Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 


<


2004年度 6年生 試合結果
  2000年度(2年生)
2001年度(3年生)
2002年度(4年生)
2003年度(5年生)
最終更新::03/21
      
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/20
練習試合
(梅ヶ丘中学校)
松原 3-0 8人制にて15分ハーフ×4本
卒業を前に控えたこの時期に練習試合をさせて頂いた松原FCさんに感謝しつつ、子供達は勝気満々に対戦させて頂きました。伝統のオレンジ&白のユニホームを身にまとい城山イレブンとして最後の試合をさせてもらうことを感じていたのか、いないのか。15人参加した子供を全員半分ずつ出場させ、中学生への課題を探りながらの試合となりました。結果は上記の通りも、結果よりも楽しく最後迄諦めずに戦えました。
 練習試合にも拘わらず大勢の父兄の応援有難うございました。最後の指揮とって下さった船見コーチ、長い間有難うございます。又1年間、グウタラな6年生を鍛えてくれた本庄コーチ、本日も忙しい中ご指導有難うございます。温泉湯治中の神谷コーチへ。来週の最後の練習への参加お待ちしております。
 短い期間だけ試合報告をさせて頂きましたが、この報告が最後になることを残念に感じながら筆を置きます。今後も、読者としてこのコーナーを楽しみにしております。6年間コーチの皆さまご指導有難うございました。
                    文責 指宿

0-3
0-0
0-3
03/19 日勝カップ
(松ヶ丘小学校)
八幡山 4-2 城山・松丘・八幡山3チームリーグ戦(8人制)
☆優勝:城山(勝点4)☆準優勝:松丘(同3)

神谷コーチの司会で定時12時30分から卒団式を行いました。城山小校長先生の心温かいお言葉に始まり、総代表の熱く心のこもったご挨拶を頂きました。各学年のコーチ・6年コーチのご挨拶大変ありがとうございました。卒団する6年生17名一同も立派な挨拶が出来ました。心よりお礼申し上げます。神谷コーチ、本当に60分間フルに司会お疲れ様でした。
 さて、徒歩で30分掛け松丘小に移動し子供達も充分なアップが出来たのか、疲れが出たのか分かりませんが第一試合の対八幡山戦は、開始10分に失点。17分途中出場のダイキが右足で押し込み同点。その後17分に2失点目を決められる。終始押し気味なのにそのまま前半終了。ハーフタイムの本庄コーチの気合の入ったゲキ有難うございました。その甲斐もなく、後半21分3失点目を決められる。23分に4失点目。ベンチと父兄応援団にも失望のため息が漏れ始める。ベンチとしても何とか恥ずかしくない点差に詰める事を願うしかない状況に。しばらく一進一退の展開が続く。後半34分にリョウマが豪快なミドルを決め、ムード回復。37分ユウキ得点、39分にはリョウマが同点ゴール。完全な負け試合を落着いて同点に持ち込み感動の勝ち点1をゲットして第一試合を終了。
 続く第2試合は、何故か線審をしながらの試合観戦となりました。勝者が優勝する決勝戦となりました。開始4分にサトシ得点、9分にカズマゴール。12分に1失点も14分にサトシのゴールで3‐1と試合を優位に進めるも同14分に2失点目を献上し3-2で前半を終了。後半に向け船見総監督の「今日は17人全員参加で優勝する!」の言葉通り、前半とメンバーを半分入れ替えて最後の20分に臨む。終始膠着した試合展開が続き少しやきもきしながら観戦(線審)してましたが、34分に今日絶好調のリョウマが駄目押しの追加点を挙げ、そのまま終了の笛が鳴り、見事有終の美を飾る優勝カップを手に入れる事が出来ました。なお大会主催者によるMVPには城山キャプテンのサトシが選ばれました。
 本日は、卒団式から参加されたご父兄の皆さん本当にお疲れ様でした。菊地コーチ審判有難うございました。社会人になられたばかりで忙しい中、指導してくださった本庄コーチ、優勝おめでとうございます、有難うね。総監督として17人を全員見事に使い切り優勝させた手腕は見事でした船見コーチ、本日はお疲れ様でした。最後に6年間、現6年生世代を休む事無くご指導下さった神谷コーチ、本当に6年間お疲れ様でした。明日はゆっくり温泉で家族サービスしてくださいね。
