Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2008年度 4年生 試合結果
2005年度(1年生)
2006年度(2年生)
2007年度(3年生)
最終更新:03/31
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/31
若林カップ
(駒沢第一競技場)
松原 前:3-0
後:0-0
3-0
リーグ3チーム中1位
というわけで、優勝することができました。5年になるとすぐに春の大会が始まり、 しかも1チームということもあるので、みんなに色々なポジションをやってもらいました。
1試合目は、朝早いのにも関わらず、1人ひとりが集中して試合に臨むことができ、前半でリードが開くと、リラックスし始めて、皆笑顔を見せながらプレーを楽しんでいました。ですが、相手は10人でしかも2年生や3年生のメンバーがいるということで、後半の0-0という結果には、「スタミナがまだまだ足りない」など少し不満を感じる部分はあります。技術は体力があってはじめて活きてくると思いますので、体力づくりの必要性を感じました。
2試合目もやはり体力的にきつかったのか、前半から中盤の足が止まってしまい、ゲームがつくれず、苦労していましたが、1試合目にあまり出られなかった子を出したことによって、流れが変わり、いいゲームができました。慣れないポジションをやったのに健闘してくれたみんなに感謝しています。
この大会で色々なことを試しましたが、みんなしっかり対応してくれて、助かりました。今後の課題としては、もっとワイドな攻撃を増やせればなと思います。中央突破ももちろん悪いことではありません。しかし、力技ではいずれ通用しなくなるようになります。攻撃のバリエーションが増えれば増えるほど、攻めやすくなり、相手DFを崩すことができます。グラウンドでだけでなく、家などでもサッカーの勉強をしてほしいです。そしてチャレンジする気持ち。FWがパスに徹していては点は取れません。サイドプレーヤーのドリブル突破ももっと見たいものです。今後に期待します。プラス、決めるべき所ではしっかり決めてほしいです。実はこの大会での一番の課題は決定力だったのかもしれません。
まぁともかく、優勝おめでとう!!
最後に、応援と引率をしてくださった保護者の皆様ありがとうございました。これからもサポートよろしくお願いいたします!  木村海斗 (長文をお読みいただき、ありがとうございました。 汗   父)   
若林 前:1-0
後:1-0
2-0
03/08 練習試合
(都立神代高校)
フォルツア狛江 0-1 どんよりとして日差しのない寒い一日でした。4年生にしてはとても広いグランドで、思う存分サッカーができました。今日のテーマはここのところ練習している、組織的に守ること、サイドを大きく使うこと、パスを出したら動くことでした。出足はいつものように、ピッチに入るとテーマを忘れてしまい、視野が狭く個人的なプレーが目立ちましたが、3・4試合目では意識してプレーができたようです。攻撃面ではスペースへのパスやワンツーパスなど、アイディアが多く見られましたが、もっともっと自分たちで声を掛け合って、どのように守るのかを考えてもらいたいです。FKの壁が開いてしまったり、ゴールキックのボールを叩き込まれたりと、ドリブルに対して足だけでいってしまって何人も突破されたりと、つまらないプレーも目立ちましたが、全員精一杯のプレーを見せてくれました。5年生大会は1チーム登録です。レギュラーはまだまだ決まっていません。ぜひ競い合ってレギュラーポジションを奪い取ってもらいたいと思います。引率・応援いただいたご父兄の皆様、お手伝いいただいたコーチの皆さんありがとうございました。 by 木村
北沢 1-3
フォルツア狛江 0-1
北沢 2-0
02/15 練習試合
(太子堂中)
若林 2-1 穏やかな天候のもと22名が参加して、2チームを作って試合を行いました。今日のテーマはここのところ練習している、ディフェンスの基礎をしっかり行うことでした。意識の高い選手とそうでない選手の差はありますが、各自テーマを忘れずにチャレンジしてくれました。まだまだ組織的に守るまでいきませんが、1対1の守りがしっかり出来ないと組織的に守ることは出来ません。4年生のうちにしっかりと身に付けてもらいたいと思います。攻撃は縦に比べて横幅の広いグランドを生かして、かなりサイド攻撃や逆サイドへの展開が出来ていました。若林さんが11名しかいなかったので、後半の大量点は素直に喜ぶわけにはいきませんが、各人がシュートの意識を高く持って、攻撃してくれました。本日もいつも通り大勢応援いただいたご父兄の皆様、審判をお手伝いいただいたコーチの皆様、どうもありがとうございました。 by 木村
