Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2005年度 5年生 試合結果
最終更新:03/21
2001年度(1年生)
2002年度(2年生)
2003年度(3年生
2004年度(4年生


     
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/21
練習試合
(八王子市立陶鎔小学校)
陶鎔元八 FC 0-4 (11人制20分ハーフでの試合)
今日はコミュニケーションとはなんでしょう?と選手一人一人に考えてもらいたいと思いました。声の掛け合い、仲間を助ける声を出したり、と。
今一人一人何が必要か?チームで何が必要か?自分で考えてみる事がとっても大切だと思いました。(間野コーチ)ゲームは一人でやっている訳ではありません。フィールドには10人の仲間がいます。それだけではありません。ベンチには、応援している控えの選手・コーチが、周りにはどんな時でも見守ってくれる人達がいます。一人で出来なくても、協力し合えば(頼り合うのではありません)出来ることがたくさんあります。不可能を可能にする事もあります。そして協力し合う事の基本になるのが、コミュニケーションです。自分の考えを伝えなければ、他の人には解りません。ゲーム中、もっともっとたくさん伝え合って下さい。今、最も大切な事です。(大森)
最後になりましたが、遠い所、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。コーチの皆様、お疲れ様でした。
FC VIGORE 2-2
03/19 新人戦
(砧公園少年サッカー場)
用賀 前:0-0
後:1-0
1-0
(全て11人制20分ハーフでの試合)
今日は久しぶりの公式戦。練習、練習試合での課題や目標の成果を発揮するチャンスでした。
練習試合とは違う公式戦の雰囲気に、選手達は気合いも入っていたように感じられ、そして立ち上がりから一人一人のプレーにしっかりとした目的や意図が見られ、自分達のサッカーができていたと思います。
しかし、点を決めなければいけない所で決められない決定力の弱さが露呈した二試合でした。
課題は次から次へと出てきます。一つの課題を克服し、その次の課題をクリアして、どんどん成長していくのだと思います。一人一人が常に課題、目標にチャレンジする気持ちを持ち続け、試合で自分の力を100%発揮できれば、春は明るいなぁと思いました。(間野コーチ)
今日の試合は、良い面と悪い面が両方出たものになりました。2試合目の後半を除けばボール支配率が高く、優位にゲームを進めることができました。この事は、練習や練習試合で課題にしてきた事なので大変評価できるものです。
ただ次の課題は点を取る事です。さすがに、代表戦ともなるとゴール前を簡単に開けてはくれません。ではどうやったらシュートが打てるのか、その為には何をしたら良いのか?
個人で・グループでディフェンスを突破するには・・・。ドリブルで・壁パスで・オーバーラップを仕掛けたら・スイッチしたら・ディフェンスの裏に一気に・センタリングでニアに・ファーで・・・。
サッカーで一番面白いことかもしれません。選手同士コミュニケーションを取りながら、自分アイデアにチャレンジし続けましょう。
さて、2試合目の後半はどうしちゃたのでしょう。ボールを持った選手にお任せ状態になってしまいました。1人で11人に戦いを仕掛けてもまず勝てません。ボールを持った選手を孤立させない事がチームプレーの第一歩です。
(大森)
最後になりましたが、保護者の皆様、コーチの皆様、引率・応援ありがとうございました。また、レフリー、お疲れ様でした。
明正 前:0-1
後:0-0
0-1
03/12 練習試合
(中目黒公園)
大岡山 1-1 11人制20分ハーフ
今日は試合に望む姿勢(集中力、コーチの話を聞く態度等) があまり良くなく、やはり一試合目は落ち着かなく、自分達のサッカーができませんでした。
『声の掛け合い。ボールを持っていない選手のボールのもらい方。呼び込む力。チャレンジする気持ち。慌ててしまいプレーが雑になる』等がよく目立ちました。
二試合目はある程度前述で述べた事に改善が見られ、選手も理解し、楽しんでプレーしていました。公式戦になれば一発勝負。これらの事は言い訳になりません。選手一人一人が試合に対する考えをしっかり持ち、試合を楽しむ気持ちを常に持っていて欲しいです。(間野コーチ)
今日の試合は、簡単なミスが目立ちました。その半分位は、立ち止まってプレーしようとしたり、ボールのコースに体を持って行っていない為に、足だけ出していた為のものです。
後の半分は、選手同士のコミュニケーション不足によるもの(カバーが多すぎたり足り無かったり、パスが受け手の動きと逆になったり、・・・)
もう少しがんばれば、本当に良くなるのに残念です。自分の頭の中は、自分以外の人には分かりません。声で、態度で伝えなければ、何をして欲しいのか理解してもらえません。その事を理解して下さい。(大森)
最後になりましたが、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、お疲れ様でした。
1-0
03/05 町田チャレンジカップ フレンドリーマッチ
(成瀬台小学校)
南大谷 3-0 今日はみんな試合に望む準備もしっかりできていて、試合では自分の力を100%発揮できたのが、今日の結果に繋がったのだと思います。
繋ぐ意識も見え、しっかり崩す場面も何回か見れました。あとは簡単なミスを減らし、チームみんなで盛り上げていけるようになってほしいです。(間野コーチ)
試合の前に、選手に伝えてきた事で今も変わらない事が、3つあります。思い出せますか?
1.元気にプレーしよう(みんなで声を掛け合って盛り上げよう)
2.練習した事や考えたプレーにチャレンジしよう(ミスを恐れない)
3.最後まであきらめない(レフリーの笛が鳴るまでプレーする)
