を作っていければ、と思っています。
 審判に駆けつけていただきましたコーチの皆さま、応援いただきましたご父兄の皆さま、どうもありがとうございました。
 私は今回の公式戦をもって、城山SCでの試合はすべて終了ということになります。まだまだ未熟であるということを痛感しながらも、この場を去らなければならないことには悔いが残りますが、何か新しいことを見つけて、チャレンジしてみたいと思っています。
4年間という短い間でしたが、皆さん、どうもありがとうございました。
04/25 春季学年別大会
Aチーム

(烏山北小学校)
松ケ丘B 前:2-0
後:3-0
5-0
第1回戦は、立ち上がりから子供たちは集中しており、各ポジションが機能していたと思います。ポジションに関して修正が必要な点はありましたが、急には直るものではありませんので、今後の課題ではないかと思いました。浮き球の処理、ロングボールの処理を適当にしてしまい相手ボールとなってしまう場面が多く見受けられましたが、これについては次回までに修正していかなければいけないと感じました。
第2回戦は、いつものことですが、間に2試合あったため、集中力が欠けてしまったことで、立ち上がりはとても見られたものではありませんでした。また、バックのポジションをいじったことも裏目にでてしまったと思います。後半、ポジションを第1試合と同じに戻し、ハーフタイム中に若干の檄を飛ばしたことで、少し戻りましたが、トップ下に固まる状況となり、なかなかチャンスを作ることができませんでした。もう少し、スペースを利用することができるよう、回りを見ることができるようにする必要があろうかと思いました。ただ、今回は状態が悪い中、若干の指示で挽回をすることができたことはチームとして機能しはじめたことではないかと少し満足しています。
最後になりましたが、菊池コーチ、木村コーチ、お忙しい中、また、体調がお悪い中、審判に駆けつけていただきありがとうございました。
ご父兄の皆様、応援ありがとうございました。第3回戦もがんばって突破できるよう、ご家庭でモチベーションを高めていただければ幸いです。
やはた 前:0-1
後:3-0
3-1
04/18 春季学年別大会
Bチーム

(塚戸小学校)
麻生 0-4 残念ながら一回戦敗退となりました。
試合内容は、コーチの評価としては、余り良くなかったと思っています。ボールのそばにいる選手は頑張るのですが、それ以外の選手が見てしまっている時が多く、後手に回り押し込まれてしまいました。
また、冷静に回りも見えていないようで、なかなか打開できなかったようでした。選手もコーチもこの試合を反省して、気持ちを新たに、また次に向かってがんばって練習して行きましょう。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。また、お手伝い頂きましたコーチの皆様、どうもありがとうございました