松ヶ丘 2-2
03/13
第7回 宮本杯
(城山小学校)
北沢 5-2 優勝:羽根木(勝点10)準優勝:城山(同8)3位:北沢(同4)
 今年で7回目を迎える宮本杯。運営部・コーチ・父兄の皆様方の朝8時からの運営準備の熱意から雲一つない快晴のもと第一試合を迎えることができました。試合開始前の子供達の練習も目を見張る大きな声で入念にアップする姿が周りから驚嘆の目を集める程、気合の入ったものでした。「4試合持つかな?」の外野の声も。
 注目の第一試合は開始3分に先制される嫌なムード。そこは2大会連続で優勝している城山チ-ムはナオヤのヘディングシュートで同点。サトシのゴールで逆転。ハヤトのゴールで点差を広げるところが今年の成長を感じさせた。後半もサトシのシュートから相手DFの足に当るオウンゴール。ダイキの飛出しゴールから得点を重ねる。後半も失点1つ失うも、5‐2と快心の逆転勝ち。
 事実上の決勝戦と見られた2戦目は、城山コーチ陣が応援席側に多数陣取り、檄と声援を送る白熱の戦いとなりました。開始3分にまたもや失点。これまでの城山6年はここから強敵相手に失点を重ねるところですが、逆に猛攻を仕掛け終始押し気味に試合を進めるも前半は0‐1で終わる。後半に入っても一進一退を繰り返しながら残り3分サトシのミドルシュートがゴール左隅に決り同点。コーチ・父兄応援席から大歓声が沸きあがり大いにムードが盛り上がるもその後タイムアップで同点。後半はより押していたので悔やまれる同点になった。続く第3試合はヒカルの先制ゴール。カズマとサトシの追加ゴールで3点。ユウキのダメ押し点で4‐1と貫禄勝ち。
 最後の第4試合は5点差以上で勝てば優勝というプレッシャーの中で、昨日から数えて13試合目となり子供達には疲労と重圧から前半は決め手に欠き0‐0で終了。後半は最後の気力を振り絞って頑張りましたが1失点後サトシのゴール。さらに1失点後にユウキの同点ゴールが精一杯となりそのまま試合終了のホイッスル。惜しくも準優勝となりました。
 本日の4試合を通じて課題であったDFの守備も良く出来ており、そのことにより合計7人の選手がゴールし12得点を挙げることが出来ました。今までは多くても2・3人で4・5得点のパターンがほとんどでしたが、多くの選手が得点出来たことは見ていて楽しめました。
 3ヶ月振りに6年生の試合を指揮して頂いた田中コーチ。本日は、ご指導有難うございました。7人制サッカーに15人の選手を見事に起用しきっての準優勝だと思います。又早朝から準備をして頂いた運営部代表・副代表及び父兄・コーチの皆さま方、本当にお疲れ様でした。応援に駆けつけて頂いた宮本先生、有難うございました。最後に、現5年生には羽根木に預けた宮本杯優勝カップを来年は取戻してもらう事をお願いして筆を置かせて頂きます。
羽根木 1-1
烏森 4-1
山野 2-2
03/12 若林卒業生大会
(若林小学校)
城山A
城山B 4-0 参加6チームによる総当り戦(5人制ミニサッカールール)
優勝:城山A 準優勝:若林B 第五位:城山B

 午前中は城山小学校に於けるお楽しみサッカーを父兄・コーチと共に、大いに楽しみ、サッカーおにぎりを沢山食べ勇躍決戦の場である若林小学校に歩いて乗込みました。チーム分けはAチームにキャプテン・両副キャプテンと正キーパー含む計6人。Bチームは俊足・テクニシャンぞろいの計7人。で挑みました。
 Aチームはキャプテンが最初、おにぎりを食べ過ぎてお腹が痛いと体調不良を訴えていましたが、試合が始まるに連れいつもの様に体に気合が入りゴール・アシストを量産。つられて他のメンバーもグランド狭しと走り回り、息の合ったパスが通るようになり得点を重ねる事が出来ました。又今年から正キーパーを獲得したY君もミニサッカーのゴールエリアルールを良く把握して落着いた判断で相手のシュートをセーブ出来ていた。5試合で1失点は立派であった。試合を重ねるごとにキャプテンの試合開始前のミーティングでゲキが激しくなり、他のメンバーもそれに見事に応え5戦全勝での優勝となりました。
