Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2007年度 3年生 試合結果
2005年度(1年生)
2006年度(2年生)
最終更新:03/23
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/22
練習試合
(砧少年サッカー場)
ジュスティ 0-1
15分×3本
素晴らしい春の日差しの下、先日のj;com杯に出場できなかったメンバーで戦ってきました。試合前にそれぞれ今日の目標を決めて臨みましたが、広いコートで攻め込んではカウンターで失点を重ねてしまいました。攻守の切り替えの遅さ、最後まで諦めない気持ちの弱さ、ボールしか見えない視界の狭さを痛感しました。相手チームは、失敗しようとも果敢に1対1を挑んできましたが、城山はそのチャレンジも不足していました。そこには、基礎技術の低さが原因にあると思います。それでも子供たちは楽しくサッカーをしたようですが????(笑)
3学期は基礎技術を中心に練習してきましたが、先日のj;com杯の時と同様、ボールを蹴る・止めるといった技術をしっかり身に付けた上で、チャレンジしていく気持ちが必要なのだと思います。これで3年生の試合は終わりました。全部で75試合を消化しました。引率・応援いただいたご父兄の皆様、本当にありがとうございました。
4年生になると更に公式戦が増えていきます。子供たちも一番成長する時期となってきます。子供たちが今まで以上にサッカーが好きになるように、コーチ全員がサポートしてまいりますので、今後とも暖かいご声援をよろしくお願いいたします。  木村
0-2
0-3
03/09 J:COM杯決勝トーナメント 1回戦
(上の原グラウンド)
つるま 前:0-0
後:0-2
0-2
対戦相手との結果的な差はあまりありませんでした。ただ、もっと基礎的な部分での違いが大きくあり、少しガッカリしました。ボールを蹴る・止める、走る、寄せるそういった部分で劣っていました。サッカーという競技以前の問題です。「戦う」気持ちがなければ、どんなことを言っても選手達には効目はありません。コーチが皆にサッカーをさせているわけではありません。皆が楽しくサッカーをするためにコーチは存在しているのです。自分で考え・判断して、行動できる子たちになってもらいたい。そんな想いで一杯です。もうすぐ4年生。君たちはきっと成長すると信じています。でも自分で努力するという前提でね。がんばろう!コーチも一緒に頑張るから。。。   木村
03/01 JCOM杯予選リーグ 東京・小山フットボールクラブ 前:0-1
後:1-1
1-2
(株)ジェイコム関東主催のJ:COMせたまち杯『第15回 KIDS 3年生大会』に参加しました。この日は予選リーグでした。
今回は「回りを見て、仲間がボールを持ったらどこに走ればチャンスになるか、相手にボールを取られたらどこがピンチ(危ない)のかを考えてプレーしよう!」と子供たちを送り出しました。
ところが1試合目から、まるっきり話を聞いていなかったようなプレー内容で、自陣ゴール前では何度も数名がボールに寄っていき、逆サイドのフリーの敵にシュートを打たれました。たまたま相手のシュートがゴール枠を外れ、城山ゴールキーパーのファインセーブなどで上記のような僅差での敗戦になっていますが、内容は最悪でした。
2試合目では何で回りが見えなかったのか、子供たちと話し合い再度、周囲を見るプレーを徹底確認しました。すると今度はまるで別チームのようなゲーム運びで完勝。仲間に声を掛けてパスを要求したり、自陣での危ない相手フリー選手を声を掛け合ってマークしたりと見応えのある試合でした。いつもこんな試合をして欲しいなぁ…と思いつつ、子供たちのモチベーションの不可解さと、それを維持することの難しさを感じた1日でした。
結局、ブロック2位で次回は9日(日曜)上の原グランドにて決勝トーナメントに挑みます。今回も審判のお手伝いを大森コーチにしていただきました。どうもありがとうございました。また、遠方の遠征試合にも関わらず、多くの父兄の方が応援に駆けつけてくれました。重ねて御礼申し上げます。 記・榧根
MG SC 前:1-0
後:3-0
4-0
02/23 若林近隣大会(若林小) Aチーム
【予選リーグ】
桜町A 
世田谷FC
三宿A
若林A