1-1
7-1
2-0
01/18 菅沼杯順位トーナメント
(駒沢補助)
烏山北 前:0-4
後:1-2
1-6
ここ数年大変強豪がひしめく菅沼杯となりましたが、予選リーグはその中でも強豪揃いのグループとなりました。初戦は好機を逃しながらも、余り危ない場面もなく、バランスのよいゲームができ、好発進できたのですが、三菱養和には完全に力負け、まむし戦は気持ちで完全に完敗でした。順位決定トーナメントの烏山北戦では、立ち上がり押し気味に進めましたが、先制された後は攻撃が単調になり、力以上に大差となってしまいました。気を取り直して最終戦は、「勝って帰ろう!」という気持ちで皆がんばって、快勝とはいかないまでも勝利で終わることができました。強豪チームと2日間で5試合も試合ができ、選手たちにとっては大変よい経験になったと思います。しかし、予選リーグでは点差が広がると諦めてしまい、余裕がなくなって更に追加点を許すという、試合を繰り返し少々残念でしたが、何事も経験ですので今後に期待したいと思います。他の強豪チームと城山の大きな違いは、試合中に全員がゲームに集中して、次に何が起こるのか想像しながら、常にボールがもらえる位置にポジショニングをとり、いくつものパスコースを作ること。守る時も次の展開を考えながら、見方に任せるところは任せながら、ゴールを奪われないポジショニングを取り、1対1で負けない気持ちがあることです。サッカーというゲームにおいては、ボールは常に動いており、ボーッと突っ立っている時間は1秒たりともありません。常にボールの位置とともに、自分が動き続けなければなりません。次の展開への想像力・それに伴う準備がないために、相手よりも出足が遅くなって玉際の勝負に勝てません。また、得点を許すと余裕がなくなり、自分たちの力を出せないのは、自分たちの力に自信がない証拠です。リードされた時こそ自分を見失わないよう、熱いハートの中に冷静でクールな頭脳を持ち合わせてもらいたいものです。そんなことを、これから5年生にかけてアドバイスしていこうと思います。大変寒い中応援・引率いただいたご父兄の皆様、審判・会場運営のお手伝いをいただいたコーチの皆様、誠にありがとうございました。by 木村
3位決定戦
猿楽
前:3-0
後:1-0
4-0
01/17 菅沼杯予選リーグ
(駒沢補助)
横浜すみれ 前:1-0
後:0-0
1-0
三菱養和 前:0-4
後:0-2
0-6
小柳まむし坂 前:0-0
後:0-2
0-2
12/21 練習試合
(二子緑地)
前:0-0
後:1-2
1-2
4年生にしては大変珍しく(?)、7名の欠席+1名ケガという中で、大変多くの試合を行うことができました。午前中TIPS4の試合もあり、集中力を維持するには大変でした。また、慣れないポジションに挑戦した選手も多く、かなりぎこちない面もありましたが、最近モティベーションが高いこともあってか、意欲的に最後の試合まで取り組むことができました。強風で試合がしづらい中で、精一杯頑張ったと思います。今年も多くの試合をしてきましたが、5年生の応援に行くメンバー以外は対外試合は今日が今年最後の試合となりました。応援・引率等本当に多くのご協力を頂きましたご父兄の皆様には、選手(?)・コーチ一同心から感謝しています。ありがとうございました。23日の親子サッカーでは、子どもたちの成長を実感していただきたく、お一人でも多くの皆様の参加をお待ちしています。ただし、しっかりと準備運動をしてからサッカーをしましょう!!
by 木村
前:0-0
後:0-2
0-2
0-0
(15分1本)
前:1-1
後:0-0
1-1
12/21 TIPS4順位トーナメント
(二子緑地)
FC東調布第一 前:0-0
後:0-1
0-1
残念ながら敗退となりました。とてもよいコンディションの中で、選手たちも高い集中力を持って、高い位置からのプレスもよく効いて、40分間常に優位に戦いましたが、こちらのシュートはバーに3本当たり、GKの正面だったりとツキがなく、相手はしっかりと速攻で決勝点を決めるという、ある意味サッカーらしい(?)試合でした。サイドからの速い展開や、大きなサイドチェンジなど、多彩な攻撃を繰り広げましたか、如何せん決定不足。。。城山のゴールはとても遠く感じました。しかし、今やろうとしているサッカーをしっかりとやることができ、今年最後の公式戦としては、収穫の大きかった試合となりました。残念な結果でしたが、いつものように多くの声援を頂いたご父兄の皆様ありがとうございました。 by 木村
