Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2007年度 1年生 試合結果

最終更新:01/22
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
01/20
練習試合
(南大谷小)
南大谷 前:5-0
後:1-0
6-0
7人制 10分ハーフ
城山小の1.5倍の広さはありそうな南大谷小のグランドを見て、「勝つために走りぬくこと」を選手たちに求めました。その上、相手チームの参加人数に合わせて7人制のゲームとなり、よりいっそう走ることが求められるゲームになりました。
試合前のミーティングでは、前日の紅白試合で気になった点として、「自陣のペナルティーエリアの両側で奪った相手ボールを、味方ゴール中央の方向へドリブルすること」を指摘しました。自陣の守備の際には、ゴール中央から遠いサイドへボールを運ぶことを求めました。
試合開始早々、選手たちは電車とバスを乗り継いだ疲れや厳しい寒さも吹き飛ばすように、広いグラウンドを走り回って、いつものサッカーを見せてくれました。南大谷は対外練習試合をするのがはじめてということもあり、少し試合経験の差もあらわれたようでしたが、ハットトリックを決めた選手二人のほか、4人で計15得点、4人のGKで二試合無失点に抑え、攻守ともにすばらしい内容でした。
チーム全体として走力が上がり、誰もがボールに向かう姿勢を見せました。味方選手がドリブルで相手ゴール前に運んだボールを追走して蹴り込み、練習試合での初得点を上げる選手もあらわれました。日ごろ練習しているボールマスターのテクニックを試合の中で積極的に使う様子も見られ、選手たちの上達を実感することができた遠征試合となりました。
最後になりましたが、引率・応援をいただいたご父兄の皆様ありがとうございました。審判・指導にご協力いただきましたコーチの皆様ありがとうございました。秋本
前:6-0
後:3-0
9-0
12/24 練習試合
(明正小)
明正 前:1-0
後:0-0
8人制 15分ハーフ
「勝利をクリスマスのプレゼントにしよう!」を合言葉に試合にのぞみました。試合前のミーティングではいつもどおり、@相手のボールを奪いにいくこと、Aボールをスペースに持ち出してドリブルで運ぶこと、B積極的にシュートをうつこと、を選手たちに求めました。コーチが言うまでもなく、選手たちは、前回船橋小での練習試合で、一度も勝てなかったことを忘れていないようで、「勝ちたい」という気持ちがプレーから伝わる好ゲームになりました。特定の選手だけではなく、出場選手全員が戦う気持ちをもち、懸命にボールを追いかける、このチームの特徴がよくあらわれた試合でした。一試合目の勝利をみんなで喜べただけでなく、
@(いつもより小さいフットサルゴールのせいか)得点は少ないものの、惜しいシュートを数多くうっていた。
A(試合では初めて)積極的にドリブルをしかける選手もあらわれた。
B相手の決定的なシュートをあきらめずに追いかけてゴール寸前で蹴り出し、得点を防いだシーンがあった。
など、成果の多い試合を経験することができました。
最後になりましたが、引率・応援をいただいたご父兄の皆様ありがとうございました。審判・指導にご協力いただきましたコーチの皆様ありがとうございました。  秋本
前:0-3
後:1-1
1-4
11/03 練習試合
(塚戸小)
塚戸 0-5
1-3
10/08 秋の学年別大会1回戦
(学芸大学付属小)
コスモ 前:0-1
後:1-1
1-2
試合開始早々冷たい雨が降り出す状況でしたが、一年生とは思えないほどの熱戦となりました。選手たちは身体を寄せて激しくボールを奪い合い、果敢にドリブルをしかけ、シュートを打ち合い、身を呈してゴールを守る、懸命なプレーを見せてくれました。後半は強まる雨脚のなか、2点を先取されながらも選手たちは戦う気持ちを失わず、泥に足をとられながらも懸命にボールを追い、待望のゴールをあげることができました。残念ながら負けてしまいましたが、全力を出し切り、雨にぬれ疲れてぐったりしている子どもたちとともに、自らも貴重な経験が得られた試合となりました。
