Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2006年度 2年生 試合結果
2005年度(1年生)
最終更新:03/31
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/31 若林カップ
(筑波大付駒場グランド)
若林 前:1-0
後:2-0
3-0
2年生最後の試合となりましたが、第一試合はこの一年間で最も素晴らしいゲームをすることができました。CB・FWをそれぞれ2名ずつ決め、ポジショニングを少しずつ意識して試合に臨みましたが、ボールに対する出足も良く、ドリブル・パス・シュートを顔をしっかり上げて、スペースを有効に生かしてビックリするようなプレーも随所に見られました。しかし、残念ながら2試合目押し気味で試合を進めているものの、1試合目で出来ていたことが、ちょっと頭から消えてしまったようで、単純な攻撃に終始し得点を上げることができずに、逆にカウンターでボールに意識が集中したところで得点を許してしまいました。
しかし、子供たちはこの1年間で皆成長し、一段とサッカーが好きになってくれました。3年生になると少々頭を使いながらプレーをしていかなければなりません。もっともっと日頃からボールに触って、意識を高めてもらいたいと思います。
今日でこの1年間で67試合を行いました。ご支援いただいたご父兄の皆さま本当にありがとうございました。また来年度もよろしくお願いいたします。
⇒結果は3チーム中2位でした
松原 前:0-2
後:0-0
0-2
3/24 東京都サッカーフェスティバル (駒沢補助G) 梅田SC 前:0-1
後:0-2
0-3
8人制 7分ハーフ、結果 1勝2敗
人工芝の素晴らしい環境で「楽しくサッカーをしてこよう!!」と送り出しましたが、最初は全く足が動かず、ボールを見てしまう子が多かったです。2試合目から相手よりボールに触ることが出来始め、3試合目はミドルシュートで得点して、勝利をあげることが出来ました。ただ、1対1の弱さ、諦めが早いこと、ボールキープに自信がないため、顔が上がらず周りを見れないこと等々課題も沢山感じました。まぁ人工芝でみんな楽しめたのでヨシとするかぁ〜。。。
応援いただいたご父兄の皆さま、ありがとうございました。
バリオーレ日の出 前:0-1
後:0-1
0-2
館町SC 前:0-0
後:1-0
1-0
03/04 練習試合
(狛江高校)
狛江フォルツア 前:0-0
後:2-1
2-1
8人制15分ハーフ
昨日の練習の際に、今日の練習試合を想定したゲームを行いました。
1.敵のいないスペースを捜して、そこで見方のパスをもらおう。
2.敵にやられては一番いけない事(シュートを打たせない)に気を付けよう=自陣ゴール前で敵をフリーにさせないそれを今日の練習試合前&中でも徹底したのですが、上記のことを理解できている子供と、試合前は理解できていても、いざ試合に望むと忘れてしまう子供の差が出ました。昨日の練習リーグでもそうでしたが、子供たち自身は自分が出来なかった事を理解していました。今後、技術が向上するにしたがい、戦術的な事は問題なく処理出来るようになるでしょう。
そして今日も炎天下の中、日陰の無い所で長時間応援してくださった父兄の皆さま、そして引率をして頂いた皆さま、どうもありがとうございました。
前:0-1
後:0-2
0-3
前:0-0
後:0-1
0-1
0-0
03/03 練習リーグ
(松原小学校)
赤堤 前:0-2
後:1-1
1-3
先月からテーマにしている「仲間がボールを持ったとき(攻めている時)は空いているスペースを捜そう」、「敵にボールを持たれたときは周囲を見渡してフリーの敵をつくらないようにしよう」をテーマに試合に臨みました。
まだまだボールだけに集中してしまって、ドリブルする仲間の後(ボール)を追ってしまったり、自陣のゴール前で何人かの敵をフリーにしてしまう場面がありました。結果的にはオウンゴールでの2失点でしたが、ゲーム内容としてはまだまだの内容でした。
子供たちは理解は出来ているのですが、なかなか実行できない自分の技量を感じていたと思います。今後、ボールのキープ力、及びパス&トラップの技術力が高まれば、きっと素晴らしい試合運びが出来るようになるでしょう。
応援及び引率していただいたご父兄の皆様、ありがとうございました。
02/24 練習試合
(城山小学校)
赤堤 前:0-1
後:0-0
0-1
2/24(土) @城山小グランド 8人制 15分ハーフ
@●0-1(0-1) A●0-11(0-6)
今日は日頃から自分でプレーしようとしている子と、自信がなく人に頼ってしまう子と分けてチームを編成しました。2試合目に出場した子は、どうしても気持ちが弱く、相手にボールを取られたら取り返すということができず、点を取られると余計に諦めてしまい、ズルズルと点を沢山取られてしまいました。サッカーは人に頼ってばかりでは、決して上手になりません。主体性をもって、プレーできるように指導していきたいと思います。1試合目に出場した子は、今練習している、@ボールに集中せずに、相手とボールを見るA人がいない所(スペース)にボールを運ぶ(ドリブルorパス)というテーマで臨みましたが、まだまだ理解が出来ず、少し混乱しているようでした。これからの練習でもっとわかりやすく指導していきたいと思います。