12/13 TIPS4 予選リーグ
(二子緑地)
キタミ80 前:0-1
後:1-1
1-2
残念ながら予選リーグ3チーム中3位で、決勝トーナメント進出はなりませんでした。1試合目は開会式直後ということで、十分に集中できないまま、試合に送り出すことになってしまい、立ち上がりはサッカーになっていませんでした。先制されてからは徐々に目を覚まして、自分たちのサッカーができるようになりました。後半は押し気味に進めて、同点となりこれからというところでしたが、残念ながら2点目を決められ、追い付くことはできませんでした。しかし、全員がそれぞれ持てる力を出し、よい展開も多く大変成果のあった試合でした。2試合目は立ち上がり押し気味に進めたのですが、得点が奪えないところを、いつものように(?)前半中ごろに、クリアボールをペナルティエリア外からミドルを決められてしまいました。後半立ち上がり、相手の見事なボレーで追加点を決められた時は、立ち上がりにも拘らず、諦めた選手が何人かおり、集中を欠いたところで、追加点を奪われてしまいました。サッカーというスポーツだけでなく、全てにおいて勝利や結果を手にするには、最後まで諦めてはなりません。また、焦って自分たちがやるべきことを忘れてしまっては、より一層手から離れてしまいます。まず今自分がやるべきことは何なのかを、しっかりと考えてもらいたいと思います。残念な結果でしたが、沢山よいプレーも見ることができました。21日は順位トーナメントがあり、Aチームを中心に臨みますが、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。大勢応援に駆けつけていただいたご父兄の皆さん、事務局のお手伝いをいただいたお母様方、引率をいただいたご父兄の皆様大変ありがとうございました。 木村
梶ヶ谷FC 前:0-1
後:0-3
0-4
11/29 秋季学年別大会 あすなろ大会 3回戦
Bチーム
(二子緑地)
エスペランサ 前:1-1
後:0-0
PK:4-5
という結果で残念ながらベスト8で終わりました。
前回メンバーチェックまでしながら、雨で順延になった仕切り直しでした。朝一番の試合にしては、皆高い集中力を持って戦うことができました。前半8分には相手GKのミスを突き、すかさずロングシュートで先制すると、その後押し気味で試合を進めます。しかし、前半11分相手のミドルシュートが見事に決まり同点。強い朝日でGKも球が見えづらかったと思います。後半は一進一退の好ゲームでそのまま終了。PK戦は7人まで続きましたが、残念ながら破れました。しかし、選手は大きなものを得た秋季大会だったと思います。日頃出場機会が少なかった選手も、自分の力を120%出し切ったと思います。試合は負けて悔しくても、「やり切った」感を感じました。自分一人だけでは100%までしか力は出せませんが、仲間と力を合わせると120%の力が出ます。相手にチャレンジすることで、新たなチャンスも生まれてきます。最後まで諦めない気持ち、仲間と力を合わせる気持ち、自分と相手にチャレンジする気持ち。城山サッカークラブが目指す「楽しいサッカー」のために必要な、3つの気持ちです。この3つの気持ちを、少しずつでも理解することができれば、もっともっとサッカーは楽しくなります。こうした「心のスイッチ」がONになれば、もっともっと技術も上達し、精神的にも成長することでしょう。そんなことを感じることができた、秋季大会でした。選手達の新たな一歩の踏み出しを共に体験することができ、指導者として大変感激しています。これからTIPS4大会〜菅沼杯と4年生は大会続きです。ぜひ今回感じた"気持ち"をもっと大きくしてもらいたいと思います。延期になった前回と今回も応援いただいたご父兄の皆様、審判をしていただいた大森コーチ、誠にありがとうございました。  by 木村
11/23 秋季学年別大会 あすなろ大会 1回戦
Aチーム
(二子緑地)
成城チャンプ 前:0-1
後:0-3
0-4
