Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2005年度 2年生 試合結果
2004年度(1年生)
最終更新:03/27
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/27
若林カップ
(駒沢オリンピック公園第2球技場)
若林 前:1-0
後:4-0
11人制の15分ハーフ、3チームのリーグ戦
3チーム中で2位となりました。立派な人工芝のピッチでプレーできて、子供達はサッカーを楽しむことができたようでした。しかし、試合は、桜町戦の後半に崩れてしまいました。2年生のコートとしてはちょっと広かったこともありましたが、城山は運動量が急に落ちてしまい、強く・速く・うまい桜町のサイド攻撃やパスでの展開など多彩な攻撃に翻弄されてしまいました。プレッシャーが強い相手だと、自由にプレーさせてもらえないことを改めて実感できたはず。2試合を通じて、得点の決定的場面できっちり決めていくことの大切さも再確認させてくれた。日常の練習で自分のプレーのレベルアップを図っていこう。
最後に、引率・応援していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
桜町 前:0-0
後:0-3
02/25 練習試合
(狛江高校)
狛江フォルツア 前:4-0
後:2-0
6-0
8人制。最初の3試合は10分ハーフ。残り3試合は10分1本)
前日の雨の影響で設営に時間がかかったので、後半3試合は10分1本に時間を短縮しました。初戦からボールの寄せを速くして、飛ばし気味だったので、終盤の試合ではさすがにバテ気味。体力面を考えると、結果的に時間を短縮して良かった。一方、相手も試合の経過とともに、メンバーの入れ替えなど態勢を整えてきたので、全勝はできませんでしたが、集中力を維持して、負けずに済んだことは良かった。体力面のアップとチーム全体の底上げを図っていこう。そのためには、日常の練習に対する取り組みが大事。
最後に、引率・応援いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
前:2-1
後:1-0
3-1
前:2-0
後:3-0
5-0
10分1本
2-0
10分1本
1-1
10分1本
0-0
02/18 練習試合
(若林中学校)
若林 前:0-0
後:2-0
2-0
2006年の最初の試合ということもあり、さすがに第1試合の前半はエンジンがかかりませんでしたが、気持ちで負けなかったことで次第にペースをつかみ、昨年末からの連勝記録を更新することができました。相手チームが比較的守備を固めてカウンターで攻めてきたこともあり、攻撃の割に得点が入らず、接戦となりましたが、ドリブル突破や高い位置で相手ボールを奪って前に行く姿勢は良かった。ただ、失点した2点のうちの1点は、ゴール前のこぼれ玉をフリーの相手に決められ、残り1点はコーナーキックからそのままゴールと、いずれも集中していれば防げたものばかり。こうしたミスをなくし、試合終了まで集中力を維持しよう。
最後に、引率・応援して頂いた保護者の皆様、審判して頂いた4年生コーチの皆様、ありがとうございました。
前:2-1
後:2-1
4-2
12/24 練習試合
(松ヶ丘小学校)
松ヶ丘 前:5-0
後:3-0
8-0
連日の試合となりましたが、前日からの5試合で失点がわずか1点と、守備に対する意識が浸透したことがチームとしての収穫。5連勝で今年最後を締めくくることができました。
この日の課題は、立ち上がり後の集中力とフィニッシュの詰め。これに対しては、開始早々に得点できたうえ、コーナーキックからの得点をはじめ、シュートの相手クリアーボールも詰めて決めることが出来ました。第2試合では主力をGKなどに交替させたことで攻撃面でしっくりいかなかったものの、集中力を維持できた。2006年もしっかり練習していこう。
最後に連日、引率や応援して頂いた保護者の皆様、審判して頂いた木村・石川コーチありがとうございました。
前:1-0
後:1-0
2-0
12/23 練習試合
(小柳小学校)
八王子CBXFC 前:0-1
後:3-0
3-1 
11人制の10分ハーフの試合ですが、城山SCは風邪で7人のみとなり、城山との対戦に限り、7人制での試合
風邪で当日を含めて欠席者が続出して7人になってしまいました。相手チームが人数を合わせてくれたことが幸いして3戦全勝することが出来ました。第1試合の前半は、立ち上がりで城山の調子が上がらない中で、相手チームの出足の速さやキック力に圧倒されました。後半からは落ち着きを取り戻し、良く攻め、良く守った。ドリブル突破してのシュートも決まった。課題はキック力と開始後の集中力。修正していこう。
最後に、早朝から遠方まで、引率および応援していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
小柳まむし坂SC 前:1-0
後:0-0
1-0
若葉SC 前:1-0
後:2-0
3-0
12/18 練習試合
(桜小学校)
1-3 (8人制、20分1本=1クール、4クールでの試合)
第1クールは、寒波・突風に加え、砂ぼこりという最悪のコンディションのためか、出足が悪く、精彩を欠いた。寒かったので全員交代してゲームに出させたこともあり、攻守のバランスの悪さや隙をつかれて失点、何も出来ないまま終了した。第2クールからは、本来の力を発揮。1対1の局面で優勢となり、果敢にシュートを狙い、守備も落ち着いて対応できた。
ただ、全体的にドリブルが不十分。相手にプレスをかけられた場面やコーナーキックからの攻撃の甘さなどの課題も出てきたので、練習して修正していこう。
最後に、寒い中、応援および引率して頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。
3-0
1-0
3-1
12/10 若林近隣大会
(若林小学校)
城山B:Aリーグ(5チーム)
 世田谷
 若林A
 太子堂A
 桜町A
 