本日も大勢応援いただいたご父兄の皆様、お手伝いいただいたコーチの皆様ありがとうございました。
前:0-6
後:0-5
0-11
02/04 練習試合
(弦巻小学校体育館)
弦巻 0-8 たっぷり15分を6試合させてもらいました。フットサルに慣れていない子が殆どだったので、最初は要領が掴めなかったようです。徐々に慣れてはきましたが、相手のボールを高い位置から奪う意識や、相手とボールを見ることなどがまだまだです。しかし、本来は5名位でのゲームをもっと多くやって、ボールに触る時間を増やさなければならないのですが、人数が多くコーチが少ないためそれが出来ないのが申し訳なく思います。もっと練習内容を工夫していきます。初めて得点した子も多く、初得点の目の輝きを沢山見させてもらいました。子どもたちも楽しくフットサルが出来たようです。
いつもの通り沢山応援に駆けつけていただいたご父兄・コーチの皆様ありがとうございました。
1-3
2-0
0-5
2-2
2-4
01/27 練習リーグ
第7節
北沢 前:2-2
後:1-1
3-3
PK:3-1
今年初めての試合ということもあって、出足は試合勘が戻らなかったようですが、徐々に思い出してくれたようです。2点のビハインドを一時はひっくり返す所まで行きましたが、最後に見事なゴールで追いつかれました。しかし、ボールを奪う姿勢やシュートの意識は前以上に高くなっている上、自分でゴールを目指すという2年生のサッカーも、しっかりと出来ていました。少しずつパスの意識も芽生え始めたようで、1点目は3本のパスが繋がった得点でした。ただ、ディフェンス時にもう少し相手を見ることが出来れば、もっとサッカーが楽しくなると思います。
・フレンドリーマッチ
少し自信のない子を中心にフレンドリーマッチを行いましたが、サッカーに対する意識の差が、最近開いてきたように思いました。スポーツでも何でも、自分で上手くなろう、頑張ろうという意識がないと、いくら練習しても上達しません。その意識を高めようと我々も努力していきますが、自分達でも頑張ってもらいたいです。
応援頂いたご父兄の皆様、審判をしていただいた石川コーチありがとうございました。
羽根木
(20分1本)
0-5
12/24 練習リーグ
(桜ヶ丘小)
松沢 前:1-0
後:0-0
1-0
X'masイヴの日の試合で、試合前に「コーチに勝利のプレゼントを!!」と子供たちに伝えたところ、しっかり約束を守ってくれました。決勝点はまた女の子が初ゴールを決めてくれました!!相手より先にボールに触る、自分でゴールに突き進むという年間通してやってきたことは、随分浸透してきています。またシュートの意識も徐々に浸透してきていると思います。ボールばかり見ないで相手も見るという部分についてはまだまだですが、この1年で皆大きく成長してくれました。本当にこれからが楽しみです。
冬休みは外は寒いですが、家の中ばかりにいないで、ちょっとでもボールに触りましょう。
本日も沢山応援して頂いたご父兄・コーチの皆様ありがとうございました。
本年も大変お世話になりました。また来年もよろしくお願いいたします。これからも少しでも「サッカーの楽しさ」を子供たちに味わってもらいたいと思います。
松ヶ丘 前:0-3
後:1-0
1-3
12/02 練習リーグ
(松沢小学校第二グランド)
桜ヶ丘 1-1
PK:2-2
今回は2つのテーマを与えました。
1.相手のボール支配時(特にコーナーキック時)にボールだけに気を取られずに回りを見よう
2.ゴールが見えたらシュートを打とう。ゴールとの前に敵がいたらフェイントで抜いてシュートで終わろう。
テーマ“2”のシュートをしようとする意欲は良く出ていて、ゴール前で慌ててシュートせずフェイントでかわしてシュートを試みた子もいて進歩が見られました。
しかし一番のテーマに置いていた“1”に関しては、何度もあったコーナーキックで相手方キッカーばかりに気を取られてゴール前で敵選手をフリーにしてしまう場面が何度もありました。
ベンチで応援している時はフィールドにいる仲間たちが、敵をフリーにさせていることが理解出来ているのですが、ピッチに立つとどうしてもボールだけに気を取られてしまうようです。
周囲に気を配ってゲームをする…というのは、まだ2年生のレベルでは難しいのかもしれません。
しかしながら毎試合ごとに成長が見られることは素晴らしいことです。
試合結果は、1対1の引き分けで終わりPK戦になりましたが結局PK戦も2対2の引き分けでした。ちなみに前回の対戦は0対2の敗戦でした。
その後、空き時間を使って竹の子との10分1ゲームの練習試合をしましたが、こちらも2対2の引き分けで終わりました。
竹の子
(10分1本)
2-2
11/25 若林近隣大会 城山A