という結果でAチームは残念ながら1回戦で敗退となりました。立ち上がり足が動かず、再三ドリブル突破でピンチの連続でしたが、徐々に自分達のペースを取り戻し、互角に試合を進めました。しかし、前半終わり間近に、敵陣に攻め入ったのにハーフ陣が押し上げなかったので、相手にボールを奪われた後に、カウンターでロングボールを入れられ、そのままミドルシュートで先制されました。後半立ち上がりも、城山ペースで試合を進めましたが、ショートコーナーから集中が切れた隙に攻め込まれオウンゴール。直後に混戦から足が止まった時にオウンゴール。最後は終了間際にやはりショートコーナーで集中が途切れゴールを奪われました。普段出場時間が多くなかった選手は、自分の力以上のものを出し切ってくれましたが、全体的にはここのところ練習している、どこでボールをもらうのかという動きが足りませんでした。選手達も試合後「声が少なかった」「思ったように動けなかった」。。。と反省していましたが、何よりも残念だったのは、2点を取られて諦めの気持ちが選手たちに感じたことです。特に技術が互角な場合は、勝ちたい気持ちが強いチームが必ず勝ちます。その気持ちをもっと強く持たなければなりません。12月・1月と大きな大会が続きます。ぜひその気持ちを強く持って臨んでもらいたいと思います。応援・引率いただいたご父兄の皆様、お手伝いいただいたコーチの皆様、ありがとうございました。ぜひBチームに頑張ってもらいましょう!!by 木村
11/09 秋季 学年別あすなろ大会
1,2回戦 Bチーム
(祖師谷小)
テキサス 前:1-0
後:0-0
1-0
という結果で見事にベスト8に駒を進めました。1回戦は早々にPKで先制し、勢いよく攻撃を続けましたが、決定力不足で追加点が奪えず、逆に危ない場面もあるなどしましたが、何とか逃げ切りました。顔が上げられなかった子が、しっかりと顔を上げてプレーができたり、個々人が最後まで集中力を切らさなかったことが、勝利に結びつきました。2回戦はドリブルが巧みな子が多いチームを相手に、前半立ち上がり7人が抜かれて先制され、先行きどうなるかと思いましたが、前半終了間際に追い付きました。そのハーフタイムで子供たちがベンチに戻って来る時に、今までと違った姿に出会いました。皆で「相手はドリブルばかりだから大丈夫」「真ん中に集中しているからサイドにボールが出ればチャンスができる」e.t.c.そんな会話を自分達からできるなんて。。。こちらはしばらく黙って、そして嬉しくてただただ聞き入ってしまいました。その気合満々で後半がスタート。立ち上がり右サイドのセンタリングをキャプテンが決めて勝ち越し。その後も前線からのプレスで相手のドリブル攻撃を防いできましたが、終了間際少し緊張が切れた隙に、課題であるペナルティエリア外からのミドルシュートを決められて同点に。子供達は落ち込むかと思いきや。。。PK戦はまたまたやる気満々!(昨日全員練習でPKを蹴っておりまして・・・)全員がしっかりとPKを決め、この試合何度も見事なセーブで助けてくれた、城山4年の"守護神"が見事なセービングでPK戦を勝利しました。理起コーチのPKアドバイス=ボールはしっかり手で置いて祈ること!という方法で見事に全員決めることができました。子供たちが自分で考えて、途中で守備方法を変えたり、前線から全員で守って、DFラインも攻撃に参加できて、全員で掴み取った勝利でした。子供達の技術だけでなく、精神的な成長に驚かされた一日でした。また、自分達の力を出し切って、勝利に繋がったことは、これからとても自信になると思います。彼らの眼差しがそれを物語っていました。寒い中大勢応援いただき、また引率いただいたご父兄の皆様、審判していただいた大森コーチ・高橋コーチありがとうございました。
次はベスト4を目指して頑張ろう!!そしてAチームも負けずに頑張ろう!!  by 木村
祖師谷 前:1-1
後:1-1
2-2
PK:4-2
11/01 練習試合
(小柳小)
浜田山 前:0-0
後:0-0
0-0
子供たちのエンジンを全開にさせるのは難しいものだとつくづく感じました。城山Aチームの試合結果がまさにそれです。1試合目は得点こそ0−0の引き分けでしたが、内容的には点数をつけるとしたら10点ほどです。一方、4試合目の対小柳まむし坂戦は、点差こそ4点も開いた敗戦ですが、内容的には日頃の練習成果を随所に見せてくれて80点、勝ってくれれば100点満点でした。
ドリブルで仕掛けフェイントで抜き去ろうとトライしたり、声を出してパスを回しリターンをもらってシュートまで持ち込んだり。また、攻め込まれた際にも背後の敵にも意識が届いていました。
1試合目からこのような試合運びをしてくれたらなぁ…と残念でなりません。しかしながら、試合の前にいかに選手のモチベーションを高めるかもコーチ&監督の役目だと思います。選手を鼓舞するのに何が足りなかったのか………。ちょっと考えさせられました。
今回も運営部のお母さん、父兄の皆様には、遠方への遠征にも関わらず引率をしていただき、そして応援にもかけつけていただき有り難うございました。 by: 榧根
南山イレブンFC 前:0-0
後:0-1
0-1
浜田山 前:0-0
後:1-1
1-1
小柳まむし坂 前:0-2
後:0-2
0-4
10/26 練習試合
(港区立三田中)
スターキッカーズ 0-0
0-1
1-1
0-0