サッカーのゲームは、どのレベルでもミスだらけです。ただレベルが高くなる程、ミスの幅が小さくなり、修正が上手くなります。
では、試合でどのようにしたらミスの幅が小さくなり、修正が上手くなるのか?
それは、どれだけ丁寧に練習したか、つまり、技術の向上を目指して、真剣に練習する事でしかミスは減りません。1つ1つの練習を、自分が納得できる真剣さで練習しましょう。そして、試合ではミスを恐れない大胆なプレーでゲームを楽しんで下さい。それが観ている人を魅了します。プレーしている選手が楽しんでくれないと、観戦している方は楽しくありません。よろしくお願いします。(今日のゲームは、なかなか面白かったですよ)
(大森)
最後になりましたが、保護者の皆様、送迎・引率・応援ありがとうございました。また、石川コーチ、お手伝いありがとうございました。
TFC
(鶴川FC)
5-0
02/18 チャレンジカップ第3節(金井スポーツ広場) 相原 1-1 久しぶりに、最初から自分たちのペースで試合をしましたが、今度はジリ貧状態になってしまいました。
でもこの方が実力(弱点)が分かるので、今の時期は練習になります。
相手チームと比べて、現在一番出来ない事は、戦術的に局面打開が出来ない事です。
自分たちのボールの時、フォローが無い/少ない、遅れる、その時に相手がプレシャーを掛けて来た。
そんな場面で、無理をしてパスを出して不正確になる、相手に読まれてカットされる。
周りからの指示の声も少ないので、その局面が解らないままプレーしている場面が多かった、というのが印象です。自分でボールをもった時は積極的にプレーしているのに、仲間に対して指示する選手が少ないのが現状です。
サッカーはチームプレーです。勿論、自分が積極的にプレーする事が前提ですが、1人で11人を相手にしても勝てません。では、チームプレーはどのようにするか?その前提は、コミュニケーションです。試合中にもっと声を掛け合うことからチームプレーは始まります。
次の試合では、選手の声で一杯にして欲しいです。これからもたくさん試合がありますので、大会に向けて、良い準備をいたしましょう。
最後になりましたが、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、お疲れさまでした。
成瀬 0-4
02/05 チャレンジカップ第2節
(鶴川第一小学校)
TFC
(鶴川FC)
1-3 11人制20分ハーフでの試合
昨日・今日と寒い中プラス早朝という子供達の苦手とする条件の中、やはり全体的にエンジンがかかるのが遅く、前半は集中力、元気がありませんでした。やっと元気が出てくるのは後半最後のほうでした。
これはチーム全体の課題であり、試合への準備という意味ではコーチ達の課題でもあります。
プレーについては、今までの課題である『つなぐ事』は子供達一人一人が少しずつ理解してきて、成長が見えました。
次の課題は、ボールを受ける選手のもらい方。ただ呼ぶのではなく、自分にボールを『呼び込む』事。常に自信とチャレンジ精神を持ってプレーしてもらいたいと思いました。
最後になりましたが、保護者の皆様、送迎・引率・応援ありがとうございました。また、コーチの皆様、お疲れさまでした。(間野コーチ)
南大谷
(フレンドリー)
3-0
02/04 チャレンジカップ第1節
(上の原グランド)
南大谷 2-0
奈良 1-1
奈良
(フレンドリー)
0-3
01/08 練習試合
(桜木中学校)
桜ヶ丘 前:0-2
後:2-2
2-4
11人制20分ハーフ,3試合目は15分ハーフ
5年生、今年最初の試合です。
今日は立ち上がりは全体的に元気がなく、声もなく、簡単なミスから点を取られるなど集中力に欠けていました。
今の課題であるDFラインからのつなぎができてくるにつれ、少しずつ本来の彼らのプレーに戻っていった気がします。一人一人が一つ一つのプレーをしっかり考えて、目的を持ち、自信を持ってプレーする気持ちを忘れないでほしいです。最後になりましたが、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。また、石川コーチ・田中コーチお手伝い、ありがとうございました。
(間野コーチ)
前:2-1
後:1-0
3-1
前:0-2
後:2-0
2-2
12/23 練習試合
(八王子市立陶鎔小学校)
陶鎔元八FC
1-0 今年最後の試合で、初めての八王子での試合でした。両チーム共、個人の技術・戦術共に城山より優れていて、良い試合相手となりました。
今学期練習してきた「つなぐ」を1試合目の1点で出来たことは素晴らしかったと思います。ただ、試合内容は、相手に押され続けでなかなかペースが取れません。今後の課題は、やはり1人1人の技術と、それを使う個人戦術の向上にあります。もっとミスを減らさないと、チーム力が向上しません。来年も、がんばって練習しましょう。(大森)強いチームに対して始めから萎縮してしまい、心もプレーも弱気に感じました。チャレンジする気持ちを常に持ち、自分が何をしたいかをしっかりアピールできるように。シュートの本数も少なく、もっともっとゴールを意識し、勇気を持ってつないだり、積極的に声を出したりと、チャレンジする気持ちを忘れないで欲しいです。(間野コーチ)
3試合目の試合中に、味方同士がお互いの死角から衝突し、1人が怪我をいたしました。T君へ:怪我を治すのも練習の内です。がんばって下さい。みんな応援しています。1日も早い復帰を心から祈っています。最後になりましたが、遠い所、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。コーチの皆様、お疲れ様でした。また、本年も大変お世話になりありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。
杉野 2-1
陶鎔元八FC
0-0
11/26 練習試合
(城山小学校)
塚戸