@世田谷
A太子堂A
B若林A
C三宿A

順位決定戦
若林B

3-0
1-0
1-1
0-2

0-0
PK2-1







城山A:予選リーグ(5チーム中 2位)
城山B:予選リーグ(5チーム中 3位)

両チームとも一人ひとりが主体的に取り組み、それぞれの試合が価値あるものでした。特に普段消極的な子が、積極的なプレーを見せ、初めてゴールを入れた子も何人もいました。BチームではWコーチのお嬢さん以来では??と思うのですが、女の子もゴールを決めました!!結果もまずまずでしたし、子供たちはチームの大切さもわかったのではないでしょうか・・。とても楽しくサッカーができたようです。
審判していただいた萩森・高橋コーチ、采配していただいた拓人・柳太コーチありがとうございました。また、多数応援に駆けつけていただいたご父兄の皆様ありがとうございました。いやぁ最後は盛り上がりましたねぇ・・。こうやって少しずつ子供たちが成長してくれたらと思います。
城山B

@三宿B
A若林B
B太子堂
C若林C

順位決定戦
太子堂A

0-3
0-2
3-1
2-2

1-1
PK2-0







11/18 練習試合
(府中四谷小学校)
府中YNキッカーズ 前:0-2
後:0-0
0-2
2年生には少々距離のある遠征試合でした。来週の試合を考えて、半数の子供を連れて臨みました。
テーマはいつも通り、
@自分でドリブルでゴールを目指す
A相手より先にボールに触る
Bボールばかり見ずに相手・味方・ゴールを見る
でした。自分で攻撃をしかけるという点では、非常に積極的にプレーすることができました。ただ、相手にボールを奪われた時の攻守の切り替えが、段々と出来なくなってきてしまいました。また、味方ゴールキックをカットされることも相変わらず多く、集中力に欠いた面も多々見受けられました。しかし、普段あまりボールに触れない子が積極的にプレーできたこと、唯一のゴールを決めたことは、大変喜ばしかったです。
皆上手になってきています。しかし、自分の嫌いな練習を避けていては、今以上の技術は身に付きませんし、習得した技術を試合で試さないと、しっかりとした技術が身に付きません。そんなことを辛抱強く教えていければと思います。
遠くまで引率していただき、また大勢応援に起し頂きましたご父兄の皆様ありがとうございました。
前:1-2
後:0-5
1-7
前:0-2
後:0-3
0-5
10/15 練習試合
(狛江高校)

Bチーム
狛江フォルツァ 0-2 今日は3つのテーマで戦いました。
1.敵より先にボールに触ろう
2.絶対に諦めないでボールを取られたら取り返そう
3.自分の周りをよく見よう
子供達は最後まで諦めることなくボールを追いかけてくれました。集中して続けざまにゲームをこなしたのが良かったのか、どんどん子供達のゲームに対する集中度が高まっていくのが判りました。
特にAチームの頑張りは素晴らしく、今まで観たゲームの中では最高の試合をしてくれました。それと試合開始前に、自分達で自らサークルになってアップを初めていたことを付記しておきます。
日陰の無いグランドで最後まで応援をしていただいた皆さま、ありがとうございました。また、審判を手伝っていただいた大森コーチと若手コーチの皆さん、大変助かりました。
1-0
0-3
練習試合
(狛江高校)

