Home
学年別 6年 5年 4年 3年 2年 1年 代表
 
 




2012年度 6年生 試合結果
      
2007年度(1年生)
2008年度(2年生)
2009年度(3年生)
2010年度(4年生)
2011年度(5年生)
最終更新:04/28
日付 試合 対戦相手 得点 結果 コメント
04/28
TOPリーグ
(目黒砧)
烏山 2-3 連休初日の晴天の中、学年別の舞台と同等かそれ以上の広さの
目黒砧Gにて、TOPリーグを戦ってまいりました。
今月に入り、試合・練習中での不運な怪我により、不本意ながら
試合成立ギリギリの7名の参加となりました。
公式戦を意図した、広いグランドでの11人制でのリーグ戦を行う予定だった相手チーム様にも、大変なご迷惑をお掛けしてしまった事は、学年担当コーチとして「痛恨の極み」でした。事前のRTC栗林様へのご報告の際に、お力添えを頂きました高橋コーチ、試合直前での試合形式変更へ、快く対応を頂きました、北沢キッカーズ様、烏山SC様、本当に有難うございました。
試合結果につきましては、ハンデ戦であったり、相手チームから選手をお借りしたりという状況でしたので、判断は微妙なところです。
1試合目は、1名のハンデを負いながら、終了間際まで同点でしのぎ、2試合目は相手様よりGKをお借りしての勝利という、何ともコメントがしづらい状況なので、多くは差し控えさせて頂きます。ただ、非常に暑くて、広いグランドの中、参加した選手たちは、真面目にウォーミングアップに取り組み、自分達で、「人数差」を跳ね返すべく、戦術ボードを使ってMTGをしながら、試行錯誤しながら、本当によく頑張ってました。ここの所、厳しいコメントを続けてしまいましたが、今日のそうした行動は、自主性の芽生えを感じ、キチンと評価をしてあげるべきだと思いました。
連休中、リーグ戦、練習は続きますので、体調管理はしっかりしていきましょう!車での送迎のサポートを頂きました、引率のお父様・お母様、本当に有難うございました。 池田
北沢 1-0
04/15 Topリーグ
(駒留中)
千歳台 1-2 8人制 15分H
前週の全国少年サッカー大会の結果は後日UP致しますが、
昨年のチャレンジリーグに引き続き、RTC栗林様プロデュースの
TOPリーグの開幕戦を2試合戦ってまいりました。
対戦相手は、勝手知ったる2チーム、戦績は年間通して勝ったり負けたりの繰り返しですし、チーム育成に寄与すべき「リーグ戦」ですので、試合の勝敗については、特に言及することはありません。
全小が終わり、新たな目標に向かうための門出の1日でもありましたが、非常に残念な場面が散見した1日でした
今回は、会場担当の為、5年生コーチにもご協力を頂き、コーチ陣総出で、1分でも早く試合開始を出来るように、設営を進めておりましたが、本来、城山SCの代表であるべき6年生は、コーチが見ていないと、アップすら、「真面目」にできないようです。
第1回代表MTGで、私からも伝えましたが、「サッカーが上手ければ何をしてもよい」わけではありません。
新1年生も入ってきて、彼らの模範になるべき最上級生の君たちが
こんな状態では、下級生たちに何を教えるのですか?
コーチに対する言葉遣いや態度も、胸を張って「正しい状態」と言えますか?
JFAがスローガンとして掲げている「Respect」という精神がありますが、サッカーを続けていくのであれば、指導者、仲間、対戦相手、支援して下さる方々、どれがかけても、その環境は成り立たないのです。駒留中学の退出時間もあったので、その場で注意をする事は控えましたが、もう一度、真剣に自分たちの置かれた「立場」を考えて、「今やらなくてはいけない事」、「してはいけない事」の判断をして下さい。
怪我の痛みに耐えながら、勝利のため、仲間のために懸命にプレーをしている選手もいますし、きっとみんなサッカーが好きなのだと、コーチ達は信じてます。
君たちの大好きな試合を組むために、お母様達も大変お忙しい中、
交替で、引率をして頂いてます。
次回の練習からは、代表に相応しい態度や行動で、クラブを名実ともに引っ張って行って欲しいと、強く願います。
応援に来て下さったコーチの皆様方、共同開催を頂いた5年生コーチの皆様、綿密な段取りを頂きました戸田さん、引率のお母様方、有難うございました。 池田
赤堤 2-1