Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2010年度 5年生 試合結果
2006年度(1年生)
2007年度(2年生)
2008年度(3年生)
2009年度(4年生)
最終更新:03/26
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
03/26
練習試合
(明正小)
明正 前:0-0
後:1-0
1-0
明正小学校(8人制20分ハーフ)
震災の影響で遠征が危ぶまれましたが、保護者のご協力により無事に行う事ができました。この度は本当にありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。子供達には、どうして、たくさんのお母さんが引率に参加しているのか?の経緯を説明しましたし、来週末から全日本少年サッカー大会という全国区のサッカー大会が開催されこと、被災地のサッカー少年の中にはサッカーどころかその日の生活さえ危ぶまれている子もいることも話しました。
サッカーができるというのが当たり前ではないということ、それを考えて欲しいと思ったからです。子供達は皆真剣に聞いていてくれていたのではないかと思います。
話を聞いて試合内容が劇的に変化。とはいきませんでしたが、みんな頑張っていました。前回レビューで松波コーチから説明がありましたが、今回も前半を1軍、後半を2軍で試合に臨みました。試合は後半チームの出来が良く1対1の守備時にアプローチが厳しく行えていたと思います。
この日は風が強く冷たく身にしみました。自分も含めて花粉症の子供には堪えたでしょうし、自分は寒さにとどめをさされたらしく家に帰ったら熱が出てました。最近、風邪ばっかりで嫌になります。子供達にうつしてなければいいのですが・・・。
たくと
前:0-2
後:1-0
1-2
前:3-1
後:1-1
4-2
03/05 練習試合
(神代高校)
桜町 前:1-3
後:0-0
1-3
◆5年生・練習試合(4年生、3名召集)
試合形式:20分ハーフ 11人制
またまた、レビュー遅くなりました・・・・・・今回お練習試合は、新人戦・全日本を意識した練習試合です。4年生3名、N君・MT君・MM君を招集させて頂きました。試合開始前に時間を取り、今日、試合に臨むチーム分けは「1軍」「2軍」とした事を子供達に説明を行いました。
「1軍」「2軍」と決めた理由及び、今後については以下の通りです。*最近の調子や練習態度、出席率、全てを総合的に見て決めました。*これから全日本大会までどんどん入れ替えるので、 本試合は勿論、これからの練習/試合を更に大事にする事。(みんな、ほとんど差はありません。あくまでも今日現在である)みんな、真剣に話を聞いていたのが印象的でした。毎回お願いしたいものですが・・・・・・*練習試合のテーマは、
@守備時のコミュニケーション(ラインコントロール、マークの受け渡し)
A早くパスコースを作る(幅、ギャップ、遠いところ)
Bラインの上げ下げ
結果ではなく、テーマにどれだけ積極的に取り組もうとして成果が出てるか?
*今回の試合は、
@前半(1軍)、後半(2軍)
A前半(1軍)、後半(2軍)
B前半(白組+4年生・3名、後半(紅組)
で構成しました。
私が見る限り、全員テーマを意識したプレーが出来たと思います。(意識だけです。)もっと声出し。(テーマ@)+試合中の4年生とのコミュニケーション不足。グランド広さを活用していない。(パスコースが見つからない)(テーマA)ハーフあたりの空洞化。(テーマB)難しいところです。公式戦までまで修正、頑張って行きましょう!!!