2位パート決勝
 桜町B

4-0
5-0
2-0
0-2


2-0







城山SCはA、Bの2チームで参加。Aリーグ、Bリーグごとの総当たり戦。各リーグの同順で、順位決定戦。城山Bは総合3位、城山Aは総合9位でした。試合は5人制、10分1本
今回は均等の2チームで臨みましたが、リーグによるチームとの相性や、あと一歩の決定力の差で3位と9位に結果が分かれてしまいました。しかし、城山Aの内容が悪かったわけではなく、ほんのわずかの差で惜敗したにすぎません。途中で主力選手が体調を崩した不運もあったことを考えると頑張ったと思います。ただ、優勝・準優勝した桜町と比べて、若干の球際での差が感じられたので、これを練習で埋めていこう。
試合数が多くて慌しく、終了時刻もずれ込み、底冷えするなかで、熱心に応援頂いた保護者の皆様、審判のご協力を頂いた萩森コーチありがとうございました。
城山A:Bリーグ(6チーム)
 太子堂B
 若林C
 若林B
 桜町B
 桜町C
5位パート決勝
 若林A

4-0
0-1
0-1
1-2
1-2

8-0







11/23 第5回多摩川流域サッカー大会
(世田谷区立総合運動場)
FC SEISEKI(多摩市) 前:4-2
後:4-1
8-3
この大会は、多摩川流域自治体15地域の32チームが参加して、第1ー4コートに分かれ、各コートでトーナメント戦を行う。城山SCは第4コート(8人制、10分ハーフの試合)。
この大会では、馴染みのない世田谷区以外のチームと対戦できてしかも強豪揃いとあって有意義なものとなりました。子供達も最高の環境で、大きな大会に臨め、サッカーも十分に楽しめたようです。試合結果は、初戦が快勝、準決勝は完敗。敗れた相手チームは、ボールの寄せが速くて強く、キックやドリブルなどの個人技、チーム力ともに一枚も二枚も上でした。第4コートの決勝戦でも圧勝しており、実力的にも全参加チームでトップクラスでした。この経験を通常練習に反映させて個人技、チームのレベルアップを図っていこう。
最後になりましたが、保護者の皆様、引率および応援ありがとうございました。
中野島FC(川崎市) 前:0-4
後」1-2
1-6
11/05 練習試合
(塚戸小学校)
塚戸 前:1-1
後:2-0
3-1
第1試合では、出だしは、相手が秋の大会で勝ちあがっているだけに勢いに押され、開始4分にゴールキックを相手にカットされて失点。しかし、それで目が覚めたのか、キーパーの好セーブなど守備をしっかりやって良いリズムとなり、前半の終了前に同点。後半は従来の強い寄せで相手にプレッシャーをかけて、ドリブル突破で逆転、追加点と良い内容だった。
ただ、それで満足してしまったのか、昼食後で同じ相手のためか、第2試合は全体的に精彩を欠き、気持ちでも相手に負けていた。キーパーやFWなどポジションを代えてみたこともありましたが、集中力を2試合持続させることの難しさも経験できました。
最後になりましたが、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。審判をしていただいた3年生コーチの皆様、お疲れ様でした。
前:0-1
後:0-2
0-3
10/08 秋の学年別大会
(松丘小学校)
砧南 前:4-0
後:5-0
9-0
1回戦の砧南戦は、出足が良く、高い位置で相手ボールを奪ってシュートを打った。守備に対する意識も強く、日頃の練習成果が出た試合でした。集中力も最後まで持続できた。
2回戦の麻生A戦は、初戦で春季大会準優勝のバディAに勝ったチームだけに、前半の開始から相手の勢いに押されました。それでもしっかり守り、キーパーの好セーブもあって相手に得点を与えなかった。1対1でも負けていなかったが、攻撃面が不十分。ドリブル、キック力(シュート力)が劣っていたという印象。また、PK戦では1人も決められなかったので、これと合わせて今後の練習課題と言えます。
最後に、応援および引率して下さった保護者の皆様、審判にご協力頂いた萩森コーチ、ありがとうございました。
麻生A 前:0-0