【優勝決定戦】
三宿B

5-0
5-0
2-2
5-0


1-2







若林SCご招待による近隣戦が行われました。
城山3年生は3チーム、エントリーしました。予選リーグは6分ハーフ。順位決定戦は10分ハーフ。
試合結果だけを見れば結果が伴わなっていませんが、これだけいっぱいゲームが出来ると子供たちは楽しそうでした。
どんな試合も“戦い”なのですから、勝つことが目的ではありますが楽しむことも大切だと感じました。
ちなみにチームAは決勝戦で惜しくも敗れ2位で終わりでしたが、内容的には勝っていたゲームでした。前後半あると信じて挑んだところ、時間の関係で急きょ 前半だけのゲームになってしまい、強風の中、ずっと風下で戦ってこの結果ですから、後半戦が行われていれば優勝してた可能性は大だったと思います。
本当に嵐ではないかと思われるような、強風、そして寒風の中、審判及び子供たちの指示をお手伝い戴いた大森コーチ、石川コーチ、そして髪の毛からコートまで真っ白になりながらも応援してくれたご父兄の皆さま、本当にありがとうございました。By 榧根
Bチーム
【予選リーグ】
桜町B
若林B
三宿B
城山C

【7位決定戦】
桜町B

0-4
0-1
1-4
2-1


1-2








Cチーム
【予選リーグ】
三宿B
桜町B
城山B
若林B

【9位決定戦】
若林A

1-4
1-2
1-2
0-1


2-0







01/20 練習試合
(南大谷小)
稲田 前:0-2
後:0-2
0-4
8人制 15分ハーフ
第1試合の稲田戦では、立ち上がりそこそこ良い展開も出来て、好ゲームが期待できたのですが終わってみれば0:4の大差での負けとなってしまいました。敵より先にボールに触ること、周囲を良く見てプレーすること、といつも教えていることを確認してゲームに臨んだのですが、出来ていたのは前半だけで後半はすっかり忘れてしまったようです。第2試合の南大谷戦では、更にスピードも思考も停止してしまったようなゲーム内容でした。
一人ひとりの、自分で何とかしよう…とする意識の弱さがゲーム内容に現れていました。しかし、それにしても第1試合の前半では、ほぼ互角の戦いをしていたのです。どうも1点取られると途端に気落ちしてしまうようです。それはボールがピッチの外に出て、自分達のコーナー・キックであるにもかかわらずボールを取りに行こうとしない態度にも見て取れました。ボールを奪われたら取り返す、点を取られたら入れ返す、という“負けてなるものか!”という気持ちが希薄でした。技術の差はほとんど無いのに、気持ちで負けてしまいました。サッカーだけでなく何事にも、最後まで諦めない…という気持ちを忘れないで欲しいです。
寒い中、そして遠方まで応援に駆けつけてくれたご家族のみなさま、ありがとうございました。また、引率をしていただいたおかさん、ご苦労様でした。by 榧根
南大谷 前:0-3
後:0-0
0-3
12/22 練習試合
(若林小)
若林 0-1
8人制  15分
雨天のため残念ながら近隣大会は中止となりましたが、若林さんのご厚意により、練習試合を急遽組んでいただきました。試合ができること自体、子供たちのモチベーションを上げてくれました。本当に若林さんに感謝です。試合は22人のメンバーを3チームに分けて戦いましたが、今年最後の試合を飾るに相応しい内容でした。全員が今持っている力を全て出し切ってくれたことが、指導者としては大変嬉しかったです。テーマは「顔を上げてしっかり見る」ことでした。2学期にずっと取り組んできたのテーマですが、相手・味方・ボール・ゴールと、顔を上げると様々なものが見えてくることが、子供たちにも解り始めているようです。また、それをさせてくれるのは、個人個人が基本技術の習得に興味を持って、その技術に少しずつ自信を付けてくれている証拠です。まずはプレッシャーのないところで、しっかり周囲の情報を得ながら、プレーできるようになってもらいたいと思います。オープン攻撃あり、2列目からの飛び出しあり、スペースへの飛び出しとパス、おまけにハットトリック2名と、素晴らしい内容でした。子供たちもとても楽しくサッカーができたようです。
3学期は基本技術の習得をしつつ、ミニゲームを多くやって、実践的な技術を身に付けてもらおうと思っています。そのためには、冬休みもしっかりボールに触ってください。