最後になりますが、雨の中引率および熱い声援をいただいたご父兄の皆様ありがとうございました。ご協力いただきましたコーチの皆様ありがとうございました。  秋本
09/14 練習試合
(砧少年サッカー場)
和光 前:5-0
後:3-0
前回の練習試合から一週間、試合経験にまさる成長の機会はないことを実感した遠征となりました。
試合前のミーティングでは前回にひきつづいて、@相手ゴールキックやスローインのボールを奪うこと、A味方ゴールキック、スローインのボールを敵のいないスペースでもらうこと、B積極的にシュートを狙うこと、に挑戦してみようと話しました。試合前のウォーミングアップ、シュート練習にしっかり時間をとれた所為もあってか、試合開始直後から選手たちの動きがよく、積極的な攻撃や守備、シュートへの意欲が見えました。ドリブルする選手の周りに味方選手が並走し、相手ゴール前で厚みのある攻撃をくりかえしました。
連続での2試合目の運動量はさすがにやや落ちましたが、戦う姿勢、運動量ともにすばらしい試合内容でした。
GKに初挑戦する子もいましたが、暑い中でもキーパージャージにうれしそうに袖を通し、気後れすることなくボールに向かっていました。
試合後のミーティングでは、@シュートチャンスやドリブルの際、利き足の逆の足を失敗をおそれずに試してみること、Aコーナーキックやフリーキックの際、ゴールをよく見てシュートの狙いを持ってボールを呼ぶこと、を確認しました。
最後になりますが、厳しい残暑の中引率・応援をいただいたご父兄の皆様ありがとうございました。ご協力いただきましたコーチの皆様ありがとうございました。     秋本
前:3-0
後:1-1
4-1
09/09 練習試合
(玉川高校)
なかまち 前:0-2
後:0-1
0-3
二回目の遠征となる今回、まだまだ厳しい暑さのなか、選手たちは元気いっぱいの戦いぶりを見せてくれました。
今回、子どもたちには、@スローインの正しい投げ方、A相手ゴールキックやスローインのボールを奪うこと、B味方ゴールキック、スローインのボールを敵のいないスペースでもらうこと、C積極的にシュートを狙うこと、に挑戦してみようと話しました。
1試合目は惜しいシュートも何本かありましたが、全体にやや「遠慮気味」の戦いぶりで、無得点で終えてしまいました。密集状態の中でやみくもにボールを蹴るプレーも見られたため、やみくもにボールを蹴るのではなく、相手のいないところにボールを運ぶこと、もっと積極的にシュートを狙うこと、を再度確認しました。
2試合目、選手たちはスペースへボールを持ち出すドリブルを試みるようになりました。その成果か、三人がゴールを決め、そのほかの選手にも積極的なシュートが生まれました。
懸命に走って相手のシュートコースに入る守備やGKのファインセーブも見られ、初勝利をみんなで喜ぶことができました。
最後になりますが、引率・応援をいただいたご父兄の皆様ありがとうございました。ご協力いただきましたコーチの皆様ありがとうございました。     秋本
前:2-1
後:2-1
4-2
07/07 練習試合
(砧公園)
竹の子 前:1-0
後:0-2
1-2
一年生にとって初めてのクラブ対抗練習試合を行いました。初めての試合に緊張してか、試合開始直前にトイレに行く子が続出し、ちょっと慌てましたが、始まってみれば、みんな懸命にボールを追いかけ、一年生らしい好ゲームになりました。
先制点は城山。いわゆる団子状態からスペースにボールを持ち出してドリブル、角度と距離のある右サイドから狙いすました見事なゴールでした。
得点が1点にとどまったのはちょっと残念ですが、選手みんながドリブルやシュート、ゴールキックやスローイン、ヘディングなど、練習してきたひとつひとつのプレーに懸命に挑戦している様子に、とても感動しました。特に二試合目の後半は、「勝ちたい」という気持ちが伝わってくる戦いぶりで、選手コーチともに手ごたえのある試合でした。
最後になりますが、引率・応援をいただいたご父兄の皆様ありがとうございました。ご協力いただきましたコーチの皆様ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
前:0-3
後:0-1
0-4