 一方Bチームは初戦でN君が足を負傷し病院に直行しました。経過が心配されます。明日13日と来週の最後戦への参加が可能であればと一刻も早い回復をお祈りします。さて、サッカーは色々なポジションを経験した方が、攻守のバランスが取り易くなりより相手の嫌がる事を理解することから自分のプレーの向上に一役買うと考えられます。今まで頑としてキーパーをやりたくないと断っていたO君が仲間から「ミニサッカーのキーパーはドッチボールの要領と同じだよ!」「そう言えば、O君はドッチボールすごく上手いじゃん!」の一言からキーパーを生まれて初めてやる事になりました。見事2戦目で1-0の勝利にキーパーとして大貢献しました。キャッチングやゴールエリア外への飛出しもなかなか絶妙でしたよ。お母さま方のキーパーO君への声援・歓声はとても大きかったのが印象に残りました。それぞれ1得点ずつしたS君、Y君のプレーも印象に残りました。残念ながら勝ち点3の第5位でしたが、それぞれが楽しく自分の持ち味を出してくれました。
 1年生時代から招待され続けて来た「若林近隣大会」で最後に楽しく優秀な成績で卒業できることになり感謝の念に耐えません。子供達に代わりお礼を申し上げます。又審判に駆けつけて下さった菊地コーチ、本日は有難うございました。全9試合を応援してくださったお母さま方お疲れさまでした。神谷コーチ、船見コーチ、本日もお疲れ様でした。
 さて明日3月13日(日)は6年総仕上げの「宮本杯」です。明日も有終の美を目指して頑張りましょう。
PS: Kコーチへ 今日も本当に優勝できましたよ!
世田谷 1-0
三宿 1-0
若林A 5-1
若林B 2-0
若林卒業生大会
(若林小学校)
城山B
城山A 0-4
若林A 1-0
若林B 0-4
三宿 1-2
世田谷 0-2
02/27 FC 世田谷杯
(桜木中学校)
松ヶ丘 前:1-0
後:2-1
3-1
優勝:城山(勝点4)、準優勝:松丘(勝点3)
 神谷コーチの記憶によると、4年時の若林近隣サッカー以来の優勝とのこと。子供達の反応も「4年の時に優勝したことあった?」でしたが、表彰式後には応援された父兄・コーチと共に優勝トロフィーと賞状を持って記念撮影をして頂き子供達の誇らしげな表情が忘れられない1日となりました。
 さて、試合内容ですが2試合とも相手GKの動きがすばらしく先月までであれば、なかなか得点できないパターンなのですが、キャプテンK君がサイドから絶妙のアシストをゴール前にパスし復帰組のWFが相手DFを鋭い出足で抜出し2ゴールしたり、ゴールキーパーからFWに転身したO君がセンスあるポジショニングから1得点するなど攻撃にバリエーションが出てきた。一方DFはハイボールをたびたび後ろにそらしたり、中途半端なクリアが目立っていたが、相手FWの拙攻とGKの好セーブに救われた場面が目立ち、残り1ヶ月の宿題になりました。
 最後に、毎回熱心に応援に駆けつけてくださる父兄の皆様、本当にご声援有難うございます。又、激励に訪れた渡邊コーチ・大森コーチ有難うございました。お陰様で楽しむサッカーで優勝出来ました。神谷コーチ、船見コーチ、本庄コーチ、新也コーチ本日はお疲れさまでした。
世田谷 前:1-1
後:0-0
1-1
02/26 練習試合
(城山小学校)
若林




02/13 鶴川招待 3位、4位トーナメント
(金井スポーツ広場)
フェニックス 2-2
PK5-4
受験組が復帰して人数の心配もなくなった!と思いきや、流行の風邪のために結局2日間とも13名(13日は前日の試合の怪我のため実質11名)で臨む苦しい戦いだった。
2日間で大量24失点という残念な結果に終わりました。
技術的にはファーストタッチに差があったが、マークの原則と集中力を保っていればA・B・Dのような大量失点は防げたはずである。DFのポジションの曖昧さと相手FWにボールが入ったときに強く当たれないことから招く同じパターンからの失点が多かった。また、立ち上がりの10分間でA・Dでは3点奪われたように集中を欠いていた。自覚的に練習態度がかわらないとこの点についてはかわらない。中学生になるのだからそのことを認識してほしい。