ご父兄の皆様、突然の試合にも関わらず、寒い中応援にかけつけて下さいまして、本当にありがとうございました。ご父兄の皆様の熱い応援こそ、子供たちを成長させてくれます。来年もぜひよろしくお願いいたします。皆さんお体に気をつけて、ぜひよい新年をお迎え下さい。ありがとうございました。 by 木村 
5-0
3-0
0-0
11/18 練習試合
(砧少年サッカー場)
山野 前:1-0
後:1-0
2-0
11人制 15分ハーフ
砧少年サッカー場をフルコートで使用しました。ついこの間まで半分で十分だったのに、フルコートでしっかりサッカーができるとは大きくなったものです。。。。久しぶりの試合でしたので、
@相手より先にボールに触る
A顔を上げてプレーする
Bひろ~いコートを大きく使う
Cポジションを意識する
ことを確認しながらでしたが、相手よりボールに先に触ることや、相手に負けない気持ちはしっかり持てていたようです。逆転されても再逆転するあたりは、なかなか頼もしい限りです。ただ、顔を上げられる子とそうでない子はいますが、かなりできるようになっています。顔を上げたら今度は何を見るのかを、「考える」ことが大切です。ポジションの意識はまだまだですが、随所に大きく速い攻撃もしかけられるようになっています。
なかなか苦手な足を使うことができずに、プレーが制限されてしまっていることに気がつき始めている子が多いです。どんどん練習して試合で試してみよう!最後は寒かったですが、今日もとても楽しくサッカーができたようです。
寒い中大勢応援いただいたご父兄の皆様、お手伝いいただいたリキコーチ、ありがとうございました。 by 木村
前:1-0
後:2-2
3-2
0-0
10/21 練習試合
(神明G)
風の子4年 1-1
港区にある風の子サッカークラブの招待を受けて、初めての遠征試合に挑みました。
招待チームは他に目黒区のビトーリア目黒。
15分1本勝負の練習試合を計4回行いました。
試合に際して子供たちには、いつものテーマである「敵よりも先にボールに触ろう」と、もう一つ「ボールばかりに気を取られないで周囲も見るようにしよう」と課題を与えました。
2試合目は勝ちはしましたが、掲げたテーマを忘れてしまったようなゲーム内容でした。そこで3試合目に挑む際にもう一度、テーマを反復し確認をしました。結果としては負けてしまいましたが、内容はまるで別チームのように良くなりました。子供たちもゲームをしていて楽しそうでした。子供たちはこのようなプレーを積み重ねていって上手くなっていくのだなぁ…と感じました。
初めての遠方への遠征に、引率された父兄の方々には本当にありがとうございました。また石川コーチ、大森コーチにはお手伝いいただきありがとうございました。 by:榧根
風の子3年 1-0
ヴィトーリア目黒 0-1
風の子4年 0-0
10/21 秋のあすなろ大会 3回戦
(船橋)
赤堤 前:0-2
後:0-1
0-3
秋晴れの素晴らしい天気でしたが、結果は残念なものになってしまいました。しかし、点差は開きましたが個人・チームの力に差があった訳ではありません。3年生には少々縦の長いグランドで、相手の早くて技術のある選手を抑え切れませんでした。前がかりになっているとカウンターを食らってしまい、置いていかれるケースが目立ちました。ミッドフィールダーの動き・スピードが足りずに、全体的な押し上げ不足でした。また、ディフェンスのポジショニングをもう少し考えれば防げたケースもありました。しかし、攻撃の仕方・ボールの奪い方は格段に上達しています。GKも素晴らしいセービングを見せてくれました。全員がしっかり力を出し切ってくれました。とても、楽しくサッカーができたようです。秋の大会は敗れてしまいましたが、A・Bともに大きな進歩を感じました。皆しっかり集中してプレーできれば、素晴らしいプレーを見せてくれます。今後も練習・試合ともに集中してサッカーしよう!
サッカーはやらされていては決して上手くなりません。自分から上手なろうとチャレンジしなければ。。。
本日も大勢応援いただいたご父兄の皆様ありがとうございました。
また、審判をしていただいた大森・秋本・菊池コーチありがとうございました。      by 木村
10/08 成城ライオンズクラブ親子フットサル大会 Aチーム
松丘A
赤堤
松原A