Aチーム
1-2
3-0
10/14 秋季学年別大会 
(玉川小)
1回戦
玉堤
前:0-0
後:1-1
PK:3-0
1回戦はほぼ互角の戦いで、混戦から抜け出して先制した1分後速攻で追いつかれ、そのまま引き分けに。PK戦では全員しっかりとキックが出来て勝ちあがりました。2回戦は互角の立ち上がりでしたが、ちょっとしたミスから先制され、徐々にズルズルと下がり始め得点を許してしまいました。後半は特に途中で諦めたプレーが見え始めとても残念でした。折角技術が向上してきても、試合でそれを発揮しようとするチャレンジする気持ち、最後まで諦めない気持ちは城山サッカークラブの原点です。それが出来ない選手・チームは決して向上しません。明日も試合です。もう一度その気持ちを大切にして、頑張りましょう!!
応援・引率頂いたご父兄の皆様、3試合も審判していただいた大森・萩森コーチありがとうございました。
2回戦
塚戸
前:0-4
後:0-3
0-7
10/08 練習リーグ
第3節 城山B
(都立大塚学校)
羽根木 2-4 城山Aと同日に行われた2年生練習リーグですが、城山Bチームが来週の公式戦を前に出場しました。羽根木は春に0-8・0-10で負けた相手ですので、2-4の敗戦は大きな進歩です。なんとGKがゴールキックを直接ゴールするという離れ業も見せました。また2試合目では今練習しているドリブル&フェイントで4人も抜き去ることができた子もいたり、無意識に守備をしっかりやろうとしたりと大きな収穫がありました。(by 榧根コーチ)
大勢応援頂きましたご父兄の皆様、お手伝い頂きましたコーチの皆様ありがとうございました。   
練習リーグ
交流戦 城山B
(都立大塚学校)
竹の子 0-2
秋季 あすなろ大会1回戦
城山A
(二子緑地)
やはた 前:0-1
後:0-2
0-3
残念ながらあすなろ大会も1回戦で敗退しました。連休ということもあり、10人しか集まりませんでしたが、全員最後まで一生懸命戦いました。何度も惜しい場面があったのですが、得点に結びつく事ができず、逆に相手にはGKからもたついている所を突かれて、2失点を喫してしまいました。いつも使用しているグランドより大き目のグランドで、少々戸惑いがあったようです。しかし、ドリブルからシュートまで持ち込む事ができたりと、日頃の練習の成果を発揮できている子どもいて、頼もしく感じました。
突風が吹く中応援頂いたご父兄の皆様、審判をしていただいた大森コーチ、お手伝いを頂いた各コーチの皆さんありがとうございました。
09/24 秋季学年別大会 1回戦
(砧少年サッカー場)
武蔵ヶ丘 前:0-7
後:0-4
0-11
今の段階で、しっかりとポジションを決めて、パス回しが出来て、大きくボールを蹴ることが出来るチームには、どうしても歯が立たないと思います。まだ、城山の子供たちは自分でゴールにボールを運ぶ事しか教えていません。今日のように、自分で運ぶことが出来ない場合の選択肢がパスであること、反対サイド等にパスを通されないためのポジショニングなど、自分達で体験して必要性を感じてもらいたいです。その土壌にパスやポジションといった戦術を植えつける事で、大きく育ってもらいたいと思います。しかし、子供たちは大敗の中でも、最後まで頑張って戦ったこと、自分で何とかしようと相手にチャレンジし続けた事は、大変素晴らしかったと思います。
大勢応援いただいたご父兄・コーチの皆様、審判をしていただいた大森・萩森両コーチ誠にありがとうございました。
09/23 練習試合
(城山小学校)
松ヶ丘 前:0-1
後:1-1
1-2
晴天の下松ヶ丘さんとたっぷり3試合行いました。
テーマは3点
@相手より先にボールに触る 
A相手が前にいたらフェイントでチャレンジする
Bゴールを意識して遠くからでもシュートを打つ
でした。@・Aはみんな必死にチャレンジしていました。30人以上もいると少しは関わらない子供がいるものですが、全員でサッカーをしようという意識の高さはこのチームの素晴らしい所です。ただ、Bがもう一つで、大事にいこうとしてシュートが遅くなったりする場面が多く見られました。もっと思い切ってシュートをするように意識してもらいたいです。3試合目は日頃の練習への取り組み、第1・第2試合で自分の力を100%出そうと努力した子を順に試合に出してみました。そうすることで、初めて競争意識が生まれたようです。
大勢応援に来て頂きましたご父兄の皆様、審判を手伝っていただいたコーチの皆様、どうもありがとうございました。
前:1-0
後:0-1
1-1
前:2-0
後:2-2
4-2
07/29 練習試合
(小柳小学校)
小柳まむし坂 前:0-0
後:0-1
0-1
10分ハーフ 11人制