15分1本 8人制でしたが秋の大会を前提に、A・Bチームに分かれて戦いました。今日もテーマは@攻守の切り替えを早く Aボールをもらう位置を考えよう でした。最初の3試合あたりまで、体が目覚めていない感はありましたが、徐々に落ち着いてゲームに取り組むことができました。攻守の切り替えについては、8人制ということもあり、全員が意識をいつも以上に持つことができ、ボールを奪われた時の高い位置からのプレスや、ボールを奪った時の攻撃の切り替えは、以前より早くなってきました。しかし、ロング・ミドルシュートを3本決められたのは、ペナルティエリア外での集中力切れが原因でした。これからの大きな課題です。また、自分が奪われたボールを奪い返すという意識が、まだ低い子も見受けられます。一方ボールをもらう位置については、自分から動き出して声を出してもらうという、最近の取り組みが少しずつでき始めています。 また、1対1での体の入れ方は、目に見えて全員上達してきました。数多くのゲームで途中息切れはしましたが、最後まで全員が自分の持っている力を出し切り、今までとは違ったサッカーの楽しみを味わい始めていると思います。
大勢応援いただいたご父兄の皆様、審判をしていただいた大森コーチありがとうございました。 by 木村
p.s.昨日のコーチ会議後の一発目の書き込みは緊張しますね。。
風の子 0-0
1-2
3-1
2-1