1勝1分け1敗でグループCを2位通過。

1−1
1-0
0-1








子供選手4名、大人はお父さんとお母さんが各1名での変則6人制フットサル大会でした。お父さんのシュートは無しで、お母さんのシュートは子供と一緒に1点としてカウントされました。
日頃、子供たちに声援を送ってくれているお父さん&お母さんも、いざ自分達が試合に出るとなると勝手が違うようで、思うようにならないボール・コントールに苦労していましたが、楽しい一時を過ごせたようです。勝敗がどうこうよりも自分の息子や娘達と一緒にゲームを楽しめたのは良かったのではないでしょうか。城山SCでこの様な試みを、ミート杯以外でも出来ると楽しいでしょうね。
勝敗がどうこうよりも……、とは書きましたが、表題にあるように試合結果を記しておきます。16チームが参加し4ブロックに別れ、それぞれのブロックの勝敗で決勝トーナメントに進みました。
この結果、決勝トーナメントで城山同士が対戦することになりました。
PK戦の末にAチームが勝ち残りましたが、最終結果は6位でした。
また、Bチームは8位という結果でした。【記・榧根】
Bチーム
山野
弦巻B
中里

こちらは2勝1敗でグループBを同じく2位通過。
1-0
2-0
0-1







09/22 Aチーム
秋の大会
あすなろ大会
(上北沢)
松原 前:1-2
後:0-0
1-2
9月に入ってもいつまでも残暑が厳しいですが、今日は一段と暑くなりました。第1試合という事もあり、集中力に不安があったのですが、予想とおり開始4分で2点先制されてしまいました。しかし、その後は目を覚まして、ほぼ試合を支配することができたのですが、前半に1点を返しただけで追い付くことはできませんでした。子供たちは、暑さの中でも最後まで諦めることなく、自分の力を出し切ったと思います。試合は負けましたが、しっかりとやろうとしているサッカーはできました。ナイスゲーム!!だったです。試合に入る時にどういう気持ちで入ったらよいのか、相手より先にボールに触らなければこちらのペースにならないことが、よく学べたと思います。これからに繋がる意義のある敗戦でした。今日も暑い中応援いただいたご父兄の皆様、審判していただいた萩森・塚田コーチ、ありがとうございました。 木村
09/17 練習試合
(城山)
城山A:
 竹の子
0-1
2-3

9人制 15分1本
今日も暑い中での試合でしたが、26人参加で9人制ということで、なかなか出場できない子もいました。試合・休憩が目まぐるしく変わって、集中力に欠いてしまったようです。完全に形を崩されての失点は少なかったですが、ペナルティエリア近辺からのミドルシュート等は、1対1のディフェンスの詰めの甘さでした。1対1の中で、絶対にシュートを打たせない、センタリングを上げさせないという粘りが足りませんでした。攻撃面でも相変わらず顔が上がらず、良いポジションにいながら呼び込めず、なかなかパス交換も上手くいきませんでした。その中でも、全てのプレーに集中してできる子も何人か見かけられたことは嬉しい限りです。暑い中連日沢山応援に駆けつけていただいたご父兄の皆様、設営・審判していただいたコーチの皆様ありがとうございました。  木村 
城山B:
 竹の子
0-1
0-2

城山混合:
 竹の子
1-0
09/16 Bチーム
秋の大会
あすなろ大会
1回戦
(用賀小学校)
砧南 前:1-0
後:1-0
2-0
今日も残暑が厳しかったですが、1試合ということもあり、子供たちは集中して試合に臨むことができたようです。先週の練習試合と打って変わって、最後まで諦めず、自分達の持っている力を出し切ることができました。まだまだボールに先に触れなかったり、1対1で簡単に抜かれたりで、決定的なピンチも何度もありましたが、集中していたことでお互いにカバーしあって、切り抜けることができました。まだまだ攻守の切り替えが遅かったり、何も考えずにボールを蹴ってしまう場面もありますが、公式戦を1試合でも多く経験して、多くのことを学んでもらいたいと思います。とにかく1勝おめでとう!!
大勢応援いただいたご父兄の皆様、コーチの皆様、審判していただいた萩森・高橋両コーチ、どうもありがとうございました。
09/09 練習試合
(都立玉川高校G)
城山A:
 やはた
 なかまち
 やはた
0-0
1-1
0-1



11人制  15分×6本
残暑が厳しい中での試合でした。秋の大会前の絶好のテストマッチだったのですが、残念ながら全く収穫はありませんでした。1学期末〜夏休み〜合宿と、少しずつではありますが周りが見えてき始めたように思っていたのですが、いざ対外試合のピッチに入るとやって来たことがすっ飛んでしまうようです。もう少し違った教え方をしなければならないか。。。と考えさせられました。
暑い中いつも通り大勢応援に駆けつけていただき、誠にありがとうございました。
城山B:
 なかまち
 やはた
 なかまち
1-4
0-1
0-4