当日、グランド設営・審判でお手伝い頂きました、石川コーチ、大森コーチ、菊池コーチ、片山コーチそして、最後までお手伝い頂きました、小栗コーチ引率・応援のご父兄の皆様、いつもありがとうございました。
*松波*
前:1-0
後:1-0
2-0
前:1-1
後:1-2
2-3
02/20 練習試合
(若林中)
若林 3-6 試合形式:15分ハーフ 8人制
レビュー遅くなり申し訳ありません。5年生、新しく分けた「紅組」「白組」15分毎で臨みました。
近々のミーティングで「パスコースを作る」「ラインを上げる」を課題とし、この試合は意識させました。あまりにもそれを意識しすぎたのか、他プレーが全く5年生とは思えない程、機能してませんでした。ディフェンスでは、「身体で行かない子」オフェンスでは、「ドリブルで1人でゴールを目指す子」新しく分けた最初の試合とは言え、何年間同じメンバーで練習して来たのか?試合中に「コミュニケーション」増えると言いと思います。もう一つは、「みんなでボールを取る・そして攻める」ですね・・・まだまだ寒い中、応援頂きましたご父兄の方、ありがとうございました。手伝い頂きました、新也コーチありがとうございました。松波*
尾山台 0-3
02/05 練習試合
(城山小)
塚戸 2-2 塚戸SCの見事なポゼッションに翻弄され、追い足が完璧に止められました。それでも、何点か得点することができたのは、場面場面で個の能力をうまく発揮することができたのと、HOMEグランドの利が出たのだと思います。スキルもそうですが、何より塚戸SCが凄いなぁと感じたことはサッカー以外のところです。
体操の時の掛け声の大きさ、集合の時の早さ、どれを取ってもすばらしいものでした。塚戸SCが帰った後に5年生だけで紅白戦を行い、5年生だけで片付けを行いましたが(6年生は遠征してました)、一人一人が好き勝手なことをやっていてまとまりがないし、ダラダラやるのでまったく終わりません。5年生だけだから、しょうがないで済む問題ではなく、もう後2ヵ月後には君達が現4年生を先導して片付けを行う事を考えるとこのままでは大変なことになると感じました。集合や片付けの時には、最低限、自分勝手な行動をしないうえに声を掛けて率先して行うようになってほしいなぁと思いました。大変、程度が低くて残念な課題です。幸い、城山には良い手本がいます。現六年生は、片付けの手際はいいし、好き勝手なことをやっていて集合が遅い子なんて一人もいません。後二ヶ月、先輩から精一杯吸収してほしいなぁと思います。応援に来て頂いた父兄の皆様、ありがとうございました。by 拓利
3-1
0-2
01/29 若林近隣大会
(若林)
城山A 3勝1分 2位  この日は都合が悪く、選手達の活躍を見ることができず残念でした。
松波コーチ、米谷コーチ、指示+後審でお疲れ様でした。お手伝いできず、スイマセンでした。後、ご協力頂いた榧根コーチありがとうございました。by 拓利
城山B 2勝2敗 6位 
城山C 2勝2敗 4位 
01/10 オレンジカップ(城山小) 城山A 3勝
参加チーム:城山A・B・C、若林CS、明正A・B、竹の子A・B
計8チーム

順位
1城山A
2城山B
3若林
4城山C
5竹の子A
6明正B
7明正A
8竹の子B

*当日は寒さ厳しい中、ご協力頂きましたコーチの皆さん、運営部の皆さん、5年生看護当番のご父兄の皆さん、応援のご父兄の皆さん、そして、参加頂きました各チーム及び関係者の皆さん、本当にありがとうございました。 松波
城山B 2勝1分
城山C 2勝1敗
01/08 RTC 新春大会
(光和小)
高井戸東 0-2
15分ハーフ、11人制
参加チーム:光和、高井戸東、城山
当日は朝早くから、引率・応援を頂きましたご父兄の皆さん、ありがとうございました。松波
光和 1-0
高井戸東 0-0
光和 2-1
12/30 年忘れサッカー大会
(駒沢第一)
竹の子SC


12/25 練習試合
(南大谷中)
つくし野 0-0 11人制20分ハーフ
本日のテーマは「1対1のディフェンス」でした。チャレンジできるところでは激しくボールを奪いに行き。相手のボールの持ち方の方が有利な場合には抜かれないように対応する事を子供達には求めていました。1試合目に関して言えば、上記の守備のテーマを正確に行えていたし、全体的なパスゲームがうまくなってきたなぁという感触は掴めました。特にFWをやっていた子の流れの中でのパフォーマンスは素晴らしかったです。前回のレビューにも書いたとおり、決定率は段々と求めていきます。