10/01 城山SC20周年記念 特別企画
(世田谷公園)
城山A-B


09/27 若林近隣大会
城山A

三宿A
桜町A

若林A

Aグループ3位
5・6位決定戦
若林B

総合6位
1-3
3-1
0-2
4-0


0-2







9/27(土) @若林小 5人制 予選;10分 順位決定;12分
3チーム均等に分けて、15試合を戦いました。ここのところ今まで主体的にプレーできなかった子たちの目付きが変わり始め、必死に取り組みサッカーを楽しめるようになってきました。昨日も今までであれば力のある子に頼ってしまっていた場面で、自分で打開していこうという意思を感じました。また、均等なチーム編成をすることで、チームプレーの大切さも感じてくれたようです。昨日の課題攻守の切り替えを素早く行うことでしたが、こちらはまだまだこれからしっかり練習しなければなりません。ワンプレーの次に何をしなければならないかをもっと考えなければなりません。秋に向けて学年別大会が控えていますが、こちらも均等チームで臨もうと考えています。課題は多いですが、しっかり練習する礎が築き上げられてきていると思います。大勢応援いただいたご父兄の皆様ありがとうございました。 By 木村
若林近隣大会
城山B

三宿B
城山C
桜町B
若林B

Bグループ2位
3・4位決定戦旭

総合4位
1-1
2-1
3-0
2-2


0-0(PK0-1)