07/16 フットサル大会(城山小学校) 城山A
@松原A
A桜A
B松原B
C桜B
D城山B
2勝3敗 
6チーム中4位
@1-5
A0-3
B1-3
C4-0
D6-1







5人制 15分1本 6チーム。
台風一過のもと、初めての城山主催のフットサルを開催しました。1学期の総決算のつもりでしたが、最後の最後で1学期に学んだことがあまり学習されていないので、少々残念な気持ちになりました。試合に臨む基本的な姿勢や、相手に負けない気持ちがないと、いくら練習しても結果が伴いません。フットサルは11人制よりも、数多くボールにタッチ出来る代わりに、一人でもサボると致命的です。攻守の切り替えや周りの仲間とのコミュニケーションが足りなかったようです。
これから合宿があります。みんな頑張って実り多い夏休みにしてください。最後に今日でM君が城山から旅立つことになりました。ロンドンでも持ち前の頑張りで、沢山のものを吸収して大きくなって帰ってきてください。
大勢応援いただきましたご父兄の皆様、お手伝いいただいたコーチの皆様、誠にありがとうございました。
城山B
@松原B
A桜B
B松原A
C桜A
D城山A
1勝3敗1分
6チーム中5位
@2-1
A2-2
B3-4
D1-2
D1-6







07/01 練習試合
(杉並総合高校)
烏山 @1-0
A0-2
B0-2



試合は8人制、15分×6本
広いグランドで炎天下の中、子供たちは全力を出して泥まみれ・汗まみれで走り回ってくれました。見ていてとても清々しい試合をしてくれました。2チームに分けて戦いましたが、Aチームは全勝・Bチームは1分2敗という結果でした。最後の試合で3試合空けてから戦ったAチームが、やはり集中力が欠けてしまったのか、テーマをすっかり忘れて試合をしてしまった以外は、皆自分の持っている力を発揮でき、1学期のトレーニングテーマである1対1でのボールの奪い合い、声を出して・顔を上げてパスをもらう・出す、ボールばかり見ないで、周りを見た上で状況を判断するということが、かなり出来てきていると思います。もう少し逆サイドを意識して、大きな展開が出来るともっと多彩な攻撃が仕掛けられるのですが。。。ちょっと求め過ぎですね。。しかし、取り組み姿勢に差が出てきているのは気になりますが、全体的に子供達の成長には驚かされます。この夏の更なる成長を期待します。
応援いただいたご父兄の皆様、現地で御礼を忘れてしまい失礼いたしました。ありがとうございました。応援・審判いただいた各コーチの皆様、ありがとうございました。
高井戸東 @2-0
A0-0
B2-0