10/29 南大谷カップフレンドリーマッチ
(町田市野津田公園上の原グランド)
つくし野 0-1 新人戦に出場した5人欠いた中、選手達は自分が新しくやるポジションにも積極的にチャレンジしていました。
ただこういう機会にもっともっと自分をアピールして欲しかったなと思います。
相手が6年生チームという事もあり課題もたくさんありましたが、次に向けて良い経験になったと思います。
これからの課題は、
次プレーを考える/ファーストタッチ/シュートの正確性
を重点にしたいと思います。(間野コーチ)
最後になりましたが、保護者の皆様、コーチの皆様、会場当番・引率・応援ありがとうございました。
町ロク 2-1
10/29 秋の新人戦
(世田谷区総合運動場)
桜町 0-5 センタ(GKからFWまで5人)を5年生・サイドを4年生で、
5年生にはリーダーシップを発揮してプレーする事、
4年生には上の学年相手であっても弱気にならずに立ち向かう事、
を課題に試合に臨みました。
点は開きましたが、皆がんばっていたと思います。
ゲームを観て思った事は、
5年生は突破力を付けること、
4年生はプレーのスピード(判断を含めた)を付けること、
が一番必要だと感じました。
これからの練習で身に付けていって下さい。(大森)
10/22 練習試合
(町田市野津田公園サブグランド)
南大谷キャッツ 2-0 素晴らしいプレーもあるのですが、漫然とやっているプレーも多く見かけます。
20分ハーフ(計40分)は集中し続けるには結構長い時間です。
ゲームの時、集中を切らさず自分の持っている力を100%出し続ける事が、今は一番大切で、後の事はまだ考える必要はありません。チャレンジし続けましょう!。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。コーチの皆様、お疲れ様でした。
3-0
(15分1本)
3-0
10/08 練習試合
(塚戸小学校)
塚戸 2-1 11人制20分ハーフでの試合
来年に向けての第1歩目の試合でした。
第一試合の2点は共に前半の得点で、1点目は、右サイドへのスルーパスからダイレクトでグランダーのセンタリングを、そのままダイレクトにシュートしたもので、崩しから得点までが素晴らしいスピードでの展開でした。2点目はキーパーの位置を見てのループシュートでした。
得点は素晴らしかったのですが、ボールを奪った後、各自がもっとしっかりキープし繋げる事ができないと上位に行っても勝てませんし、安定した試合展開ができません。もっともっと練習して個人レベルを上げ、ボールを簡単に取られないように、また、ミスを少なくしましょう。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。コーチの皆様、お疲れ様でした。
2-3
10/02 秋季学年別大会1回戦
(二子緑地)
バディ 前:0-0
後:0-1
0-1
試合展開:
前半はやや守勢ながらも、五分の展開でシュートがバーを叩く不運もあり0対0で終了。
後半は相手の攻撃が厳しくなり、10分頃クリアボールをペナルティエリアの外で拾われてのミドルシュートを決められた。その後は、中盤を厳しくプレスされ終了となった。
春の大会とは逆の結果となりましたが,実力は発揮できた内容だったと思います。勿論相手は、都大会常連チームで強豪ですが、気持ちでは決して臆することなく五分の戦いが出来ています。ただ、気持ちだけでは勝てないので、これからの練習が大切になってきます。新たな目標は、春の全日本と6年生大会です。これを目指してがんばっていきましょう。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、コーチの皆様、たくさんの応援ありがとうございました。また、引率・審判等ご協力ありがとうございました。
掲載が遅くなり申し訳ありません。
09/04 練習試合
(南大谷中学校)
南大谷キャッツ 7-0 9/4のvs南大谷戦 3本目は20分1本それ以外は11人制20分ハーフ。
どんなゲームでも、積極的に失敗を恐れずに1つ1つのプレーを集中して行えば、どんどん上手くなります。
そして、チームでゲームをしている事も忘れないで下さい。
学年別の試合が間近にありますが、いつも全力で出来るように準備をしましょう。
最後になりましたが、お忙しい中暑い中、保護者の皆様、送迎・引率・応援ありがとうございました。コーチの皆様、お疲れ様でした。
0-1
3-0
08/27 練習試合
(合宿:リゾートイン愛グラウンド)
小金井4FC 0-2
0-0
07/17 練習試合
(二子緑地)
山野 3-0 蒸し暑く、すっきりしないコンディションの中、試合もあまりすきっとしないゲームとなってしまいました。
早く暑さに慣れて、内容の詰まったゲームをしましょう。
最後になりましたが、お忙しい中暑い中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。コーチの皆様、お疲れ様でした。
1-1
07/09 若林近隣大会
城山A
(若林小学校)