GKとしてスーパーセーブをしたり、大きな声を出して指示を出したり、フィールドでは2得点を挙げたY君、2日間大活躍でした。彼はこの1年間本当に成長したと思う。とてもうれしく思いました。
2日間審判をしてくださった菊池コーチ、子供たちに指導してくださった本庄コーチ、榧根コーチありがとうございました。
五本木 2-8
02/12 鶴川招待 予選リーグ
(鶴川第一小学校
平尾 0-3
TFC 0-6
17多摩 0-5
01/10 烏森 初蹴りフットサル
(烏森小学校体育館)
烏森 2-3 試合は全て9分ハーフ
@は判断が遅く、動きが悪かった。A以降徐々に展開の早さに慣れた。特に、2戦連続したAの後半とBの前半はメンバーを固定して臨んだため、早い展開の中で良い動きができた。
攻撃から守備への切り替えをもっと早くすることと、周りを見てファーストタッチをすることが課題。O君が4点とる大活躍だったが、守備への切り替えももっと早くできるとより良くなるので期待したい。
船見コーチ、指宿コーチ、蒲池さん、車戸さん、お疲れ様でした。おしるこ美味しかったですね。
上目黒 2-3
菅刈 2-3
烏森 3-2
12/25 小柳まむし坂クリスマスカップ
(府中市少年サッカー場)
@小金井東イレブン 1-0 8チーム中6位に終わりました。
町田の大会ではディフェンス面での成長を感じていたので期待していたのですが、全体的に覇気が感じられずマークを外すことが多く、試合内容も残念なものとなってしまいました。
@では全体的にボールを支配しチャンスをつくり出すことができたが、ディフェンスのミスが目立った。
Aでは背が高く中学生レベルの速さを持つ相手FW一人にやられてしまった。特に後半はほとんど相手陣内に押し込んでいてもカウンターから一気にゴール前まで持って行かれ失点を重ねてしまった。シュートチャンスもあり、点差ほどの力の差を感じなかっただけに、体を当てる・入れることがもっとできれば・・・。
Bでは出足が早くスタミナがあり、ワイドに展開する相手に対してなすすべなく完敗でした。
Cでは前半は互角の戦いでGKと1対1になる場面が2度あったが、後半は足が止まり防戦一方になった。
今日の4試合は個々の良い面があまり見られず課題ばかりが目に付く試合でしたが、KN君が持てる力を100%出し切ってドリブルで相手を抜いたりビッグチャンスを3度ほど作り出してくれた点が嬉しく思いました。チャンスを得点に結びつけることができるように基本技術の向上に取り組んでほしいと期待しています。
1日4試合の審判を担当してくださった菊池コーチ、ありがとうございました。遠くまで駆けつけてくださった保護者の皆様ご声援ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
A府中7FC(3位) 1-5
B小柳MSC(2位) 0-5
C5位決定戦(20分ハーフ)
松ヶ谷
0-2
12/12 町田第一サッカースクール大会
(山崎中学校)
町田第一B 0-1 勝ち点3得失点‐7 惜しくも第9位
強豪チーム相手によく頑張り善戦はしたものの、引き分けに持ち込めない点に、基本技術の差が出た。特に優勝した練馬FCはボールコントロール、相手をかわすフェイント、後ろ向きのボールキープから前を向く技術、足をとめないサポートの動きと声、軽快なステップワーク等、全員が高いレベルにあった。別の試合で、タッチライン際で相手が横についていたため練馬DFがボールをタッチライン外に逃げたときに、すかさずGKから「何で相手の足に当てて出さないんだ!」という声が飛んでいた。次元が違う。やはり都大会のレベルだと感心した。城山は声が出てきた点やマークとカバーリングが以前よりよくなっている点が成長している。2日目は頼みの副キャプテンが欠席にもかかわらずD・Eで最小失点差に持ち込むことができたのがその表れだろう。