夏休みということもあり、約半分の18名が参加して試合に臨みました。早朝からの暑さ、初めての遠くでの試合という悪条件で心配をしていましたが、案の定最初の2試合はサッカーになっていませんでした。3試合目の前に、サッカーは戦う気持ちで相手に負けていたら、絶対に自分達の実力を発揮できないということを伝えたところ、今までとは別なチームのような戦いぶりを見せてくれました。試合中に人に頼らず、自分で何とかしようという気持ち、ゴールに向かっていく気持ちを教えてきました。子供たちはそのことを理解してくれていると思います。モチベーションの持ち方次第でそれが発揮されないんだということを学んでくれればと思います。しかし、相変わらず5失点中3点が自陣のGKをカットされて入れられたものです。子どもたちにはGKの蹴り方を教えてきたのですが、初めて大きなペナルティエリアだったことにも戸惑いがあったようです。それでも子供たちは皆サッカーを十分楽しんだようでした。少々夏休みに体を動かしていないんだなぁ・・と思える子供もいました。少しでも外でボールを触るようご家庭で言って頂ければと思います。
朝早くから遠くまで引率・応援いただいたご父兄の皆様、審判をしていただいた大森・萩森コーチありがとうございました。
高ヶ坂 前:0-1
後:0-1
0-2
八王子CBX 前:1-1
後:0-0
1-1
07/23
練習リーグ
(松沢中)
松原 前:0-1
後:0-0
0-1
前回試合をしなかった残り半分の子どもたちで試合をしました。結果は2試合ともに負けてしまったのですが、最後まで諦めないプレーやゴールに向かって鋭いドリブル等素晴らしいプレーの連続で、1学期の間で皆大きく成長したなぁと感心しました。特に1試合目ではシュートが打てなかったのですが、2試合目にはミドルシュートまで見せてくれ、その学習能力の高さには驚かされました。何回も惜しいシュートがあったのですが、決められないのは日本代表と一緒でしたね。。。
1学期で主にボールマスタリーとドリブルに取り組んできましたが、2学期はキック・シュート・1対1をメインに取り組んでいきます。夏休みも少しでもボールに触って、折角伸びてきた技術を忘れないようにしてもらいと思います。来週の試合は全員で参加します!!また頑張ろう!!審判をお手伝いいただいた石川・大森・高橋コーチ、体調不良にも関わらずお手伝いいただいた新也コーチありがとうございました。応援いただいたご父兄の皆様、暑い中暑い声援をありがとうございました。
赤堤
(交流戦)
前:0-1
後:0-0
0-1
07/02 練習リーグ
リーグ戦 第2節(第1節は雨天延期)
(松原小学校)
竹の子 前:1-0
後:0-1
1-1
初めての練習リーグの試合は引き分けでした。途中激しい雨の中子供たちは精一杯頑張りましたが、どうしても雨が気になって試合に集中できず、PKで先制したにもかかわらず、「ハンド!」のアピールに全員が止まってしまった時に相手の独走を許して追いつかれてしまいました。審判の笛が鳴るまでプレーを止めてはいけないことを学んでくれたと思います。
また、今練習で取り組んでいる事(ターン・相手との体の入れ方・シュートで終わる)にチャレンジしてくれた子も多くいて、逞しく感じました。
練習試合
(松原小学校)
桜ヶ丘 前:0-2
後:0-0
0-2
一度止んだ雨が再び激しく降り始め、2試合続きということもあって、子供達の試合の入り方が悪かったようです。おしゃべりしている間に1点、GKの靴が脱げている間にゴールキックを奪われて1点と、少し気持ちが切れていたようです。2試合目は逆にちょっと残念な結果でした。大勢応援いただいたご父兄の皆様、各コーチ、審判をお手伝いいただいた萩森コーチありがとうございました。
05/21 春の学年別大会あすなろ大会1回戦
城山B
(砧少年サッカー場)
祖師谷 前:0-1
後:0-1
0-2
久しぶりの絶好のコンディションの中、子供たちは皆元気にサッカーを楽しみました。結果は0―2の敗戦でしたが、内容的には決して相手に劣るようなものではありませんでした。ただ、相手は少ないチャンスをしっかりと得点に結びつけたのですが、城山は多くのチャンスをモノに出来ませんでした。サッカーは得点を奪い合うゲームです。いくら攻め続けていてもシュートが決まらなければ試合に勝つことはできません。子供たちはシュートをする大切さを学んでくれたと思います。しかし、試合前の「暑いけれど相手より先にボールに触って、最後まで諦めない。人に頼らず自分でゴールに向かう。」という"テーマ"を全員守って、持っている力を出し尽くしてくれたことは嬉しかったです。
暑い中引率・応援いただいたご父兄の皆様、審判をしていただいた高橋・大森コーチ、応援いただいたコーチの皆様ありがとうございました。
Bチームには1点でも取ってもらいたかったのですが、残念でした・・・。
04/29 春の学年別大会 1・2回戦 城山A
(砧小学校)
和光 前:0-0
後:1-0
1-0
城山Aは見事公式戦初勝利を飾りました。おめでとう!!残念ながら2回戦はPK戦で敗退しましたが、2試合ともボールを奪おうという気迫溢れたプレーを続けて、素晴らしい戦いを見せてくれました。