2試合目
南大谷の選手の果敢なアタックに対応しきることができず、1失点を喫しました。ポジションのバランスも悪く守備面に関してはよくなかったと思っています。もう高学年も半ばにさしかかり、よりサッカーらしくならなければいけない段階になっているのかなと思っています。今までのように果敢に「取りに行く」だけの守備でなく、「抜かれない、失点をしない」ような守備力や、最近、課題になっている決定力。また、走力や声の多さやかしこさなどのスキル的な穴を1つ1つ埋めていってもらいたいと思います。寒い中、引率、応援にご協力頂いた父兄の皆様、ありがとうございました。 拓利
南大谷 2-1
12/19 練習試合
(若林中学校)
松ヶ丘 5-0
(8人制15分ハーフ)
前回のレビューでも書きましたが、やはり問題なのかも?!です。シュートが入りません!!若林中学校のグランドで8人制の試合だったのですが、ゴールは大人用で行われました。
いやぁ、広いゴールの枠を外すわ、わざわざキーパーに向かって蹴るわ・・・。シュートを決めるのが難しいのはよく知ってます。僕もシュート入りません。だけど、僕がシュートを決められないのと城山の子供達がシュートを決められない理由は違うと考えてます。城山の子達の問題点は、若林さんのご好意で開催された最後のフレンドリーPK合戦で表れていました。パワーヒッターが多いおかげで、とりあえずPKは成功していましたが、松ヶ丘さんや若林さんに比べて、コースをついた時の精度やコースを正確にねらおうとする意識が、PK戦の時に低かったように感じました。現5年生は城山グランドでの通常練習時にあまりシュート練習をしません。それが原因なのかもしれないと反省しています。だけど、やはり25人のメンバーが1ゴールでシュート練をするのは待っている時間が長くなってしまい効率が悪いのです。なんとか克服する方法を考え、勝負強いチームになってほしいと思っています。ちなみに僕のシュートが入らない理由は根本的に気が小さいからだと思っています。寒い中、引率、応援にご協力頂いた父兄の皆様、ありがとうございました。たくと
若林 3-0
12/11 練習試合
(砧公園)
4-1 11人制20分ハーフ
ボールの保持率も高く、ゴール前まで綺麗に前進できていました。難を言えばもう少しシュートが入ればいいなぁと思いましたが、チャンスが増えたことにより浮き彫りになった新しいテーマなのかもしれません。冷静になれば決められるだけの能力はあると思うので長い目で見ようと思っています。・・・いや、そのうち課題として練習に取り組むかもしれません。もっと問題だと思っているのは練習や遠征時のサッカー以外のところ(生活面)でのだらし無さです。とにかく「集合が遅い」。せっかく、いいサッカーができるようになってきてるのに勿体無いです。もう一つ強くなるために、こういうところから改善して行こうと、子供達に言っています。後、数ヶ月で最高学年、城山の顔になります。下級生の手本となれるようなしっかりとしたチームになって欲しいと思います。・・・書いてて気付いたんですが、そういう自分も、試合会場で「〜〜が無い!」「〜〜がどっか行っちゃった。」「〜〜を忘れた!!」と大騒ぎしてますねぇ。ボールペンを貸してくれた父兄の方、ボールペンを見つけてくれた子!どうもありがとうございました。逆に子供にだらしないと言われてしまわないよう気をつけます・・・。3年生の指導でお忙しい中、審判のご協力を頂きました小栗コーチ、ありがとうございました。また、引率、応援にご協力頂いた父兄の皆様ありがとうございました。 拓利
3-1
12/05 農大カップ
予選リーグ
(農大一高・中等部グランド(人口芝)
武蔵丘 1-2 6人制(8分ハーフ)
予選リーグは1勝2敗(3位)。
1試合目から城山の子供達の「プレー、そしてボール支配率」も良好でした。2試合目も同様です!!!!!しかし、結果は負けとなり・・・・・・個人的には、勝てた試合なと思いました。何かが足りない!「プレー、そしてボール支配率も良好」なのに?あっ!「確実に得点が取れない」「切り替えが遅い」この2つが、他のチームと違うんだと。3試合目に入る前に、子供たちはこの点を、応援に来ていた新也コーチにもアドバイスを貰い、3試合目、そして4試合目の同順位試合は、見違える程のプレーを子供たちは見せてくれました。(拍手!!!!!2連勝!)最終的結果は、8チーム中・5位?と言うことで、総合的に見ると、順位とは関係なく、子供たちは普段通りサッカーをしていたと思います。とても頼もしかったです。(私だけでしょうか?)最後に、引率のご父兄、応援に来て頂きましたご父兄の皆様、佐藤コーチ・新也コーチ、応援ありがとうございました。*松波*