また、攻撃面では上位チーム相手にも少ないタッチ数でショートパスをつなげてチャンスをつくる場面も見られた。ただ、緩いバックパスがカットされて失点につながったり、いい展開をしても最後のパスやシュートが不正確でチャンスをつぶしたりと、もう少し短いパスが正確にできればもっと楽しいサッカーができるだろうと思う。子供達はこの点を認識してほしいものだ。
安定した守備と突破力を見せてくれたKK君、MFだけでなくGKとしても安定した力を見せてくれたS君等個々成長・良い点も多く見られた。残り3ヶ月間、子供達の力をもっと伸ばしてやりたいと思う。
最後になりましたが、渡辺コーチ、審判・子供達への指導等ありがとうございました。船見コーチ、指宿コーチ、引率の保護者の皆様大変お疲れ様でした。
町田第一A 1-2
KFC 0-2
OSJ 0-2
12/11 町田第一サッカースクール大会
(山崎中学校)
つるま 1-2
練馬SC 0-2
SCJスクール 2-3
FC相模野 3-0
12/05 烏山親善招待試合
二子玉川 1-2 例によって11人ギリギリの、中休み10分の2試合連続(前夜の雨のため予定変更)に、かなりの苦戦を覚悟していたが、2試合目も最後までチャンスを作って負けたくないという意思を感じた。全体としては前日の試合よりも相手のプレッシャーが早いため、パスカットされたり意図のないキックが目立った。その中で、広いグランドを縦横に走り回り悉く相手のチャンスの芽をつぶしていった副キャプテンK君の献身的な動き、久しぶりにFWを担当したNO君の動き出しの早さとKO君の前日に続いての積極的な姿勢など個々成長している点も見られた。卒業まで4ヶ月足らず。基本技術と判断力に重点を置いてより楽しいサッカーができるように指導していきたい。田中コーチ、本庄コーチ、榧根コーチ、子ども達の指導や審判をしていただきありがとうございました。保護者の皆様ご声援ありがとうございました。
烏山 1-2
12/04 練習試合
(芦花高校)
烏森 0-1 最終試合のみ10分、他15分
相手チームは6年生+4年生、城山は10名という変則的なゲーム。やはり立ち上がりの動き、特に攻撃⇒守備の切り替えが遅く@では押し込まれる場面が多かった。
攻撃面では少ないタッチ数で5、6本パスをつなげてゴールに結び付けた場面が2度あり、この点は素晴らしい。ただ全体的にはまだパス選択の判断が遅く相手の足にかかる場面が多い。声が少しずつ出てきた。個人的には、O君が積極的なドリブルシュートを何本も見せてくれたのが嬉しかった。引き続きパス・コントロールの精度、判断の早さ、ボールへのプレッシャーを要求していきたい。
渡辺コーチ、本庄コーチ、子供たちの指導や審判をして下さり誠にありがとうございました。指宿コーチ、4年ぶりの審判お疲れ様でした。船見コーチ、お疲れ様でした。保護者の皆様ご声援ありがとうございました。
2-0
3-0
1-0
0-0
2-1
11/28 練習試合
(豊多摩高校)
浜田山ジュニア 0-0 2本、20分ハーフ、1本15分ハーフ
キャプテンやH君を欠き11人で臨んだフルコート3試合(最近練習試合を組んでも人が集まるか心配で2チーム構成できた2年前を懐かしく思うこと度々)。スタミナが心配されたが、最後まで頑張りました。
最後試合の3点は、試合前に十分な間隔をあけたことにより緊張感を欠き、試合開始後10分間にとられたもの。練習と休憩の切り替えの遅さなど普段の練習態度が出てしまった。この点が改善されれば子ども達は必ず伸びるので継続して子ども達の自覚を促していかなければならないと思いました。
前回の試合の課題である、前を向かせないよう寄せを早くすることについては少しずつ良くなっている。怪我から復帰したK君がルーレットでDFラインを突破して得点を決めたプレーには鳥肌が立った。
良いプレーも少しずつできるようになってきているだけに次は試合開始後10分間の集中を要求していきたい。
最後になりましたが、グランド設営・整備から審判まで手伝ってくださった高橋コーチ、榧根コーチありがとうございました。田中コーチ、船見コーチ、指宿コーチお疲れ様でした。保護者の皆様あたたかいご声援ありがとうございました。
0-0
1-4
11/14 練習試合 0-2 8人制、D20分以外は全て15分