1位パート決勝
桜町B
若林A
三宿B
世田谷


城山B
2-1
0-4
2-1
6-0


2-1





城山A:優勝 城山B:準優勝 城山C:4位

予選Bリーグで城山Bと城山Cは、同率1位(勝点/直接対戦成績/得失点差/総得点が全て同じ)でしたので、ジャンケンで1位を決めました。
今回は、チームのバランスを取るのに合宿の班編成(6班を3班に合併)してチーム分けしてみました。
競技する楽しみが解ってきた為か、どの試合も一生懸命にプレーしていたようです。
城山Cチームは、今回運が良く無かったようで、PK負け以外に負けは無かったものの、結果は4位で残念でした。勝負は非情なのでこれにめげずにがんばって下さい。
夏休みがやって参ります。事故に注意して、普段出来ない自分のやりたい事を見つけて楽しい夏休みを過ごして下さい。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。コーチの皆様、お疲れ様でした。
若林近隣大会
城山B
(若林小学校)


1位パート決勝
城山C
若林B
三宿A
桜町A


城山A
0-0
1-1
2-1
2-1


1-2






若林近隣大会
城山C
(若林小学校)


2位パート決勝
城山B
三宿A
若林B
桜町


三宿B
0-0
2-1
2-1
1-1


1-1(PK2-3)