トッカーノ 0-2
明正 5-1
農大カップ
グループ別
順位決定戦
(農大一高・中等部グランド(人口芝)
多聞 3-1
11/28 新人戦
決勝トーナメント2回戦
(砧総合G)
烏山北 0-3 8人制20分ハーフ
Oコーチが試合後にお話しをしてくれた通り、烏山北さんはこちらがヤバイ!と思った時にちゃんと決め、それに対して城山は決めたい場面で惜しいシュートで終わってしまっていたように思います。技術的に言えば通用している部分もあったと感じてますし、城山が良い形でサッカーをしている時間帯もありました。烏山北さんのスキルはやはり高く、勝負強さの違いと単純には片付けられられない点もありますが、今日の試合だけでなく大会を通じて、紅白両チームの子供達が練習の成果を発揮し精一杯頑張ってくれていたことに大変満足してます。来週末には農大カップが控えてますが今度は白チームで臨みます。その後は紅白チームのメンバー構成を変更しようかなぁ?って思ってます。お手数ですがご対応下さい。引率、応援、会場運営にご協力頂いた父兄の皆様ありがとうございました。 拓利
11/21 新人戦
決勝トーナメント1回戦
(祖師谷小)
塚戸 1-0
一進一退でどちらも譲らず、決勝点を入れてからは相手の猛攻に耐える試合となりました。
故障明けの子の嬉しい復帰戦となりましたが、その子の試合終了間際のゴールによる劇的な勝利でした。味方のミドルシュートのこぼれ玉に素早く反応した素晴らしいゴールで、思わずガッツポーズをしてしまいました。学芸会のピーターパン役も頑張ってください。
タフな試合を勝ちきることができて技術的にも精神的にも成長しているなと感じました。
今回のような緊張感のある試合や持ち味のあるチームを、なるべく多くの子に体験し成長して欲しいと考えているため、今まで東京カップのせいで変則的になってしまいましたが、今後もなるべく紅白チームをベースに交互に遠征をするつもりです。どうぞご理解をお願い致します。
応援、引率頂きました父兄の皆様、新也コーチ、ありがとうございました。たくと
11/14 新人戦予選リーグ
(二子緑地)
竹の子 2-0 8人制15分ハーフ)
暫定首位でしたが、勝ち点が僅差だったため、確実にトーナメントに残り白チームにタスキをつなぐには勝利が欲しいところでした。試合前にその事を子供達に説明すると、子供達にもいい緊張感が生まれ少し引き締まったような感じがしました。
試合に関してですが、相手ゴールキーパーのパントキックの飛距離が素晴らしく、前半は苦しみましたが、後半には対応できるようになりました。前日の土曜日の6年生との練習試合や5年生同士の紅白戦の時から、集中した良い試合ができていました。次回は白チームの出番ですが、紅チームと同様、いい内容の試合を見せてくれると思って楽しみにしています。応援、引率頂きました父兄の皆様、佐藤コーチ、池田コーチ、ありがとうございました。たくと
11/7 新人戦予選リーグ
(二子緑地)
ジュスティ 1-0
1試合目:対GIUSTI
GIUSTIの選手のドリブルは圧巻でした。
1対1での守備技術とアプローチとカバーによるグループでの守備の能力が求められましたが、子供達はよく対応していたと思います。
2試合目:対千歳台
先月末より取り組んでるテーマに対し、皆一生懸命に取り組んでくれましたし、引き分けてしまいましたが、そんなに内容は悪くなかったと思っています。
2試合目が終わった後で、「悪かったところは?」と聞くと、「チャンスで決められなかった。」「クリアばっかになってしまった。」、「ラインコントロールがよくない時があった。」など、建設的な意見が挙げられ、有意義な1日になったと思います。
2試合あっても、8人制の試合に全員で遠征するのは難しいと感じました。出場時間が短くなってしまった子には申し訳なく思っております。加えて次回は1試合のみのようですので、紅チームのみの編成で臨みます。突破のかかる大事な試合なので、紅チームの子達には是非頑張って欲しいです。
応援、引率頂きました父兄の皆様、佐藤コーチ、新也コーチ、ありがとうございました。たくと
千歳台 1-1
10/23 東京カップ
3回戦
(二子緑地)