若林近隣大会
城山C

城山B
若林B
桜町B
三宿B

Bグループ4位
7・8位決定s桜町A

総合7位
1-2
1-1
3-1
2-3


4-1







09/14 南大谷カップ4年生大会 順位決定戦(南大谷中) KFC 前:1-0
後:0-0
1-0
2日間で5試合もの経験をさせていただいて、本当に南大谷さんにはいつも感謝です。予選リーグでは圧倒的に攻めながらも、最後にゴールを決められず、次第に焦りが出て単調なゲーム展開となってしまいました。特に1試合目はチームとして全く機能せず、個人がバラバラにサッカーをしているようでした。2試合目には幾分修正できたのですが、攻守の切り替えが遅い上に、ボールへの執着心がなくグループ最下位となってしまいました。個人の技術からチーム戦術に切り替わる過渡期で、子どもたちにも戸惑いが見えました。しかし、フレンドリーマッチでは、普段出場機会の少ない子が、イキイキと活躍し、初ゴールを決める子も出るなど、皆が「楽しく」サッカーをすることができていました。
気を取り直して翌日順位決定戦に臨みました。今日は打って変わって、全員が集中し声も多く出すことができました。意識的な攻撃組み立てや、高い位置でのディフェンス、攻守の切り替えも出来ていたと思います。終盤疲れて足が止まり、危ない場面もありましたが、追い付かれては突き放すという展開で、最後まで諦めずに戦うことが出来ました。秋の大会に向けて、大変大きな収穫を得た2日間でした。引率・応援いただいたご父兄の皆様、暑い中ありがとうございました。
今後月末には若林近隣、年内は学年別・5年生学年別・新人戦、TIPS4、年が明けて菅沼杯、ライオンズカップと続いていきますが、一番成長するのがこの時期です。ぜひ温かい目で見守ってあげてください。by 木村
町ロク 前:1-1
後:2-1
3-2
09/13 南大谷カップ4年生大会 予選リーグ
(本町田少年サッカー場)
TFC 前:0-1
後:0-1
0-2
つくし野 前:0-1
後:0-0
0-1
フレンドリーマッチ 本町田 前:3-0
後:2-0
5-0
08/31 横浜メトロポリタンカップ
予選リーグ
(平戸永谷川遊水地広場)
藤の木SC 前:0-0
後:0-1
0-1
予選リーグ4敗でリーグ最下位に終わりました。
素晴らしい天然芝のグランドで、子どもたちには思いっきりサッカーを楽しもう!!というのが一番の目的でしたが、あまり"天然芝"という価値観は、子どもたちにとって高いものではなかったようです(涙)。そんなものなのでしょうか。。。。試合も1日目はレベルの高いチーの早い攻撃・判断力に翻弄され、2日目は同じレベルのチームに最後の球際で勝てずに、一点も取ることができず、遠くまで何をしに行ったのか。。という感じでした。合宿以降あまり練習もできず、コンディションはよくなかったとは思いますが、
@自分でどのようにプレーをするか、予測や準備、想像力に欠ける。
A自分で考え・行動できない
B攻撃・守備を素早く切れかえられず、ニュートラルな状態でいる
といったところが課題でしょうか。。。なかなか上手に指導することが出来ず、コーチ陣も悩み続けております。。。秋に向かってもっと集中力・体力・知力(笑)をつけていくよう、指導していきたいと思います。
子どもたちにとって、夏休み最後のよい思い出になったでしょうか。。遠くまで引率いただいたお母さん方、応援いただいたご父兄の皆さんありがとうございました。
by 木村
YKFC 前:0-1
後:0-0
0-1
08/30 岩崎FC 前:0-2
後:0-2
0-4
横浜SCつばさ 前:0-2
後:0-3
0-5
07/21 城山SC創立20周年記念大会
(城山小)
城山A  1勝1敗1分
Aブロック3位
総合順位5位 8分ハーフ  5人制
城山創立20周年を記念するミニサッカー大会で、あまり芳しい結果は得られませんでした。Aチームは必ずしも悪いことではありませんが、「自分が自分が」の意識が強すぎて、ここのところ練習しているどのような情報を得るかというのを全く忘れ、個人対相手チームのような状況でした。城山B・Cは相手が強いと思うと萎縮してしまい、点差が開くと諦め感が広がってしまいました。しかし、Cチームの最終戦は最後の最後で決勝点を奪い、初勝利を挙げた時の皆の笑顔は素晴らしかったです。4年生は実力が向上しているのにも拘らず、試合前に強い意識付けをしないと、その力を発揮できない状態です。そのためには、何事にも日頃から自分達がコーチに言われなくても進んで行う姿勢が大切です。他チームの4年生に比べると、非常に幼く感じてしまいました。合宿も含めて、子どもたちの自主性を大切にしたいと思いますので、ご家庭でも少し意識していただければと思います。暑い中大勢応援いただいたご父兄の皆様、設営・審判等お手伝いいただいたコーチの皆様、運営部の皆様本当にありがとうございました。 by 木村
城山B 1勝2敗 
Bブロック3位
総合順位6位
城山C 0勝3敗 
Bブロック4位
総合順位 7位
07/06 J2 なかまち 前:0-3
後:0-0
0-3
前半はほぼ互角の戦いで、特にディフェンスの意識も高く、安心して観ていられる試合運びでした。
ところが後半戦になった途端、動きが急に悪くなり、敵にひと呼吸早くボールに触られ、一歩先を相手選手に出し抜かれてしまいました。
突っ立ってしまい、ボールだけを目で追う場面も何度か見受けられました。こうなると練習では出ていた声も、まるで聞こえてきません。
4年生になってからは、周囲に気を配れるサッカーを教えているのですが、修得するにはもう少し練習を積み重ねなくてはならないようです。とは言っても子供たちは確実に技術・戦術ともにレベルアップしています。あと、もう少しなのです。
もう一つ。本日の敗戦の一因には、試合開始前のコーチの準備不足もあったと反省しています。試合開始時間が10分早まったこともありましたが、アップする時間どころか子供達に声をかけてあげる時間すら無く、試合に挑むための準備をするには時間不足でした。
子供たちには万全な体制で試合に望めるよう、今後コーチとしても気を配るよう注意いたします。
本日も炎天下のもと、応援に駆けつけてくれた皆さま、ありがとうございました。また、後審判を助けていただいた高橋コーチ、萩森コーチ、助かりました。どうもありがとうございました。  by:榧根
06/15 ジュニア大会 リーグ戦
(船橋小)
前:0-1
後:1-3
1-4
3チーム中2位で、残念ながら決勝トーナメントには進出できず。
第1試合は朝一番の試合であるにも拘らず、立ち上がりから集中して、互角にゲームを進めました。1点リードされたものの後半立ち上がりに素晴らしい攻めで追い付き、ここからという時にCKから不運にも勝ち越され、次にミドルを決められてからは集中力を失ってしまったようです。第2試合は3時間も空いてしまい、集中力を心配しましたが、上手く試合に入る事ができ、理想的な試合運びで快勝しました。