06/26
小柳まむし坂招待
(小柳小学校)
小金井3K 1-1 点を取られたゲームはありましたが、守備(バックも良くなりましたが、バックの人だけではありません)については良かったと思います。結果を見ても解る様に点が取れていません。
相手も守備になった時、プレッシャーをかけてきます。その中でもしっかりとした技術がないとミスが多くなり、ボールを奪われてしまいます。それを怖がってただクリアするだけでは、攻撃に移れません。
この夏休みは選手一人一人が個人の技術を向上させる良い機会だと思いますので、毎日練習して合宿でその成果を是非見せて下さい。
最後になりましたが、お忙しい中暑い中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。コーチの皆様、お疲れ様でした。
FC平尾 0-4
小柳まむし坂 0-0
06/25 練習試合
(桜町小学校)
桜町 1-0
0-3
06/11 練習試合
(祖師谷小学校)
烏山 0-0 前・後半総入替、組合せバラバラ、ポジションも総変更の2試合でしたが、何とか出来ました。当然得意・不得意や希望している・していないはありますが、いろいろなポジションをある程度出来る様になったことは素晴らしい事だと思います。
レベル差はありますが、選手1人1人が一生懸命やってきた結果で、是非これからも自信を持って努力し続けて下さい。努力は選手を裏切りません。
ただ、今回の試合でコーチが足りなかったと感じたものは、選手間のコミュニケーションです。試合中、声を出し続けましょう。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。コーチの皆様、お疲れ様でした。
祖師谷 0-0
05/14 春季学年別大会準決勝
(二子緑地)
武蔵丘 0-1 この結果、春季学年別大会5年生大会は4位となりました。
選手の皆様、おめでとうございます。
試合展開:
準決勝
出足が相変わらず悪く、途中から5分5分のペースで推移し、何回かあったチャンスに得点出来ずに前半は無得点で終了した。
後半開始早々、先取点を入れられ、そのまま時間が過ぎてタイムアップとなった。
3位決定戦
フォーメーションをいじった為、試合のペースを握られ、ピンチの連続となり、2得点を許し前半を終了した。
後半は、慣れてきた為5分5分のペースとなったが無得点で終了した。
前回の試合で、今まで見てきた中での最高のパフォーマンスを見てしまった為、どうしてもその試合と比べてしまうので、物足りなさを感じた2試合でした。
今大会の目標は、ベスト4をかけてバディと試合をすることでしたが、その目標をクリアした為に、ちょっと燃え尽き気味だったかもしれません。
これは、コーチにも当てはまり、反省をしています。これを教訓に、次回は、もっと高い目標にチャレンジし続けたいと思います。
今大会は、初めてベスト4になり、自分達の力がどの程度かを知る良い機会となりました。また、ベンチにいた控えの選手も精一杯の応援をして、11人の選手と1つの気持ちで戦えたのが、最高の収穫だったと思います。
まだ、1試合目の出足の悪さが目立っていますが、これからも一生懸命練習していけば、素晴らしいチームなると思いますので、これからもご声援をお願いいたします。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様の引率・応援、またコーチの皆様のお手伝い・応援、ありがとうございました。
春季学年別大会3位決定戦
(二子緑地)
桜町 0-2
05/04 学年別大会3回戦
(二子緑地)
駒沢 2-0 3回戦
相変わらず1試合目の最初はまだ寝ているのか動きも緩慢でバタバタ状態だったが、徐々に良くなったものの前半は無得点で終了した。
後半は自分たちのペースで押し気味で推移し、先取点・追加点を入れて試合を決めた。
準々決勝