06/03 練習試合
(桜木中)
0-1 6/3(日)対桜小 @桜木中グランド 8人制 15分×3本
山崎小が昨日運動会ということで、山崎組は召集せずに、15人で試合をしてきました。
FW2名・DF2名のポジションを、順番に経験してもらいました。周囲が見れてDFのポジションニングを理解していると、安定した試合が出来るのですが、DFがポジションを忘れて攻め上がってしまうケースや、ボールしか見れない状態が多々見受けられました。ポジションは経験です。これから皆に、コーチ達は細かくポジションニング等について、アドバイスをしていくから、しっかりと"頭"を使って"体"で覚えていこう。ただ、素晴らしいシュートや攻撃、体を入れて相手をしっかりと止めるディフェンス等、1学期で練習していることも沢山成果が出ていました。みんな頑張ろうね。
ご父兄の皆さん、本日も大勢応援いただきありがとうございました。
1-3
1-2
05/05 練習試合
(野津田サブグランド)
町田JFC第1
(11人制)
前:0-0
後:0-1
0-1
晴天の子供の日、暑さと広いグランドでバテながらも、子供たちは精一杯3試合行うことができました。
3失点のうち、第1試合はペナルティエリア外でボールを見てしまってミドルで。第2試合はGKのパントキックから。第3試合はペナルティエリア外からのFKと防ぐことができた失点なので残念です。まだまだボールばかり見ていて、ゴール前の相手を放してしまうケースが多かったですが、ボールへの寄せなどは3試合とも相手よりも良かったことは、子供たちの大きな成長だと思います。2試合目の大量点は、相手の動きが悪かったこともありますが、少しずつ空いている方にボールを運ぶことができたり、顔を上げてプレーすることができた結果です。焦ってしまうとなかなか余裕のあるプレーができませんが、随所に個々の良い点を見ることができました。自分で攻撃をしかけようとするこの学年の良さを失わずに、もう少しボールを効果的に運ぶにはどうしたらよいかを、これから細やかに指導できればと思います。11人制でなかったため、十分に出場出来なかった子もいましたが、皆サッカーを楽しくできたようです。3年生で3試合は少々多いですが、試合後に注意された、集中しなければならない時と遊んでよい時のメリハリをつけようね。
遠方にもかかわらず、いつものように大応援団でお越しくださったご父兄の皆様、引率いただいたお母様方、暑い中ありがとうございました。
※久しぶりに大勢の子供たちに参加してもらった上に、試合ごとに人数が違うので、選手交代で頭が一杯になってしまいました。。。お恥ずかしい。。
町ロク
(10人制)
前:3-0
後:3-1
6-1
南大谷
(9人制)
前:0-0
後:0-1
0-1
04/28 練習試合
(砧少年サッカー場)
ジュスティ 前:1-2
後:1-2
2-4
今日はもう一度「勝とうとする気持ちを強く持とう」というアドバイスをして送り出しました。試合に勝つことも大切ですが、1対1に負けない・競り合いで負けない・シュートを打たせない・ゴールを狙う。。。全てはそれぞれの場面で「勝とうとする気持ち」が大切です。ゲームスコアでなく「勝とうする気持ち」を強く持つことこそ、「楽しいサッカー」にも繋がります。今日の試合では子供たちはそれを強く持つことができたようです。技術的には○顔を上げる○空いている方にボールを運ぶ○ボールだけでなく相手も確認するといったことを引き続きテーマとして取り組みました。見事なオープン攻撃から3点を決めることができ、どうしたら攻撃できるのか、その反対に守るには?といった質問にしっかりと答えていました。3年生になって初勝利を飾ることもでき、とても楽しくサッカーができたようです。
応援・引率いただいたご父兄の皆さまありがとうございました。
前:2-1
後:2-2
4-3
04/21 春季学年別大会 Aチーム
(塚戸小)
多摩川 前:0-0
後:1-1
PK:2-3
4/21(土) @塚戸小
□1回戦
対多摩川△1ー1(0ー0) PK●2ー3
ということで、3年生は2チームとも1回戦で敗退という結果となりました。子供達は一生懸命プレーしているのですが、なかなか周りを見る事ができません。
周りが見えないので、空いているところにボールを運んだり、相手を確認することができません。。。
難しいなぁ〜。でもこれから頑張ろうね。皆はきっと素晴らしいプレーヤーになれると思います。
応援いただいたご父兄の皆さま、審判をしていただいた萩森・塚田両コーチありがとうございました。
04/15 春季学年別大会 Bチーム
(烏山小学校)
烏山 前:0-3
後:0-2
0-5
少々暑くはありましたが、春らしいよいお天気の下学年別大会を戦いました。結果はともかく、先取点を取られてから、急に積極性がなくなり、ボールを見てしまうケースが多かったです。5点中3点はCKからのゴール前の混戦で、最後は足が止まって見てしまった結果でした。危険なペナルティエリア内では、"自分が"防ぐという気持ちがなければなりません。その気持ちが感じられなかったのは、少々残念でした。3年生からは技術・戦術は細やかに指導できますが、気持ちは自分で強く持たなければなりません。しっかりと頑張ってサッカーを楽しんでもらいたいです。
審判をしていただいた高橋コーチ、応援いただいた各コーチありがとうございました。また、いつも通り、ご父兄の皆さま熱い声援をありがとうございました。
04/15 練習リーグ総括戦 Aチーム
(八幡山小学校)
北沢 前:0-1
後;0-0
0-1
1回戦は集中力もあり、大変素晴らしい試合を展開しました。惜しくも敗れはしましたが、全員持てる力を出し切っていました。交流戦では、誰がどのポジションかが、はっきりせずにGKのパントキックから同じように失点を繰り返してしまいました。メンバーチェンジもあり、明らかに集中力不足でした。後半はもう一度しっかり戦え、押し気味に進めましたが、1点に止まってしまいました。春休みにとても努力してきた子、全くボールに触ってない子がはっきり表れています。技術が多少低くても、どの子がどれだけ努力してきたかは、コーチ達はしっかりと見ています。これからも毎日しっかりボールに触ろう!今度の土曜日は学年別大会です。今までの練習成果を発揮できるように頑張っていこう!!応援・引率いただいたご父兄の皆さま、ご協力いただいた新也コーチありがとうございました。 
赤堤 前:0-3
後:1-0
1-3