後:0-0
0-0
PK(0-3)
09/04 練習試合
(南大谷中学校)
南大谷キャッツ 前:4-0
後:1-0
5-0
秋の世田谷大会を控えているので、ボールを奪いに行く姿勢、1対1の局面で競り負けしない、ことをテーマに臨みました。
第1試合では、ボールを高い位置で奪い、シュートまで持っていくという基本形ができていた。相手のオウンゴールもあり、4点を先取。ただ、後半はバテ気味で、集中力も欠き、相手にカウンターで攻められる場面が何度もあり、課題となった。
第2試合では、相手がゴール前で守備を固めたこともあって、なかなか得点できなかったが、フリーキックで先制。その後はボールをサイドに散らしたり、こぼれ玉を拾ってシュートして得点に結びつけるなど工夫がみられた。守備も最初の試合とは違って、集中力を維持できました。
今回の試合で、ひと回り成長した選手も出ており、秋の大会に向けて大きな収穫となりました。
最後に審判して頂いた3年生のコーチ、応援・引率して下さったご父兄の皆様、ありがとうございました。
前:2-0
後:2-0
4-0
07/16 練習試合
フットサル
(中目黒公園)
大岡山A 前:1-0
後:1-0
2-0
フットサル形式での試合は、昨年暮れのクリスマスカップ以来となり、新鮮な気持ちで臨みました。2年生の課題にしているボールを取りにいく姿勢を前面に出して、果敢にシュートを狙っていき、収穫の多い内容でした。
大岡山戦では、1対1の状況でおおむね勝っており、相手ボールをカットするなど、ボールを奪う姿勢も良かった。ただ、相手キーパーの好セーブに加えて、フィニッシュの精度が低いことが課題で、試合内容ほどには得点できなかった。2試合目にやや集中力を落とす場面もありましたが、ゴールを狙う姿勢は持続できました。
やはた戦では、相手が強豪であるにもかかわらず、A、Bとも先取点を取り、前半はやや優位に展開しました。1対1の状況でも負けていませんでした。Aチームはオウンゴール、Bチームはややバランスを欠いたところに相手の好シュートで点差がつきましたが、ともに健闘しました。
最後に暑いなか、応援いただいたご父兄の皆様、引率のお母さん方、審判をしていただいた石川コーチ、本当にありがとうございました。
大岡山B 前:2-1
後:1-0
3-1
大岡山C 前:1-0
後:0-0
1-0
大岡山A 前:1-1:後:0-0
1-1
やはたA 前:2-0
後:0-3
2-3
やはたB 前:1-1
後:1-4
2-5
06/11 練習試合
(城山)
若林 1-2 15分ハーフ(第三試合 15分1本)
自由にやってもらいましたが、本番になると頑張る子がいますし、逆の子もいます、
場数を踏めば多いに期待できる学年で、今後が楽しみです。
2-0
0-1
04/29 春の学年別大会
(砧公園小サッカー場)
竹の子B 前:2-0
後:2-0
4-0
2年生にとって最初の公式戦で初戦を飾ることができましたが、2回戦で敗れてしまいました。試合は15分ハーフの11人制。
試合展開(vs 竹の子B戦):
出足が良く、試合開始早々に1点を先取。その後もボールを積極的に取りにいっており、押し気味に展開して、13分過ぎに加点して前半終了。後半開始後は、相手チームの立て直しもあって守勢に。ピンチの時間帯を凌いで、後半12、13分に得点しました。
試合展開(vs えいあんじ戦):
相手の勢いに飲まれて、開始後1分に失点。その後も、ドリブル突破力のある相手選手に攻められるが、キーパーの好セーブで凌いだ。それでリズムに乗って攻勢に出たが、攻めきれず、逆に前半終了前に失点。後半は守りを固める一方で、攻勢に出るも、結局1点も取れずに力負けした。ドリブル、スピード、キック力など基本的な部分で差が出ており、これを日常の練習で着実に埋めていくしかない。最後に、暑い中、応援および引率に来ていただいたご父兄やお母様方、ありがとうございました。また、審判にご協力いただいた木村コーチ、審判およびご指導いただいた菊池、石川、斉藤各コーチ、お疲れ様でした。
えいあんじ 前:0-2
後:0-1
0-3