試合のペースは、握られているものの集中を切らさずしっかりと守備をして、早いカウンターで2回チャンスがあったものの得点できずに、前半は無得点で終了した。
後半もしっかりと守備をして、7分過ぎにカウンターの後のミドルシュートを決めて先取点。その後も最後まで集中を切らさず試合をして勝利を決めた。
3回戦の試合開始直後から10分位まではどうなるかと思いましたが、その後は、まあ安定してゲームが出来ました。
準々決勝は、選手の集中が素晴らしく(今まで見た事が無い?)守備の意識をしっかり持ち続け、そして常に反撃の意識を持ち続けられたのが勝因だったと思います。
選手の皆様、おめでとうございます。本当に素晴らしい試合でした。これからもこのような試合をし続けて下さい。フェアプレーは、自分達の力を100%試合で出し切る事から始まります。
この後は14日に準決勝・決勝が予定されていますので、体調に十分注意をして、当日は自分達の力を100%出し切れるようにしましょう。
また、本日注意した事を、選手自身の責任で必ず実行して下さい。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様の引率・応援、またコーチの皆様のお手伝い・応援、ありがとうございました。
学年別大会準々決勝
(二子緑地)
バディ 1-0
05/01 学年別大会2回戦
(二子緑地)
桜ヶ丘A 3-0 試合展開:
前半は押され気味で推移し、10分過ぎに味方ペナルティエリア内で相手を倒し、PKのピンチ。キックをキーパが弾くものの相手の寄せが早くピンチの連続だったがどうにか凌ぐ。その後相手のシュートがポストに当たるツキもあり前半は同点で終了。
後半は押し気味で推移し、7分頃先制。12分頃コーナーキックをGKが触れたもののそのまま決め追加点。17分ごろ浮いたボールを頭で押し込こんだ。
前半は、風下と相手の早く厳しいプレッシャーに戸惑ってややバタバタになり掛け、ハラハラ・ドキドキの連続でしたが、何とか踏みとどまったのが大きかったと思います。よくがんばりました。
後半は、風上や相手の運動量が落ちたこともあって、自分達のペースで試合ができ、しっかりと得点できました。
選手の皆様、おめでとうございます、2回戦突破です。この後は4日に3回戦・準々決勝が予定されていますので、体調に十分注意をして、当日は自分達の力を100%出し切れるようにしましょう。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様の引率・応援、またコーチの皆様のお手伝い・応援、ありがとうございました。
04/24 練習試合
(松沢中学校)
竹の子 3-3 爽やかな天候に恵まれ、気持ちよくゲームが出来ました。試合前に「今日の試合は公式戦だと思ってやろう」を課題に行いましたが、そのとおりみんな最後まで全力で出来きました。
一人一人の出場時間は少なかったとは思いますが、自分で納得できる内容だったと思います。2回戦まで後1週間です。体調に注意して、元気に試合を迎えましょう。
保護者の皆様のたくさんの応援・引率、コーチの皆さんのお手伝い、どうもありがとうございました。
2-2
04/16
春の学年別大会 1回戦 瀬田 3-1 前半開始から押し気味で推移し、10分過ぎに先制。その後も押し気味だったが、カウンターからロングシュートを決められ前半は1対1で終了。
後半も押し気味だったが得点できず、逆に10分過ぎに味方ペナルティエリア内で相手を倒し、PKのピンチ。キックがゴールをはずれ、それをきっかけに2得点し勝負を決めた。
待ちに待った公式戦だったので、選手だけでなくコーチまで余裕の無かった試合でした。
実力を発揮し易いように配慮しなければならなかったのに、それが出来なかったのはコーチの責任であり、反省をしてしまいました。
幸いにも勝って次の試合が出来ますので、次からは実力が十分発揮出来るように選手をサポートしたいと思います。
最後になりましたが、お忙しい中、保護者の皆様、引率・応援ありがとうございました。