烏山北 0-3 細かいミスはありましたが、自分達の持てる力を出し切ったうえでの結果だったと思います。5年生は、とりあえず目の前の試合を一生懸命やる、そんな雰囲気の子が多いように思います。ただ、まだ部活動っぽさ?みたいな雰囲気が薄く、おもしろそうな練習や試合は頑張り、興味深い話だけ盛り上がるような、公園や校庭開放でやるサッカーと差がないなと思ってしまうような場面も見られます。もちろんサッカーは楽しくやって欲しいのですが、城山サッカークラブに所属しオレンジ色のユニフォームを着る以上、クラブ活動は高い向上心の伴うものであって欲しいと思っています。中学校に入り、部活に所属したなら体験するであろう、敬語の強要や無意味にきつい練習を課すようなことを子供に求めたいのではありません。少し前の3年生の試合ビューで小栗コーチが仰っていた通り、サッカーに対するリスペクトが自然と行動や忍耐、規律につながって欲しいのです。今でこそ、グランドに礼をしなくなりましたが、練習/試合ができるグランドに始まり、スパイクやボール等の道具、そして応援や引率をしてくれる父兄の皆様、自分と共に戦ってくれるチームメイト、そして、今回の大会に関して言えば、成長させてくれた玉堤サッカー少年団と桜SC、そして課題を与え、目標となってくれた烏山北FC。サッカーを成立させてくれる全てのものに対して敬意と感謝を持って欲しい。そして挨拶や礼などは丁寧にかつ自然と出るものであって欲しいのです。その上でというか、だからこそというか、「うまくなりたい!」、「うまくなるために何でも吸収したい!」だから、練習時間は有意義に使う、コーチやチームメイトの話は何か吸収できるかもしれないから真剣に聞く。というふうにもっとストイックになれるのだと思います。くどいようですが、今大会の準備にあたり5年生は大きく変わりました。ですが、もっと上を目指すために、さらにストイックさを求めていこうと思います。今回の敗戦が子供達にとって、さらなるステップアップのキッカケになってくれればと思います。
引率、応援に来て頂いた父兄の皆様、ありがとうございました。たくと
10/03 秋季学年別大会1回戦
(二子緑地)
尾山台 1-3 尾山台さんは大変切り替えが速く、ゲームスピードの速いチームで強敵でした。今回は怪我人を含む21人に出席して頂き、強敵を相手に全員が自分達のできることを精一杯やってくれました。結果、通用したことや通用しなかったこと。いつも通りできたことやできなかった事、子供達の中で整理でき、目標や自信につながってくれればと思います。試合の私見ですが、個人技で時間を作ることができていてボールの保持率では負けていなかったと思います。尾山台さんと比べて顕著にできなかった事はラインコントロールだと思います。攻守に渡ってバランスがよく取れている尾山台さんに比べて、城山は統率されていませんでした。これは練習時間内に習得することが難しく、試合をこなしてチーム単位で習得する技能です。これから多くの大会や試合をこなし、経験値を積んで欲しいと思います。引率、応援に来て頂いた父兄の皆様、ありがとうございました。これからも練習試合を積極的にこなしたいと考えていますので、ご理解とご協力をお願いします。
拓利
09/20 東京カップ
(二子緑地)
玉堤 2-1 9月も終盤に差し掛かるのにこの暑さ。堪えました。試合内容は素晴らしかったと思います。チャレンジや連動が多く見られました。声も出てました。
難を言えば、シュートゲームやシュートテクニックに課題があると思いましたので、これからの練習テーマにして克服していこうと思います。今回、出場機会を与えられなかった子も含めて全員がうまくなってます。これは最近の練習試合や練習で一目瞭然です。今回、ベスト16に駒を進めることになりましたが、(間違えてベスト8って子供達に言っちゃったんでフォロー願います。)大会でそれが結果に繋がっていることは素直に嬉しいですし、ホッとしてます。これから当たるチームは上位入賞常連チームとなる可能性が高いですが、さらなる練習と神頼みで大会の台風の目になってくれればと思います。
引率、応援に来て頂いた父兄の皆様、暑い中ありがとうございました。今回、出場時間がばらつく旨を事前に説明させて頂きましたが、それにも関わらず、怪我人を含む21人の子供達に出席して頂き、本当に嬉しかったです。おかげさまで、見方のゴールや勝利の瞬間にあがる歓声の大きさは会場一でした。今後もご理解頂き、出席頂ければ幸いです。本当にありがとうございました。たくと
3-0
09/11 練習試合
(城山小)
桜町 前:0-2
後:0-0
0-2
誰が相手のボール保持者をチェックするのか?