第1試合では、26人のメンバーを代表してプレーしていることを忘れ、リードを許した後諦めてしまったことを注意しました。それ以外、現在テーマとしている「相手に仕掛ける」ことはできていましたし、ポジションの意識も高まっていました。3チームの力の差は大きくないのですが、1位になるチームはチャンスをしっかりものにして、城山は同じ回数のチャンスをものにできませんでした。技術は大差なくてもそこに大きな差があります。日頃からただシュートを打つのではなく、「決める」ことを意識しなければなりません。そうすれば第2試合ももっと得点できたと思います。
しかし、今日の11名だけでなく26名が底上げされています。ちょっとしたアドバイスをすぐに実行することができています。今日の悔しさバネにこの夏さらに飛躍してもらいたいと思います。
本日も大勢応援いただいたご父兄の皆さん、高橋コーチ、ありがとうございました。 by 木村
等々力 前:2-0
後:2-1
4-1
05/17 春季学年別大会1回戦
Aチーム
(二子緑地)
京西 前:1-1
後:1-1
2-2
PK:2-4
残念ながら敗退しました。雨で大会が順延したり、練習ができなかったりでコンディションはあまり良くなかったと思います。しかし、それは同条件ですので理由になりません。試合に入るのが遅く、特に前半はボールを見てしまうケースが多く見受けられました。先制され前半終了間際に追い着き、後半は良いプレーが見え始めたところで、CKからの混戦で再び追加点を許すという展開だったのですが、最後まで諦めず追い着くことができ、その後も押し気味で進みましたがPK戦に突入しました。残念ながらPKでは相手に全て決められ、敗退してしまいました。前半はともかく後半は相手にしっかりチャレンジすることができ、そこからスペースを使ったパスもフィードして、多くのチャンスを作り出しました。1対1でも負けていなかったですし、試合内容は素晴らしかったと思います。何よりも2度も先制されながら、2回追い着いたことは、逞しさを感じました。AチームもBチームも、春の大会で1回戦で敗退したものの、子供たちの大きな成長は実感することができました。今度はジュニア大会で8人制です。26人の中からもう一度チームを作り直します。ぜひ皆出場できるように、努力を続けてもらいたいと思います。
大勢応援いただいたご父兄の皆様ありがとうございました。 by 木村
05/05 練習試合
(南大谷中)
南大谷 前:0-0
後:1-0
1-0
11日に公式戦を控えているAチームを中心に、遠征試合を行って来ました。2試合とも前線からのプレスの意識が高く、殆ど敵陣で試合をしていました。今日もテーマは相手に仕掛けることです。多くの子はチャレンジができていましたが、仕掛けられない子はボールをもらう準備が出来ていないことが多いのだと思います。自分のプレーするエリアをどのように確保して、相手に挑めるかということは大変難しいことですが、もらう準備・体の向き・顔を上げる・勇気といったことが必要です。この2ヶ月は「仕掛ける」ことをテーマに練習してきましたが、それを継続しながらどの様に準備するのか、そりためにどのような情報を得る必要があるのかといったことを、今後はトレーニングできればと考えます。また、GKが数少ない出番で、集中を切らさず見事なプレーを見せてくれたことは素晴らしかったです。子供の日の今日、子供たちはとても元気に楽しくサッカーができたようです。応援いただいたご父兄の皆様、審判いただいた原田・秋本コーチありがとうございました。
という訳であっという間にGWが終わろうとしていますね。。。。By 木村
前:2-0
後:0-0
2-0
05/04 練習試合
(若林小)
若林 1-0 8人制  15分×3本
先日春の大会で敗退したBチームを中心としたメンバー構成で、
・失敗してもいいから相手にチャレンジする
・ボールの位置でポジションを意識する
・先日決勝点を与えたペナルティエリア外からのシュートをさせないというテーマで臨みました。朝一番なのに皆とても動きがよく、相手にチャレンジをすることができましたが、どうしても狭いエリアでのプレーが多くなってしまいました。自分が仕掛けることでスペースを生み出し、そのスペースを使うということが、あまり出来ていませんでした。周りがどうしたらもらえるのかもこれからの課題ですが、まず「仕掛けること」。この意識がどれだけ持てるか、これからが楽しみになってきました。今日も応援いただいたご父兄の皆様、審判をしていただいた各コーチありがとうございました。by 木村
0-1
1-1
04/27 城山B
春の学年別大会
(瀬田小)
太子堂 前:0-0
後:0-1
0-1
朝まで雨が残り開催が危ぶまれましたが、予定通り試合ができました。城山Bは、全員が持てる力を出し切って、素晴らしい試合を展開し、ほぼ互角の戦いでしたが、後半10分に集中を欠いたところをペナルティエリアの外からミドルシュートを打たれ、残念ながら敗退しました。まだまだ足が止まって、ボールを見てしまうシーンもありましたが、それぞれ相手を恐れずチャレンジをして、「しかける」こともかなり出来ました。個人差はありますが、3月からのテーマをよく理解して、主体的に取り組んでくれた結果、大きな成長を見ることができました。そんな彼らを心から誇りに思えるし、これからも一緒にサッカーをしていこうと、心に誓うことが出来ました。。(少々大袈裟ですが・・)今日の悔しさをバネにして、更に成長してもらいたいと思います。ぜひ、Aチームが1回戦を勝ち抜いて、Bチームの敵をとってもらいたいですね。
今日も変わらず大勢で応援していただいたご父兄の皆様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。 by 木村
04/13 練習試合
(太子堂中)
松原 前:0-1
後:0-3
0-4
天気が怪しい中での試合でしたが、案の定1試合目は雨の中での戦いになってしまいました。4年生になって初めての試合で、春の大会に備えてよい機会になりました。3月から、失敗を恐れず相手に仕掛けていくことをテーマに練習をしてきました。まだまだチャレンジする気持ちが足りない子もいますが、何人かは練習の成果を実感できたようです。失敗することは恥ずかしいことではありません。失敗から多くを学び取って、次のステージに上がっていけるのだと思います。チャレンジしないことが恥ずかしいことなのだと、子供たちには話しました。月末の大会に向けてよい調整が出来たと思います。また、雨の中でしたがみんな楽しくサッカーができたようです。寒い中応援に駆けつけていただいたご父兄・コーチの皆さんありがとうございました。 木村
ジュスティ 前:1-2
後:0-1
1-3