残念ながら城山Bは1回戦で敗退しましたが、終始試合を支配し続け、一瞬の隙をつかれてカウンターからPKとなり、それを決められて決勝点となりました。城山Bはテーマであるドリブル攻撃を続け、惜しいチャンスが何度もありましたが、フィニッシュを決められませんでした。
両チームともそれぞれの持ち味を出し、@ドリブルで相手にチャレンジするA相手よりも先にボールに触るB最後まで諦めないというテーマをしっかりと理解して、全力でプレーしてくれました。全員が人任せにせず、自分で何とかしようという姿は素晴らしかったです。敗れはしましたが、これからがとても楽しみに思えました。”ダンゴ”状態からいかに抜け出し、シュートまで持っていくかということを、それぞれが今後学んでもらいたいと思います。公式戦を経験して一段と逞しくなってくれることでしょう。
朝早くから大応援団で子供たちに勇気を与えてくれたご父兄の皆様、本当に有難うございました。応援は間違いなくNO1でした。また、審判をしていただいた大森・高橋・萩森コーチ、お手伝いいただいた若手コーチの皆さんありがとうございました。
今日参加していたどのチームも変にポジションづくりをせず、子供たちに楽しいサッカーをさせていて、”ダンゴサッカー”の真髄を心から堪能した一日でした。
やはた 前:0-0
後:1-1
PK:2-3
春の学年別大会 1回戦城山B
(砧小学校)
キタミ 前:0-0
後:0-1
0-1
04/23 練習試合
(松沢中学校) 
城山B
城山B vs 烏山 前:0-4
後:0-5
0-9
雨が心配されましたが5試合たっぷりやらせてもらいました。来週の大会と同様の2チームを構成しましたが、烏山・羽根木に圧倒されてしまいました。点差は広がったのですが、その多くはゴールキックをカットされて入れられたものが多かったです。ゴールキックはどこに蹴ったら安全なのかを学んでくれたと思います。大きく蹴り出したりせず、とにかく自分でドリブルしてゴールに向かうというのがテーマでしたが、それぞれが課題に前向きに取り組んでいました。形を作ってくるチームに対しては、今の段階では苦戦しますが、人に頼らず自分で相手にチャレンジする心と技術を養ってもらいたいです。このような経験をして自らが"ダンゴ"をどう抜け出していくかを気づいていくものと思います。
引率・応援を頂いたご父兄の皆様ありがとうございました。これに落胆することなく、来週も沢山の応援をお願いいたします。
城山A vs 羽根木 前:0-3
後:0-5
0-8
城山B vs 羽根木 前:0-4
後:0-6
0-10
城山A vs 烏山 前:0-2
後:0-1
0-3
城山A vs 城山B 前:1-0
後:1-1
2-1
A○