守備時、相手のセットプレーにて誰が誰をマークするのか?
これらを試合中に確認/指示し合うことを目標に試合に臨みました。相手はやはり手強く白星をあげれませんでしたが、コーチングの声が段々と出て、質がよくなるにつれて内容もよくなっていきました。声の量も少なく、未だに消極的な子がいることも否めないので百点満点とはいきませんが、秋の大会に可能性を感じられる4試合だったと思います。引率、応援に来て頂いた父兄の皆様、暑い中ありがとうございました。たくと
前:0-1
後:1-3
1-4
前:0-1
後:1-0
1-1
前:4-2
後:0-3
4-5
08/29 練習試合
(明正小)
明正 前:2-0
後:0-2
2-2
夏休みも終盤です。
この試合も夏休み最後となりそうで、練習や合宿の成果が見えればと思っていました。試合結果に問題は無いのですが、残念だったのは1試合目と2試合目に変化がなく成長が見られなかったことです。
先日の南大谷戦でもそうだったのですが。僕がチームミーティングを手伝い、「今の試合の反省や次の試合の目標を言おう。」と言うと、いくら経っても挙手しない子が半数近くもいました。課題を見出すことができないのか、みんなの前で意見をするのが恥ずかしいのか分かりませんが、みんなと課題を見つけて、次の試合で改善しようという熱意を感じることができませんでした。それに前回のレビューでも記述しましたが、ミーティングのルールA「必ず全員が意見を言うこと」にも抵触します。これからチームミーティングもレベルアップし、司会はコーチでなく子供に任せ、チームの課題についても自発的に話しあってもらい・・・と考えているのですが、大きく躓いているというのが現状です。引率、応援に来て頂いた父兄の皆様、暑い中ありがとうございました。後、試合結果の連投失礼しました。 たくと
前:1-0
後:1-1
2-1
08/28 練習試合
(南大谷中学校)
南大谷 前:1-0
後:0-2
1-2
合宿ではグランドを"広く使う"的なことをテーマに練習していました。
合宿での練習の成果を図る大事なテストマッチ1回目です。
パスがまわり一見綺麗なサッカーできたようにも思いますが、決して強いサッカーでは無かったような印象を受けました。1試合目はシュートの精度が悪く、連携ミス等で失点をしていました。2試合目は幾分改善でき、勝ち越すことができました。実は合宿中に子供達と話し合い、練習試合や紅白戦の後に子供達同士が話し合うためのチームミーティングをやることを決め、この日も行いました。
ルール@:非難ではなく、どのようにしたらよいのか?どのようにして欲しいのかを相手に伝える。
ルールA:必ず全員が意見を言うこと
ミーティングの進行の仕方は模索中ですが上の二つを子供達とは約束しています。(最初のうちはコーチが司会をやった方がいいかも?と考えてます。)子供達だけで話し合うことは、サッカーのスキルアップ的なことを言えば、はっきり言って回りくどい事が多いです。ですが、組織の中で自分の意見をはっきり言うこと、有効な意見を発言しようと思うことは、サッカー以外のところでもこれから必要になってくることだと思いますし、秋の大会に向けてチームを盛り上げるキッカケになればとも思っています。引率、応援に来て頂いた父兄の皆様、暑い中ありがとうございました。たくと
前:1-0
後:2-1
3-1
08/08 サッカーがもっと好きになる少年少女大会
(府中、朝日サッカー場)
仲町
0-3 この日、自分は観戦できませんでしたが、松波コーチ、米谷コーチ、シンヤコーチに試合の感想を伺っていますので纏めます。大会名にちなんで、「サッカーを楽しむことをテーマ」に2試合に臨みました。5年生と6年生の助っ人3名でこの大会に臨みましたが、6年生がチームをしっかり牽引し、5年生は相手の6年生に物怖じしないプレーをし最後まで頑張ったようです。判断ミスや失敗はあったようですが、この年代には全くそんなことは問われません。サッカースクールと全力で挑んだ二試合は、必ず子供達の経験値になったと思います。引率、応援に来て頂いた父兄の皆様ありがとうございました。松波コーチ、米谷コーチ、新也コーチ、お手伝いできなくてスイマセン。お疲れ様でした。たくと