残念ながら全敗でした。怪我などのため当初8名(Bから1名途中参加)しか集まらず苦しい戦いでした。相手チームは春の学年別大会の優勝チームであり、ボールへの寄せの早さ、ボールを奪取した後の展開の早さに優れており、完敗でした。
ただ、完敗の中にも、DFに体を預けながらY君が鋭いドリブルシュートを放ったり(GKのファインセーブで惜しくも得点とはなりませんでしたが素晴らしかった)、小柄なN君がサイドでボールをキープしてからドリブルでDFをかわしてシュートや絶妙なセンタリングを上げたり、これまでDFを担当することの多かったK君が初めてFWを担当し積極的にシュートするという姿勢を見せてくれたり(S君の素晴らしいセンタリングをヘディングシュートしてGKが弾いたところを自ら詰めて押し込み得点もあげました)と、個々良い面も見られました。12月の大会の準備として、体を使ってボールを奪うという点について練習で取り組んでいきたいと思います。
田中コーチ、新也コーチ、榧根コーチ、ご指導・審判等誠にありがとうございました。保護者の皆様ご声援ありがとうございました。
1-2
0-2
0-3
1-3
10/24 秋の公式戦
(二子緑地)
塚戸 0-1 小学校最後の公式戦は、残念ながら初戦敗退という結果に終わりました。試合前、怪我で出場できないK君のためにも勝って2回戦に全員で臨もうとキャプテンが中心になって気合を入れて臨みました。試合は6割方ボールを支配して相手陣内に押し込みましたが、中央に人数を集めて守る相手DFをなかなか崩せず、また、サイドからの攻めもクロスが入らなかったり、入っても中で合わせる人がいなかったりと効果的な攻撃できず、決定機も試合を通じて3度ほどしか作り出すことができませんでした。一方で守備に関しては、声の連携を欠いたことにより自らピンチを招いたこともありましたが、崩される場面はなくよく守っていたと思います。
失点はサイドライン付近からの山なりのボールがGKの頭を越えて入れられたものでした。ゴールを奪う意識の点で相手の方が勝っていたために試合に勝てなかったといえます。
最後まで個々一生懸命戦う姿勢や夏以降に成長している面が見られたので、卒業までの5ヶ月間でどれだけ成長できるか楽しみにしています。
最後に、審判・応援等に駆けつけてくださった菊池コーチ、高橋コーチ、大森コーチ誠にありがとうございました。田中コーチ、本庄コーチ、榧根コーチ子ども達の指導をありがとうございました。保護者の皆様、熱いご声援をありがとうございました。
09/18 練習試合
(城山小学校)
塚戸 0-1 20分4本
区民体育大会に備え、@・BをDF組、A・CをFW組中心に臨んだ。ボールコントロール・キックの点で一枚上手の相手に善戦した。サイドの選手の攻撃参加をテーマに臨んだが、B・Cではオーバーラップも見られ攻撃への積極的な姿勢を見せてくれた。ただ、せっかく後ろから攻撃参加しても声が出ないためにいかせない。声を出すこととコントロール・キックの向上を要求していきたい。最後になりましたが、高橋コーチ、萩森コーチ、榧根コーチ、審判を担当してくださり誠にありがとうございました。
2-1
0-2
2-2
09/11 練習試合
(芦花高校)
若林 0-2 課題である声を出すことについてはまだ足りない。ただ、2試合目に0-2からあきらめない姿勢で逆転したことは評価できる。
個々進歩している面が少しずつではあるが出ている。特に2試合目の後半からはパスをつなげることができたり、マークとカバーが安定してきたように思う。最初からよい状態にもっていけるように声の重要性を益々感じた。
多くのコーチ、特に若手コーチの皆様のお蔭でスムーズに設営・試合運営ができました。子供達の指導や審判を快く引き受けてくださり誠にありがとうございます。保護者の皆様、応援ありがとうございます。卒業までの半年間、試合を出来る限り多く組んでいくつもりですのでご支援よろしくお願いいたします。
3-2
1-0
07/24 練習試合
(二子緑地G)
松ケ丘 2-2 1試合目は、前半2点とったものの後半MFの守備の意識が低くなり、DFとMFの間にスペースができDFがはね返すボールを拾われ押し込まれた。