テキサスエルダー
2-0
08/01 練習試合
(若林中)
若林 前:2-0
後:2-0
4-0
先日の東京ドームミニサッカーに引き続き、今日のテーマも1対1の守備でした。フットサルコートと違い、中学校グラウンドのラージフィールドでは、序盤、アプローチ(相手への守備対応、間合いを詰めること)が遅れる場面が目立ち、自由にプレーをさせる場面がありました。
しかし、1試合目の後半以降から徐々に修正でき、メリハリのある守備が行えるようになったと思います。子供達は猛暑の中、よく頑張っていました。
特に間のPK合戦では両チーム大変盛り上がりました。普段の胃に穴が開くようなPK戦と違い、見ていて楽しかったです。
引率、応援に来て頂いた父兄の皆様、暑い中ありがとうございました。 たくと
前:0-0
後:0-0
0-0
07/31 東京ドームミニサッカー大会
(東京ドーム)
プログレッソ東京
0-1 現地で子供を待ち、一緒にドームへ入場すると、東京ドームの大迫力に子供から歓声が上がりました。僕も足を運んだのは初めてなので興奮が隠し切れず!子供達とともに高揚しながら試合へと臨みました。
試合を見て思うことはというと、城山はフットサルが苦手な傾向があるように思いました。スモールレンジでの相手のいなし方、見方の使い方等、普段の練習から行っていないと培われないもののように思います。
ゲームのテーマは1対1の守備でした。出席した8人全員が場面に応じてメリハリのある守備を行えれば及第点と考えていました。場面場面でアプローチを素早く行い、状況に合わせた1対1の守備が行えていたように思います。最終試合にはリスクを恐れず、攻撃のアクションも多くすることを告げると、やっと5年生らしい点の取り合いのゲーム展開となりました。昔の職場の近くなので、近くにおいしいお店があるのになぁなんて思いながら解散してきました。
応援、引率頂いた父兄の皆様ありがとうございました。空調が付いてるので観戦中は比較的快適でしたね。 たくと
やはたFC
1-1
鷺宮サーッカークラブ
3-3
6/20 練習試合
(南大谷中)
南大谷 前:1-0
後:1-1
2-1
5年生練習試合(8人制)
最近、子供達には9月の東京カップに向けて強いチームになろうとハッパをかけています。前回の練習でも「厳しいことを言うかもしれないが、付いて来てほしい」と話したところでした。そして今回は東京カップと同じ8人制の練習試合が入り、選手もコーチも課題を見つけるにはとてもよい機会になったと思います。最近は攻撃をテーマにした練習が多く、今日の試合では「守備を忘れて前がかり」になってしまう場面」や「連携ミス」がありましたが、攻撃にはよいリズムが生まれていて練習の成果は出ていました。なにより3試合通じて、みんなが力いっぱい頑張れていたことが一番よかったです。
応援、引率に来て頂きました父兄の皆様、ありがとうございました。by たくと
本町田 前:0-1
後:0-1
0-2
忠生 前:0-0
後:5-1
5-1
05/08 春季学年別大会 2回戦 Bチーム
桜丘
1-1
PK2-3

05/05 練習試合 MG


南大谷

05/03 春季学年別大会 1回戦
(二子緑地)
Aチーム
八幡山
0-1
05/02 春季学年別大会 1回戦
(二子緑地)
Bチーム
グリーン
1-0
05/01 練習試合
(砧公園)
桜町




04/25 練習試合
(二子緑地)
明正






04/10 練習試合
(千歳台小)
千歳台




04/03 練習試合
(二子緑地)
2-1 1試合だけでしたが、午後の練習の課題、今後のテーマを見つける材料にとても役立ちました。とにかく「声」が少ない、1失点はキーパーとディフェンスラインの連携ミスによるものでした。声を掛け合う理由が子供達も分かったのでは?と思います。今後、試合の機会が増える二子緑地グラウンドで試合ができたことも、経験値になったと思います。
父兄の皆様、引率、応援頂きましてありがとうございました。