2試合目は、少ないタッチ数でボールを動かすこと、当たりを強くすること、MFのバランスを意識させた。相手の足がとまったこともあり、一方的に押し込んだ。しかし、ペナルティエリア付近でスピードダウンするため、DFを振り切ってシュートする機会が少なかった。最終ラインを突破するためのスピード(ドリブル、パス、フリーランニング等)ある攻撃のアイディアを子供達から引き出せるようにしたい。
2試合目は個々の良さが出ており、このような試合を多くしていきたいと思う。

酷暑の中ご声援いただいた保護者の皆様ありがとうございました。
2-0
06/26 若林近隣大会
(若林小学校)
若林

8チーム中、城山A:8位、城山B:7位という残念な結果に終わりました。基本技術がまだまだなのは仕方がないとしても、勝とうとする意欲・積極的な姿勢等精神的な部分にムラがありそれが結果に表れてしまったのが残念。Aが優勝チームと互角の内容の試合をしたりBが予選最後の試合になって動きが良くなり勝利したりと、決して他のチームと大きな差があるわけではないのだから、ゲームの最初から最後まであきらめずに闘う姿勢を持ってほしいと思う。そうすれば結果が異なるはず。今回は子供に全てメンバー・ポジションを決めさせて臨んだが、話し合いをする内容もポジションについてに留まっていたようだ。卒業までに、勝つためにはお互いに何をしなければならないか試合の前後に子供が自分達で話し合うようになれるように導いていきたいと思う。
最後になりましたが、大変暑い中審判・子供達の指導をしてくださった菊池コーチ、榧根コーチ誠にありがとうございました。保護者の皆様ご声援ありがとうございました。特に子供達が諦めムードになったときにすかさず励ましの熱い声援を送っていただいたOさんありがとうございます。本来私がすべきところ、恥ずかしい限りでした。反省しました。
06/13 練習試合
芦花高校
山野 6-0 ボール離れが早くなってきた子、周りをよく見て早い判断でカバーリングができた子、運動量多く攻守にわたって声を出してがんばっていた子等個々成長している面が見られました。
しかし、全体としては意図のないパス、意図はあっても不正確なパスが多かった。この点、練習態度が現れていることを子供たちが自覚し、練習時からもっと真剣に集中して取り組んでほしいと思います。田中コーチ、大森コーチ、渡辺コーチ、榧根コーチ、荷物の運搬から子供の指導・審判・グランド整備までご協力いただき誠にありがとうございます。応援に駆けつけてくださった保護者の皆様、ありがとうございます。また、グランド整備お疲れ様でした。
3-0
2-0
05/15 練習試合
烏森小学校
烏森 1-2 11人制 20分ハーフ。
2試合とも先週の学年別大会同様、まだまだ競り合いで相手より先にボールを奪えない事、パスの精度が悪く、せっかく攻めていても攻めきれない事等の課題が残っています。特に高いボールの競り合い、声をかけ合うことがまだまだでした。この試合を最後に転校する仲間のためにも○で送り出したかったのですが○が飾れず残念でした。最後に、審判でお手伝いいただきました渡辺コーチ、大森コーチ、引率および応援に駆けつけていただいた保護者の皆様有り難うございました。
0-3
05/08 学年別大会

(砧総合グラウンド)
烏山北 1-5 残念ながら1−5と大敗してしまいました。しかし、気力・体力ともに相手チームに負けておらず、最後まで戦う姿勢がありありと見て取れました。
取られても最後まであきらめずボールを取り返そうとする姿勢や、試合の最後まで集中しゴールに向い、点を取ろうとこうとする攻めの姿勢など、今までにない子供達の姿を見ることが出来たことは収穫でした。ただ、まだまだパスの精度も悪く、せっかく攻めていても攻めきれず、ちょっとしたミスにより得点を許してしまいました。 子供達も、基本的な練習の積み重ねがとても大事な事を認識してくれたようです。このことが、秋の大会に活かせればと思います。 最後に、お忙しい中保護者の皆様に於かれましては、会場当番・引率および応援ありがとうございました。また、時間をやりくりしてお手伝い頂きましたコーチの皆様、本当にありがとうございました。